Yahoo! JAPAN

“酔うとキス魔になる美人”にニューヨーク興奮「最高の女」

ナリナリドットコム

お笑いコンビ・ニューヨークが、6月13日に放送されたバラエティ番組「こんな美人をフルなんて」(ABEMA)に出演。酔うと“キス魔”になる美人に「最高の女」と興奮した。

同番組は、MCを務めるニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政、タレントの井上咲楽が、「信じられないほどの美人でもフラれた過去を持っている」という仮説のもと、そんな美人をフった元カレたちから「なぜ美人をフッてしまったのか?」、当時言えずに終わってしまったフルに至った“本当のワケ”をリスニングし、元カレたちから明かされる美人たちの実態と、次々と発覚していく衝撃の真相に迫る恋愛バラエティ番組。この日は初回が放送された。

第1回目の“フラれ美女”として登場したのは、青山学院大学3年生の荒木舞子さん。モデルとして活動し、かつて国民的美少女コンテストのセミファイナリストに選ばれた華々しい経歴を持つ彼女の“フラれた過去と真相”に迫った。

荒木さんは、これまで付き合った元カレの過半数から「価値観が違う」「そんな子だと思ってなかった」という理由でフラれてきた過去を告白。そんな荒木さんに対し、嶋佐は「美人でもあるし可愛らしさもある面持ちなのに…」と首を傾げるが、その後に登場した、荒木さんをフッた1人目の元カレは「束縛の強さ」について言及した。

続く2人目の元カレは、男女複数人でカラオケを楽しんでいた荒木さんが泥酔のあまり別の男性とキスし、さらに「男子をヒールで踏みだした(笑)」「キス魔で男にベタベタする」と、衝撃的な「酒癖の悪さ」を暴露。まさかの回答を聞いたニューヨークの2人は、荒木さんの見た目と反した大胆な行動の数々に「最高の女なんやけど!」「大学生の時、荒木さんと飲みたかった!」と歓声を上げる。

しかしその一方で、自身の行動について「お酒を飲むと寂しくなっちゃう」と見解を述べる荒木さんに対し、ゲストのダレノガレ明美は女性側の意見として「私、そういう娘嫌いなんだよね…」とバッサリ。屋敷も「たしかに彼女だったら嫌だね」と同調する。

そして、荒木さんが「記憶がなくなるまで飲んだ翌日に知らない男性とキスしていた事がある」と明かした際には、先ほどまで荒木さんに羨望の眼差しを見せていた嶋佐でさえも、思わず「しんどい人だね…。キツイかも…」と正反対のコメントをこぼしてしまい、スタジオの笑いを誘った。

【関連記事】

おすすめの記事