麺類だけではバランスが偏る…?『肉うどん』は副菜でバランスを整えるべき理由。 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

麺類だけではバランスが偏る…?『肉うどん』は副菜でバランスを整えるべき理由。

オリーブオイルをひとまわし

麺類だけではバランスが偏る…?『肉うどん』は副菜でバランスを整えるべき理由。

麺料理はそれだけあれば十分満足できるボリュームと内容だが、野菜が少なく栄養バランスが偏ることが多い。摂りすぎてしまいやすい糖質を減らして、そのぶん副菜としてビタミンやミネラルを摂取できる野菜のおかずを付け合わせれば、バランスのよい食事ができるだろう。ここでは、肉うどんを食べるときにおすすめの献立を紹介していきたい。

1.肉うどん単品の献立で不足する栄養とは?

肉うどん単品からはどのような栄養素が摂れるのか知り、肉うどんだけでは不足してしまう栄養を補える副菜を考えていこう。

肉うどんの栄養とは

メインとなるうどんからは、主に「糖質」を摂取できる。炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものであるが、役割的には糖質と食物繊維は分けて考えたほうがよいだろう。糖質は身体を動かすエネルギー源となるが、とりすぎると体内に脂肪として蓄積され、肥満の原因となる。
トッピングの牛肉の主成分はたんぱく質である。たんぱく質は筋肉や血液など、身体の組織を構成するのに欠かせない栄養素だ。なお、部位によっては脂質を多く含むものもある。脂質をなるべく控えたいなら、牛もも肉のような赤身の多い部位を選ぼう。一方、主に野菜に多く含まれているビタミンや食物繊維、ミネラルの含有量は少なめ。肉うどんには玉ねぎや長ねぎを使用することが多いが、野菜メインの料理ではないからだ。

肉うどんに合う副菜は?

肉うどんの付け合わせとしておすすめの副菜は、ビタミン・ミネラル・食物繊維を補える野菜のおかずである。肉うどん自体は和食のカテゴリーに分類されるので、おひたしや和え物などの和食の野菜のおかずをおすすめしたい。

2.肉うどんの付け合わせにおすすめの野菜のおかず

ここでは、肉うどんの付け合わせにおすすめの野菜を使った副菜を紹介していきたい。野菜からはビタミンやミネラル、食物繊維が含まれているので、肉うどん単品では不足しがちな栄養素をカバーできる。

白菜のおひたし

茹でた白菜を切って盛り付け、かつお節やしらすなどをトッピングした副菜。ポン酢や醤油をかけるだけで、簡単に作れる。

ほうれん草のごま和え

ほうれん草を茹でてから切って盛り付け、すりごまに砂糖と醤油を合わせて和えたもの。ごまの食感と甘辛い味付けは、食事のアクセントになる。

かぶの浅漬け

かぶを厚めのいちょう切りにして、出汁と塩で浅漬けにしたもの。輪切りの唐辛子を入れたり、茎の部分を使用したりすると、彩りが鮮やかとなりきれいに仕上がる。野菜の副菜のなかには、作り置きできるものもある。忙しい毎日のなかでその都度作るのは大変なので、手軽に用意できるように工夫をしていこう。

3.野菜以外にも!肉うどんに合うおすすめの副菜

きのこや海藻類もビタミンやミネラル、食物繊維の補給源として役立つ。どちらも低カロリーな食材なので、栄養が偏りがちな肉うどんにつけ合わせる料理としてはおすすめだ。「野菜は使う機会が多いが、きのこや海藻類を料理するのは難しい」という人は、簡単にできる以下の料理を参考にしてみてはいかがだろうか。

きのこのナムル

しめじやエノキなど、好みのきのこを酒で蒸して塩で味を付け、にんにくや鶏がらスープの素を加えて仕上げたもの。きのこ類は色みがないので、人参や青ねぎなどを加えて見ためもきれいに完成させよう。

海藻サラダ

何種類もの海藻を揃えなくても、海藻サラダ用にパッキングされている海藻のセットがある。水で海藻を戻して、ドレッシングをかけるだけでできるので簡単だ。また、レタスや千切りの大根を加えたりすると、同時に野菜が摂れるのでおすすめだ。

わかめの中華炒め

わかめをたっぷりと使って、にんにくやネギ、白ごまなどを合わせて調味した料理。フライパンでわかめを炒めるので、みりんなどの加熱が必要な調味料を使って味付けすることもできる。脇役にまわりがちなわかめをしっかりと摂取できる、ヘルシーなレシピだ。

結論

肉うどんだけでは野菜が少なく、栄養バランスは偏りがち。不足するビタミンやミネラル、食物繊維などをできるだけ多く摂取できるように、野菜やきのこ、海藻などをたっぷりと使用した副菜を付け合わせて健康的な食べ方をしていこう。

【関連記事】

おすすめの記事