Yahoo! JAPAN

小松菜のふりかけレシピ!フライパンで簡単、朝ご飯に合う2選

VEGEDAY

朝食は簡単に済ませる人も多いと思いますが、しっかりご飯を食べて力を出したいもの。そこで今回は、手に入りやすい小松菜を使った、ご飯が進むふりかけをご紹介。小松菜は、ビタミンC39mg 、β-カロテン3100μg(マイクログラム)、葉酸110μg、鉄2.8mgを多く含むので(葉、生、可食部100gあたり)、栄養をプラスすることができます。

朝食やお弁当に!小松菜のふりかけレシピ

フライパンで簡単に作れる自家製ふりかけを2品紹介します。

●小松菜のふりかけ

しらすと小松菜がよく合う!

材料(作りやすい分量)

小松菜:200g

しらす干し:30g

ごま油:大さじ1

白いりごま:大さじ1

[A]

醤油:大さじ2

きび砂糖:大さじ1弱

酒:大さじ1と1/3

作り方

小松菜は根元を切り落とし、5mmほどの大きさに細かく切る。

フライパンにごま油をひき、中火で1を炒める。

しらす干しを加え、炒め合わせる。

全体に油がなじんだらAを混ぜ合わせて加え、時々混ぜながら水分をとばす。

火を止め、いりごまを加え、混ぜ合わせたらできあがり。

●小松菜のふりかけとおにぎり

ご飯にかけたり、混ぜておにぎりにしたり、チャーハンの具にしたり、いろいろ活用できます。

材料(4人分)

小松菜:350g(1束)

にんじん:5cm

豚もも肉:100g

ちりめんじゃこ(小さめ):40g

かつお節:3g

梅干し:2~3個

[A]

酒:大さじ1

しょうゆ:大さじ1~2

砂糖:小さじ1~2

塩・こしょう:少々

ごま油:大さじ2

ご飯:茶碗4杯分

作り方

小松菜は洗ってしっかり水を切り、細かく切って軸の部分と葉の部分を分けておく。

にんじん、豚もも肉を細かく切る。

ちりめんじゃこは熱湯をかけ、水分を切っておく。梅干しは種を除き、細かく切っておく。

フライパンにごま油を熱し、にんじん、豚肉、小松菜の軸、葉の順に入れて炒める。

しんなりしたらAの調味料を、味をみながら入れ、水分を飛ばす。

ちりめんじゃこ、かつお節、梅干しを入れて混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を調えたら完成。

温かいご飯に6を適量混ぜ、おにぎりにする。

最後に

朝食のお供に、お弁当に、小松菜のふりかけを作ってみてください。

小松菜を使った和洋中のレシピはコチラ

[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

小松菜は数少ない東京生まれの野菜。冬が旬で、昔から正月の関東風のお雑煮にはかかせない青菜です。比較的鉄分を多く含んでいるのも特長。暑さや寒さに強く生育期間も短いので、家庭でプランター栽培しやすい野菜としても人気です。

最終更新:2022.03.02

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)野菜類
JA新潟市(小松菜のふりかけ)
JAいるま野(小松菜のふりかけとおにぎり)

【関連記事】

おすすめの記事