Yahoo! JAPAN

エンジンが2種類付いてくる?│ポルシェ 356A スピードスターのレストモッド

ClassicPORSCHE.jp

ポルシェは現代においても、新旧問わず多くの需要を集めている。何十年もファンの支持を得てきた古典的なポルシェのひとつは、スティーヴ・マックイーンやジャニス・ジョプリンなどの有名人が所有していたことで知られるポルシェ356スピードスターである。

そして、今回フランスのセルジュハイツが、レストモッドの356Aを発表した。クラシックの美しさはそのままに、現代でも使いやすいアップデートが施されている。エクステリアは、GTスタイルのバンパー、マグネシウムホイール、ディスクブレーキ、および強化されたスタビライザーバーを備えている。ブラックのエアインテークも特徴的である。

もっと写真を見る(写真11点)

インテリアは、アルミウッドハブハンドルやタンレザーのシートによって豪華な仕上げになっている。ハードトップを、ソフトトップ換装することもできるという。レストモッドだが、可能な限りオリジナルを踏襲していることもインテリアからよく分かるだろう。

エンジンについては、フラット4エンジンが2種類付いてくると発表されている。ひとつはオリジナルの仕様で、普段乗りでの使用に向いている。そして、もうひとつはラリーやトラック用にカスタムされているというものだ。

セルジュハイツはこの創作について次のように述べている。「スピードスターは、エレガントで洗練されたラインを備えたポルシェ神話の一部です。また、356の中で最も軽く、使用するのも楽しいです。スポーティな面も持ちながら、本格的なクラシックカーとしても使用することができます。ガレージにあるだけでも幸せでしょう」。セルジュハイツは価格を明らかにしていないが、5000万円以上の推測がされている。

【関連記事】

おすすめの記事