Yahoo! JAPAN

ハイチュウがロゴを英語表記に変更。「元に戻してほしい」「ナイスアップデート」と賛否両論

macaroni

ハイチュウがロゴを英語表記に変更。「元に戻してほしい」「ナイスアップデート」と賛否両論

ハイチュウがブランドロゴを英語表記に変更

1975年の誕生以来、長きに渡り愛され続けている、森永製菓株式会社の「ハイチュウ」。心地よい食感と、ジューシーでさわやかな味わいが魅力のソフトキャンディですよね。

そんな「ハイチュウ」が、ブランドロゴを英語表記へリニューアル。「ハイチュウ」から「HI-CHEW」に変わります。

本記事では変更の理由に迫りつつ、SNSでの反応をお届け。2024年2月13日(火)に新たなロゴで発売される、注目の新商品3品もご紹介します。

なぜ「HI-CHEW」に変わる?その理由は

ハイチュウは国内のみならず、「海外の人にお土産として渡すと大喜びされる」といわれるほど、世界中でも人気の商品。現在30か国以上で販売されています。

ロゴをカタカナから英語表記にする理由は、ブランドのグローバル化が狙い。より多くの人に親しまれることを目指し、「HI-CHEW」へのリニューアルが決定したといいます。

SNS上はロゴ変更に賛否両論!

SNSには驚きの声が寄せられており、惜しむような様子が多々見られますが……。

「ちょっと寂しい」「カタカナに戻して」と惜しむ声多数

リニューアルを知った人たちからは、「カタカナのままがいい」「ちょっと寂しい」との声が多数。「カタカナのほうがおいしそうだし、かわいい」のようなコメントもたくさん寄せられていました。

「英語だと別の商品に見える」「外国人にはカタカナのほうがウケそう」「カタカナ表記のほうが日本製をアピールできると思う」という意見も。

なかには「世界共通デザインにして印刷費用を抑えたのでは?」「このまま海外でも売れるようにコストカットしたのかな?」と予想する人もいました。

「グローバル化」「ナイスアップデート」と肯定意見も

英語表記を支持する人たちからは、「かっこよく見える」「おしゃれでいい!」との声が投稿されています。「グローバル化とはすばらしい」「ナイスなアップデート」のような意見もちらほら。

「同じパッケージで海外展開できるからよいのでは?」「カタカナも併記しているからいいんじゃない?」などのコメントも見られました。

ロゴ変更後に新商品3品が登場

2024年2月13日(火)に発売される、ロゴ変更後の新商品3品をご紹介します。

ハイチュウ〈マンゴー味〉

アメリカでストロベリーに次ぐ人気No.2のフレーバー、「ハイチュウ〈マンゴー味〉」が登場。アメリカの味が忠実に再現されており、ジューシーな食べ心地を楽しめますよ。

ハイチュウプレミアム〈シャインマスカット〉

絶妙なやわらかさと噛みごたえがクセになる、もちもち食感のプレミアムハイチュウ。シャインマスカットの果実味が活きており、気分をリフレッシュできるのが魅力です。

ハイチュウプレミアム〈ヨーグルト味〉

やわらかさと弾力が両立した、もっちり心地よい食感のソフトキャンディ。生クリーム仕立てのヨーグルト味で、適度な甘みとクリーミーな口どけを堪能できます。

「HI-CHEWロゴメーカー」も特設サイトで展開!

新しいロゴの認知度や浸透度を高めるべく、森永製菓は「HI-CHEWロゴメーカー」を特設サイトで展開。自分の名前やニックネームなどを、ハイチュウロゴ風のデザインに変換できる楽しいサービスです。

作ったオリジナルロゴをX(旧Twitter)でシェアすれば、抽選でオジリナルロゴのハイチュウをもらえる嬉しいチャンスも!みなさんも奮って参加し、英語表記に生まれ変わるハイチュウを応援しませんか?

おすすめの記事はこちら▼

【関連記事】

おすすめの記事