Yahoo! JAPAN

漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒット

TSURINEWS

カイズとヘダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

フカセ釣りでクロダイを狙って南房へ釣行した。乙浜港ではカイズ1尾に終わったが、移動した相浜港ではカイズにヘダイの連発が楽しめたので、その模様をお届けする。

乙浜港クロダイフカセ釣り

9月4日(土)、クロダイを狙って南房・乙浜港へ。6時ごろ到着して仮眠。9時に目が覚めて、ゆっくりと準備する。港内は釣りを楽しむグループが多い。

空いているスペースに入る。北風が少し吹いているが、濁りもあってクロダイ狙いにはよさそうな雰囲気。

港内の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

エサとタックル

用意したコマセは、オキアミ3kgにチヌパワームギスペシャル1袋とオカラだんご1袋。エサはオキアミと練りエサを使う。立ちウキ仕掛けで慎重に水深を測り、タナは海底スレスレの5mで始める。

早々にエサが取られ、エサ取りの正体は3cmほどの小メジナ。多数コマセに群がっているのが見える。オキアミでは歯が立たないので、練りエサに変更。

クロダイが寄ってくることを信じて、のんびりアタリを待つ。

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

1尾目はカイズ

トップを抑え気味にして、海面に漂うウキを見ていると、スポンと入ったのでアワせると軽い手応え。上がってきたのは25cmのカイズ。

ハリは飲み込まれていないので、丁寧に外してリリース。上げ潮になっても潮の動きが悪く、海面にはゴミが浮いたまま動かない。

カイズがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

相浜港で仕切り直し

状況がよくないので、場所移動を決断して相浜港に向かう。港出口付近の航路は混雑しているので、奥まった場所で再開。タナは海底スレスレの3mで始める。

こちらはエサ取りが少ないのでウキ周囲にコマセをどんどんまいて本命からのアタリを待つ。すると、立ちウキに怪しい反応があり、タナを少し浅くするとウキに明確な反応となって現れた。上がってきたのは5cmのフグ。

相浜港略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

カイズにヘダイが連発

日没まで残り時間が少ない。本命が釣れないまま、沖を漂っているウキをぼーっと眺めていると、スッと抑え込んだので慌ててアワせる。

クンクンと小気味いい引きで釣れてきたのはカイズクラスのクロダイ。このサイズが群れている様子で、間隔を空けながら連続ヒット。

潮がいい感じで動いていて、次にヒットしたのは25cmほどのヘダイ。本命ではないが、多彩なアタリを十分楽しる。

ヘダイが好土産になった(提供:週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛)

最後はボラでがっかり

やがて、アタリが遠退き、退屈な時間をすごしていると、忘れたころにウキがアタリを捉えた。

重量感ある竿絞りに竿でためていると、走りだしたのでレバーブレーキを解放してミチイトを送る。疾走するスピードと重量感から、本命は疑わしいが、慎重に竿を操作して魚との距離を縮める。

やがて観念したように魚との距離を詰めていくと、大型ボラの姿にがっかり。

さらに、連続ヒットで体力を消耗。18時、コマセが残り少なくなったので足元を洗い流して納竿。鮮度よくキープしたヘダイは煮つけにして食べると美味しかった。

<週刊つりニュース関東版APC・澤田朝寛/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post漁港でのフカセ釣りで小型クロダイ 好ゲストにヘダイが連続ヒットfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事