Yahoo! JAPAN

上半期放火が増加 川崎市〈川崎市宮前区〉

タウンニュース

川崎市消防局は7月7日、今年上半期(1月〜6月)の市内の火災件数を発表。昨年同期間より32件増加し、186件。火災原因の第1位は「放火」(疑いを含む)で、昨年より10件多い36件となった。

放火に次ぐ「たばこ」も32件と多く、昨年より9件増加。続いて「こんろ」が19件で5件減、「電灯・電話等の配線」が13件で4件増だった。

火災による死者は8人で前年より2人増。うち高齢者が7人で、逃げ遅れが6人だった。市は放火について「家の周りに燃えやすいものを置かない、ごみは決められた収集日の朝に出す」と対策を呼びかけている。

【関連記事】

おすすめの記事