Yahoo! JAPAN

自宅でキャンプ気分を アウトドアの達人に聞く〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

所長を務める野口さん

川崎市内でキャンプなどのアウトドアや里山体験ができる「川崎市黒川青少年野外活動センター」(麻生区)。市の委託を受けてNPO法人国際自然大学校が運営する。同センターの野口透所長は、自然体験活動の指導者として30年以上の実績を持つアウトドアの達人。コロナ下の今を楽しむために、自宅でキャンプ気分を味わえるコツを聞いた。

─・─・─・─・─

野口さん一押しの道具は、100円ショップで買える『メスティン』(アルミ製の飯ごう)。「ガステーブルやカセットコンロでご飯やおかずを作るとSNS映えしますよ」と話す。

次にお勧めしてくれたのが『コーヒーの焙煎』。フライパンや土鍋に豆を入れ、泡立て器を使って10分ほど炒ってから挽くと、アウトドア感覚でコーヒーが楽しめるという。野口所長は「自宅でやってみることで、キャンプに興味を持ってくれたらうれしい」と話してくれた。同施設の詳細はウェブサイトで。

【関連記事】

おすすめの記事