Yahoo! JAPAN

人気すぎて販売休止に!? コメダ珈琲店の「コメ牛」など、期間限定のガッツリ系バーガー3品食べてみた

リビングWeb

人気すぎて販売休止に!? コメダ珈琲店の「コメ牛」など、期間限定のガッツリ系バーガー3品食べてみた

食欲の秋が到来! ということで今回は、インパクト大な“ガッツリ系”の期間限定バーガーに注目。人気のバーガー店やカフェの新作をさっそくチェックしてきました。

人気すぎて一部店舗では販売休止に!コメダ珈琲店「コメ牛」


9月1日の発売と同時に、世間の熱い注目を集めているのがコメダ珈琲店の「コメ牛(こめぎゅう)」です。特製の甘辛ダレをからめた牛カルビ肉と、千切りキャベツをバンズではさんだ1品。

3種類のサイズがあり、肉の量が110gの「並」(並680円~710円)と、その2倍の「肉だく」(肉220g、980円~1010円)、さらに3倍の「肉だくだく」(肉330g、1280円~1310円)となっています。

※価格は店舗によって異なる

肉だくだくはさすがに食べきれなそうだったので、筆者は肉だくを注文してみました。

mrs.living.jp

このバンズからはみ出すほど大量の牛カルビ肉!

濃厚なタレにたっぷり漬け込まれた牛肉のジューシーさと、甘じょっぱさのバランスがたまりません。牛丼以上のインパクトです。

千切りキャベツの存在を忘れるほどの肉、肉、肉!

ナイフとフォークを使わずに思いっきり頬張ると、おいしさも倍増します。

mrs.living.jp

また注文時には、カラシマヨネーズを入れるかどうか聞かれます。筆者は入れてもらったところ、これが正解!

醤油と砂糖が効いたタレに、カラシマヨネーズが入ることによってマイルドさとほんのりとした辛みが加わり、ちょうどいいアクセントに。ふっくらバンズも食べごたえがあるので、とにかくお腹いっぱいになれます。

ただ、このコメ牛、あまりの人気で一部店舗では販売休止になっているそう。徐々に販売を再開しているそうなので、近隣の店舗で確認してみてくださいね。

ファン待望の復活!フレッシュネスバーガー「クラシックマッシュルームチーズバーガー」


フレッシュネスバーガーの「クラシックマッシュルームチーズバーガー」(720円、9月9日発売)は、もともと2018年の秋に発売された商品で、その年の新商品のなかでもっとも人気が高かったのだとか。

再販希望の声に応えて昨年の秋に復活し、秋の定番商品として今年も登場しました。

mrs.living.jp

バンズの中身は、肉の食感や旨味をしっかり味わえる約113gのパティと厚切りのレッドチェダーチーズ、マッシュルーム、そして濃厚なポルチーニクリームソース。

mrs.living.jp

肉厚なパティの上に、かなり大きな国産マッシュルームがゴロゴロとのっています。噛むごとにジュワッとにじみ出るマッシュルームの水分と旨味が、肉汁や濃厚で芳醇な香りのポルチーニクリームソースと相まって絶品です。

チェダーチーズのマイルドなコクとも相性がよく、ひと口食べ進めるごとに口の中に多幸感が広がりました。これはキノコ類が好きな人にぜひ食べてほしい!

またレタスやタマネギなどの野菜がみずみずしく、濃厚な具材とちょうどいいバランス。ファストフード感覚で考えると720円のハンバーガーは高く感じる人もいるかもしれませんが、食べれば納得のグルメバーガーです。

ピリ辛ソースがアクセント!モスバーガー「マンハッタンクラムチリ ロースカツ」


モスバーガーの「マンハッタンクラムチリ ロースカツ」(455円・税別、9月17日発売)は、同店で人気の「ロースカツバーガー」に、ニューヨーカーの定番であるピリ辛なマンハッタン・クラムチャウダーをベースにしたソースをトッピングした1品。

mrs.living.jp

濃厚なカツソースがかかったサクサクの衣の中には、ジューシーなロースカツが。脂身が少なめなので、こってり系が苦手な人でも食べやすい仕上がり。

マンハッタン・クラムチャウダーをベースにしたソースはアサリの旨味がよく効いていて、食欲がそそられます。ピリリとした辛さはカツとも相性がよく、どんどん食べ進めてしまいました。

mrs.living.jp

モスバーガーらしく、グリーンリーフやレタス、パプリカなどのシャキシャキ野菜もたっぷり。

カツソースも辛めのソースも味が濃いのですが、野菜のおかげで口飽きしません。サラダとカツを同時に楽しめるようなハンバーガーです。

いずれも期間限定なので、気になるバーガーがあったら早めにチェックしてくださいね。

(ライター/富士みやこ)

※価格は特記以外すべて税込み

【関連記事】

おすすめの記事