Yahoo! JAPAN

猫が『飼い主の顔に手を伸ばす』ときの心理5つ

ねこちゃんホンポ

1.ごはん、トイレ掃除などのお願い

「お腹空いたよ」「トイレをきれいにしてよ」と猫が飼い主さんに訴えるときがあります。そんなとき、飼い主さんの顔に手を伸ばしてお願いすることがあるんです。

猫が何かをお願いしたいとき、飼い主さんを見つめたり鳴いたりしてアピールすることが多いですが、飼い主さんの顔を手で触ったときにお願いをすぐに聞いてもらえたことがあったのかもしれません。

猫が顔に手を伸ばしてタッチをしてきたら、可愛くてすぐにお願いを聞き入れてしまいますよね。

2.遊びのお誘い

猫が飼い主さんと遊びたいときも顔に手を伸ばしてアピールすることがあります。

猫が自分で遊びたいおもちゃを選んで持ってきて、飼い主さんの顔をタッチして誘ったり、顔を触ったあとに振り返りながら歩いたりしていたら「このおもちゃでこっちで遊ぼう!」と飼い主さんを誘っているんです。

3.自分に注目してほしい

猫が飼い主さんに甘えたい、自分を見てほしいというときも、顔に手を伸ばしてアピールする猫がいます。

飼い主さんがテレビを見ていたり、寝ていたりして自分に注目してくれないときなどは、飼い主さんの顔にタッチして「ねぇねぇ」とアピールすることがあるんです。

4.愛情表現

猫から飼い主さんへの愛情表現は、スリスリしたり喉をゴロゴロ鳴らすだけではありません。飼い主さんの顔を手で触ることも、信頼や甘えている気持ちを表現するためにしていると言われています。

飼い主さんに抱っこされているとき、一緒に布団で寝ているときなど、猫がリラックスして幸せを感じていると飼い主さんの顔をタッチすることがあるんです。

飼い主さんの鼻や口が気になって触っている猫もいるかもしれませんが、安心して甘えられる関係だからこそできるということでしょう。

5.やめてほしい

猫からのお願いや愛情の意味で、猫が飼い主さんの顔に手を伸ばしてくれることもありますが、反対の意味の場合もあります。

例えば「今は抱っこは嫌だ」「撫でないで」などのときは飼い主さんの顔が近づくと手を伸ばし、顔を触ったり突っ張ったりして「やめて」アピールをするんです。

まとめ

猫が飼い主さんの顔に手を伸ばしてくれる姿はとても可愛いですよね。

甘えたい、構ってほしい気持ちや、ごはんや遊びの催促などの気持ちがあらわれています。

また、構われたくないという拒否の気持ちで飼い主さんの顔に手を伸ばして突っ張ることもあります。

猫から手を伸ばして来たときは何をしてほしいのか確認してあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事