Yahoo! JAPAN

脳腫瘍の摘出手術中、米50州の覚え歌を完璧に歌った女性患者(米)

Techinsight

脳腫瘍の摘出手術中、執刀医に起こされ、脳機能を確認するために歌うことになった24歳の女性(『Jayden Zientara Instagram「I’m a day late, but I can’t believe I had my brain surgery ONE month ago!!!!」』より)

アメリカで脳腫瘍の摘出手術を受けた女性は、手術中に歌うことで医師が彼女の脳機能を確認した。開頭した状態で米50州の覚え歌を完璧に歌った女性は、腫瘍の約85%を摘出することができ、現在は化学療法などで残りの腫瘍の治療を行っているという。英米拠点のニュースメディア『Talker』などが報じた。

アメリカ在住のジェイデン・ジエンタラさん(Jayden Zientara、24)は、昨年から慢性的な片頭痛を感じていた。看護師であるジェイデンさんは当時、12時間シフトをこなすなど多忙な日々が続いていたため、頭痛は疲れのせいだと思い込んでいた。しかし頭痛薬を服用しても治らなかったため、CTスキャン検査を受けると、脳にこぶし大の星細胞系腫瘍があることが発覚した。

昨年11月26日にMRI検査も行い、腫瘍の詳細が確認された。担当医は「このタイプの腫瘍はジェイデンさんの年齢では珍しいもので、40歳以上の男性と2歳以下の子どもに見られることが多いものです」と説明した。

そして検査からわずか4日後、テネシー州ナッシュビルにある病院「Vanderbilt Medical Center」で、ジェイデンさんは腫瘍の摘出手術を受けることになった。

手術当日、ジェイデンさんは麻酔により眠りに落ち、手術のほとんどの時間を意識のない状態で過ごした。手術は順調に進み、腫瘍の大部分の摘出を終えた医師は、まだ頭を開いた状態にもかかわらず、眠っていたジェイデンさんを起こした。そしてジェイデンさんに、「Fifty Nifty United States」という米50州の覚え歌を歌うように指示した。

これは医師がジェイデンさんの脳機能を確かめるためのもので、ジェイデンさんが手術前に担当の言語聴覚士と決めていた曲だった。ジェイデンさんは、「確か退役軍人の日に学校で歌った曲で、小学校2年生の頃から忘れたことはありません」と曲を決めた経緯を明かしている。

手術中に同曲を歌ったジェイデンさんだったが、執刀医に質問を投げかけられても、それを無視して歌い続けていたという。流していた音楽を止めるまで歌っていたそうで、それほどこの曲はジェイデンさんの身に染み付いていたようだ。

手術は約12時間もかかったが、ジェイデンさんは脳機能を維持したまま、腫瘍の約85%を取り除くことができた。

ジェイデンさんは、「仕事で医療に携わっているので、手術の前は落ち着いていることができました。それでも手術30分前はさすがに緊張しましたが、不安で押しつぶされそうになるようなことはありませんでした。以前に扁桃腺を摘出する手術を受けたことがありますが、あの簡単な手術と比べると、今回の脳手術は非常に大きなものです。しかし執刀医の先生たちは毎回声をかけてくれ、本当に安心させてくれました」と振り返った。

腫瘍の大部分を手術で摘出したが、残りの部分は6週間の放射線療法のあとに1か月の休みを挟み、その後に1年間の化学療法を行うそうだ。ジェイデンさんは、「私はアクティブな人間なので、副作用による疲労感を心配しています。一日中ベッドで寝ていたいと思うこともあるでしょうね」と今後の治療に関する不安を吐露した。

それでもジェイデンさんは前向きに過ごしており、手術中に歌った様子を捉えた動画などをSNSに投稿し、自身と似た境遇にある人々のために闘病の様子を公開していくという。

ジェイデンさんの動画には、「なぜそんなに落ち着いていられるの!?」「私だったら何を歌うか考えちゃうな」「手術中に起きていられるの?」「手術中に覚醒しているのって、どんな気持ちなんだろう」といった驚きや疑問の声が寄せられている。またテックインサイト編集部からは、ジェイデンさんに「今後の治療を乗り越えられますように」とメッセージを送っている。

ちなみに2022年10月にはイタリアで、演奏能力を手放したくなかったサックス奏者の男性が、脳手術中に完璧に演奏していた。

画像は『Jayden Zientara Instagram「I’m a day late but I can’t believe I had my brain surgery ONE month ago!!!!」「Hello everyone!!!」』『CBS News 「Man plays his saxophone through 9-hour “very very complex” brain surgery to remove tumor」(COURTESY OF PAIDEIA INTERNATIONAL HOSPITAL)』『Mirror 「Girl 9 undergoes brain surgery awake as she plays video games and piano for six hours」(Image: India Photo Agency/Jam Press)』『IOL 「SA jazz musician stays awake during brain surgery」』『SP ZOZ MSWiA w Kielcach Facebook「U nas pacjenci to dopiero mają serwis」』より
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【レビュー】足裏〜お尻まで電流で楽々筋トレ! 温熱EMS『もてケアFOOT EX』の使用感

    特選街web
  2. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年4月20日(土)】

    anna(アンナ)
  3. 関西初や新ブランドも!2024年大阪や京都にオープンしたグルメ店まとめ

    PrettyOnline
  4. 「在来種の放流」に見直しの動き 遺伝子汚染のリスクや逆効果になるケースも

    TSURINEWS
  5. 北九州穴生ドームで「第51回八幡西区子どもまつり」 5年ぶりの開催【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  6. 世界に1つだけのオリジナルデザイン「カルピス」が作れる!プチギフトにも使えるじゃん。

    東京バーゲンマニア
  7. 「私に何かできませんか?」とサポートを申し出る表現  ––––ニュアンスの違いをネイティブが解説 【ラジオビジネス英語】

    NHK出版デジタルマガジン
  8. 【魚を釣る確率を上げる】ために誰でも今すぐ出来る3つのこと 元釣具屋店員が解説

    TSURINEWS
  9. 宮沢りえに栗山民也の演出、オーランドの役柄などを聞く PARCO PRODUCE 2024『オーランド』オフィシャルインタビュー公開

    SPICE
  10. 新作ミュージカル『ディズニー くまのプーさん』 アンバサダーの福尾誠がプーさんと対面&魅力を語ったインタビューが公開

    SPICE