Yahoo! JAPAN

洗濯機の買い替えを検討中のママにアドバイス。ドラム式には思わぬ落とし穴も!?

ママスタセレクト

毎日使うといっても過言ではない家電の一つに洗濯機がありますよね。最近は、高機能な洗濯機がたくさん世に出回り、一体どの洗濯機を選べば良いかお悩みのママも多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、ママスタコミュニティに投稿されたあるママの声です。

『うちの縦型洗濯機がいよいよヤバそうなので買い換えようと思うのですが、ドラム式と縦型で、洗い上がりに違いとかありますか? ドラム式の皆さん、縦型と比べてどっちが良いなと思いますか?』


最近の洗濯機を大きく分けるとドラム式と縦型のタイプがありますよね。投稿者のママはどちらにするかで迷っているようです。ドラム式を使うママスタのママたちはどう感じているのでしょうか。ママたちの声を紹介します。

洗い上がりは縦型が良い!スポーツ三昧の子どもがいる場合は縦型!?

『有名だけれど、洗浄力を大事にするなら縦型だよね。ドラム式から縦型に変えたときはそんなに変わらないと思ったけれど、乾燥機が欲しくなって、つい最近またドラム式に変えたら洗い上がりが全然違うことに気がついた。縦型のときはどんなシミ汚れがあってもきれいに落ちていた。ドラム式はシミが残っている』


『二世帯で両方ある。泥汚れは縦型の方がよく落ちる。うちは部活のユニフォームとか泥汚れもあるから縦型』


『うちはドラム式と縦型2台あるよ。ドラム式は汚れが軽いもの(Yシャツにシワが付きにくい)を、縦型は汚れが酷いもの(部活で汗だくなTシャツを沢山の水を使って洗える)に使っている』


洗い上がりはドラム式よりも縦型の洗濯機が良いといったママの声が集まりました。なかにはドラム式と縦型両方を利用するママの声もあり、汚れがひどい洗濯物は縦型を利用するなど、使い分けているようです。

ドラム式推しのママたちは乾燥機能が便利すぎて手放せない


『ドラム式5年目。もう手放せない。朝7時には洗濯物畳んでしまえる。天気を気にしなくていい。タオルはふわふわ。オール電化で夜間電気代が3割だから乾燥しても安くすむ』


『ドラム式しか今後も買わない。乾燥機能を重視している。以前、縦型も使ったことあるけど、洗い上がりの違いは私にはよくわからない』


『スポーツをしている家族はいないし、激しい汚し方をする子もいないから洗い上がりに差はないよ。私は次もドラム式を買うよ。やっぱり乾燥機能やアイロン機能は便利』


『子ども2人が花粉症だから乾燥機が必要で、ドラムに変えてから手放せない』


『洗いあがりは縦型だけれど、ドラム式の乾燥機は本当に助かっている! 乾燥機能をとるか、シミ・ガンコ汚れ落ちをとるかだね』


ドラム式推しのママたちは、乾燥機能が重宝しているようですね。花粉症のお子さんがいるママは外で干すと花粉がつくため、ドラム式の乾燥機能が欠かせないようです。筆者も最近ドラム式に買い替えました。雨の日に毎回洗濯物を部屋に干したり、洗濯物の生乾きで臭いに悩まされていたので、ドラム式にしたことでストレスフリーになりました。部屋に干すスペースが確保できない、もしくは洗濯物を干す手間が惜しいママにはドラム式が良いのではないでしょうか。

ドラム式でも洗い上がりに問題ないという声も

『ドラム式歴14年。今後もドラム式、絶対。コロナにより別宅で過ごしたことがあり、縦型の洗濯機を使っていた。水はたくさん使うわりに洗剤のすすぎがあまいことがあってイマイチ。汚れ落ちもドラム式が良いと感じた』


『私は断然ドラム式がいい。汚れ落ちに関しては「がんこ汚れモード」で対応できる。「ソフト洗い」「おうちクリーニング」「大物洗い(毛布)」など、いろんなモードがあるんだから問題なし!』


『ドラム式は少量の水で叩き洗いなのでイマイチ汚れが落ちていないと感じるときがあります。高くていいドラム式ならこんなことはないでしょうけれど、もし購入するなら良い物をおすすめします。ちなみにうちのは5年前に約13万で購入しました』


ドラム式でも洗い上がりに問題を感じないママの声もありました。こちらのママは高機能のドラム式の洗濯機を使っているのでしょうか。高機能であれば、ドラム式でも洗い上がりは気にならないのかもしれません。ただドラム式の洗濯機は高機能になればなるほど、高額になりますよね。先日家電量販店に行ったところ、ドラム式タイプは30万弱から10万弱まで、さまざまな価格帯のものが出回っていました。縦型より高価な印象のあるドラム式の値段もピンからキリまであるようですね。ただ価格だけで決めるのではなく、自分のライフスタイルに合わせて高機能が必要かどうかを家族で検討をし、賢く選択したいところです。

ドラム式には思わぬ落とし穴も


『ドラム式は雨の日も洗濯できるし、うちはベランダがそんなに広くないから、一日にシーツを何枚も洗えるドラム式は便利。汚れも縦型と何も変わらない。ただ1つデメリットが、ホコリがすごく出る。毎回洗濯機の中のホコリを掃除している』


『ドラム式を使っているけれど、たまにしか使わない乾燥機能が使えなくなった』


『ドラム式の場合は、扉とドラムの間に洗濯物が挟まるから、挟まらないタイプを選んだ方がいい。あと他の人が書いているけれど、ホコリがすごい。解体して掃除したいくらい』


ドラム式を使っているママたちのなかには、洗い上がりのほかにもデメリットを感じている部分があるようです。なかでも多かったのがドラム式で乾燥させるとホコリが溜まりやすい点でした。たしかに筆者も初めて乾燥機能を使ったところ、一回の乾燥でフィルターにたんまりホコリが溜まっていて驚きました。ドラム式は毎回ホコリを除去したり、お手入れをしないと乾燥機能が落ちるので注意が必要のようです。ドラム式ではお手入れの手間もかかることを念頭に、ドラム式にするか縦型にするかを検討してみてくださいね。

文・安藤永遠 編集・山内ウェンディ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2021年6月1日オープン テルテルカレー(teRu teRu curry)

    京都速報
  2. <110万円の代償>小学生同士のトラブル事故!治療費と慰謝料を請求され……【第5話】まんが最終回

    ママスタセレクト
  3. 女性にとっては身近な「生理」、子どもに隠す?それともオープンにする?

    ママスタセレクト
  4. ハロプロ卒業アーティスト達が集う『M-line Special2021~Make a Wish!~』、ファン熱狂のイベント公式レポートが到着

    SPICE
  5. 北川景子×永山瑛太『リコカツ』クランクアップショットを公開 笑顔の腕組みで「最終回 ご視聴ありがとうございました」

    SPICE
  6. 平手友梨奈ら出演ドラマ『ドラゴン桜』、公式メモリアルブック発売決定!

    Pop’n’Roll
  7. <義母の介護>【後編】「ケアマネジャーはヤダ!」とワガママを言う義母。ママたちのアドバイスは?

    ママスタセレクト
  8. あじさいの名所「岩船寺」を散策してきた。睡蓮鉢に浮かぶあじさいも発見【京都府木津川市/当尾の里】

    ALCO宇治・城陽
  9. さすがGU♡この夏絶対ほしい「超着回せる白T」と差がつく着こなしテク3選

    anna(アンナ)
  10. 「独身で寂しい」と感じる女性に!前向きになれる考え方と行動6つ

    PrettyOnline