Yahoo! JAPAN

知らないと損!包丁や絞り器を使わず簡単に「レモンを絞る」裏ワザ

saita

簡単に「レモンを絞る」裏ワザ

料理や飲み物でレモン果汁を使おうと思っても、絞るのが面倒で絞ってある果汁を買っていませんか? でも、生レモンから絞るとやっぱり美味しいですよね。今回は簡単で無駄なくレモン果汁を絞る方法をお伝えしたいと思います。 

レモン果汁が必要なときどうしていますか?

stock.adobe.com

料理に使ったり、ドリンクに使ったりと、レモン果汁はさまざまな用途で使うことがありますよね。
レモン果汁を使いたいとき、皆さんどうしていますか? レモン果汁は使いたいけれど、毎回包丁を使って切ったり、絞ったりするなど準備などが面倒ですよね。

使った絞り器も洗わなければいけないとさらに面倒だからと、市販の果汁をついつい買いがちではないでしょうか。でも、やっぱり生のレモンを絞ったレモン果汁はおいしいですよね。
今回は、包丁も絞り器も使わずに簡単にレモン果汁を絞る方法をご紹介します。

包丁も絞り器も使わずにレモンを絞る方法

1. 丸ごとのレモンを用意します。

2. レモンを横にして机の上でつぶさないように気をつけながら、少し力を入れて転がしていきます。

3. レモンの側面を触って柔らかくなったら、レモンのおへその部分に割りばしやようじなどで穴をあけます。

4. ボウルなどの上でレモンをギュっと絞ります。すると割りばしで空けた穴からレモン果汁がでてきます。

この方法であれば、とっても簡単にレモンを絞ることができます。

レモン果汁の保存期間は?冷凍も可能

stock.adobe.com

レモン果汁は、そのまま冷蔵で保存する場合は2〜3日で使い切るようにしましょう。ただ、数日保存する場合は、清潔な入れ物に入れて保存するようにしてください。またすぐに使いきれない場合は、冷凍するという方法もあります。冷凍庫の製氷機のように小分けで冷凍すると、使う際に少しずつ使うこともできます。冷凍した場合は、1か月くらいで使いきるようにしてくださいね。

包丁も絞り器も使わなければ、今回ご紹介した方法で簡単に生のレモンを絞ることができます。
生のレモン果汁はやはり美味しいので、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

悠美/いしかわ観光特使&輪島観光サポーター

【関連記事】

おすすめの記事