Yahoo! JAPAN

純喫茶「ブーム到来中」レトロなかわいさが"新鮮"…定番の"フロート"を学生が体験

SASARU

ブーム到来中のレトロ喫茶は、「レトロかわいい」を求める若者を中心に札幌でも注目されています。

10代、学生である私から見た純喫茶のようなレトロな空間は、「懐かしい」というよりなんだか新鮮な感じ。ダイヤル式電話や大きなシャンデリアなど、レトロなものに「すごっ!かわいい!」の連続。昭和の世界にタイムスリップしたようでワクワクしてしまいます。

「テレビ番組SASARU(毎週木曜午後9時54分から)」と合同で、SASARU萌えだん 長谷川 聖真君と札幌のレトロ映えする2店をご紹介します。

1964年から愛されている味

レトロ喫茶といえば…「フロート メロン(750円 税込)」!

「最近はフロートを求めて学生の若いお客さんがたくさんいらっしゃって、カワイイカワイイ!って喜んでもらえるんですよ」と『オリンピア』オーナー菊地さんは嬉しそうに教えてくれました。
取材に伺った際も、カップルや若い女性の方が多く訪れていました。

メニュー表には載っていない裏メニューとして「フロート いちご(750円 税込)」もあるとこっそり教えてくれました。ピンク色でかわいいんですって。

東京オリンピックが開催された1964年にオープンした『純喫茶オリンピア』。

オープン当初から変わらず愛されているのが看板メニューの「ナポリタン(750円 税込)」です。

7代に渡る長い歴史を持つ『オリンピア』ですが、ナポリタンのレシピは代々引き継がれた秘伝の味。どこか懐かしさを感じるナポリタンは、注文が入ってから1つ1つ丁寧に調理しています。プラス150円でドリンクもセットにできます。

コロナ禍になる前は、お昼時になると多くのサラリーマンがお店に並び、大行列ができていたそう。落ち着く店内で、このボリュームでこのお値段。これは通いたくなるのも納得です。

オーナーの菊地さんは、インテリア関連のお店「リザ・ボーテ」のオーナーでもあるんです。オリンピアのオーナーを引き継ぐ前は円山でお店を構えていましたが、現在は『オリンピア』の店内で、複合店としてカーテンなどの商品を販売しています。

インテリア関係のお仕事もされているのでお店の内装にもかなりこだわりが詰まっています。『オリンピア』に行った際は是非チェックしてみてくださいね。

純喫茶オリンピア
住所:札幌市中央区北4条西6-1-3 北四条ビル B1F
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:土曜日、日曜日、祝日
電話番号:011-231-0433
Instagram:olympia_coffee

レトロな店内でインスタ映えパフェ

2021年2月にオープンした喫茶店『薄野喫茶パープルダリア』。

どこか懐かしいレトロな店内では、インスタ映えするパフェが楽しめます。

「フルーツパフェ (1480円 税込)」は見た目もとってもキュート。様々なフルーツが同時に楽しめます。
他にもパフェやお食事メニューなど豊富にあるので気になる方はチェックしてみてください。

薄野喫茶パープルダリア
住所 :札幌市中央区南6条西4丁目1番地11
電話:011-211-6991
営業時間 :午前10時~午後10時まで(フードL.O. 午後9時/ドリンク L.O.午後9時半)
※社会情勢により変更あり
現在は午前11時〜午後8時(フードL.O. 午後7時/ドリンクL.O.午後7時半)
定休日:第2水曜日
Instagram:purple_dahlia_sk

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事