Yahoo! JAPAN

スマホ操作を誤った子ども シャワー中のママをライブ配信で大公開(米)

Techinsight

赤っ恥体験をTikTokで告白した母親(画像は『Brianna 2021年9月23日付TikTok「Have kids the said」』のスクリーンショット)

生まれたときから多くのデジタル機器がある最近の子どもたちは、幼いながらも親の姿を見てその使い方を自然に覚えてしまう。しかしこの世代の特技とも呼べるスキルによって、大恥をかいてしまった母親の話題がアメリカより届いた。Instagramのライブ配信でシャワー中の姿が公開されてしまったのだ。その詳細を『The Mirror』などが伝えている。

アメリカ在住のTikTokユーザーであるブリアナさん(Brianna)はある日シャワーを浴びている間、娘にスマートフォンを渡し、普段よく遊んでいる幼児向けの学習ゲームをさせていた。

幼い子のいる家庭では生活の中でどうしても目を離さなければならない場面もあるが、そんなときはゲームに集中してくれていれば危険なことも減るだろう。

ブリアナさんもシャワーを浴びる短時間だけでもと思って、スマホを手渡したもよう。しかしシャワーを浴び始めてしばらくすると、外から「これ直して!」と訴える娘の声が聞こえた。

ブリアナさんは「もちろん私はそのゲームで遊べるように直してあげようと思って、『中に入っておいで』と言ったの」と説明する。そしてシャワールームに入ってきた娘からスマートフォンを受け取った。

「ゲームをしている間に操作を誤って、違うアプリを起動してしまったのかな?」などと軽く考えながら画面を確認すると、Instagramのアプリが起動されていた。しかしそれだけなら良かったが、最悪なことにライブ配信が行われていたのだ。

シャワー中だったブリアナさんは大慌てでライブ配信を止めて動画を削除したそうだが、その動画をどれほどの人が視聴したのかは分からないという。

恥ずかしいこのハプニングをブリアナさんは自身のTikTokアカウントで報告すると、「申し訳ないけど大笑いした」「これは今、私が一番恐れていることだよ!」「私は子ども用のタブレットを用意していて、自分のスマホは絶対渡さないわ」「これは悪夢過ぎるでしょ」など笑いや驚愕の声が届いている。

子どもがスマホを手にして操作を誤ってしまうのはよくあることのようで、過去にも2歳娘が母親のヌードを撮って同僚に送っていたり、お腹を空かせた3歳児が母親のスマホで勝手にマクドナルドを大量注文したこともニュースに取り上げられていた。

ブリアナさんの投稿にも似た体験をしたという報告が多数あったが、同時にアドバイスも届いており、iPhoneやiPadを使っている人は“アクセスガイド”という機能で今回のようなことを防止できるという。アクセスガイドは使用できるアプリを1つだけに制限できるもので、子どもに使わせる時だけこの機能をオンにすると良いそうだ。

画像は『Brianna 2021年9月23日付TikTok「Have kids the said」、2021年4月27日付「#Inverted」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「さよならガラケー、長い間ありがとう!」KDDIの3Gサービス終了にネット上では惜しむ声が殺到!

    J-CAST会社ウォッチ
  2. 『学生街の喫茶店』の舞台は御茶ノ水という噂を追い求めて【街の歌が聴こえる】~『学生街の喫茶店』『風に吹かれて』『惜別の歌』『神田小唄』

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 『天皇杯』決勝・準決勝のチケットは12/5(日)から一般販売開始

    SPICE
  4. 北海道初の保護猫カフェ。「人間に言いたいことはたくさんある」代表が猫にかける想い

    北海道Likers
  5. 『アバランチ』大山(渡部篤郎)は、羽生(綾野剛)のなり得た姿かもしれない

    ドワンゴジェイピー news
  6. サカイクサッカーノートで育まれる、"不確実な時代"に必要なスキルとは?

    サカイク
  7. 猫が飼い主より目新しい『来客』に懐く4つのワケ

    ねこちゃんホンポ
  8. indigo la End、新曲「邦画」をデジタルリリース 歌詞を先行公開

    SPICE
  9. 【2021京都紅葉】錦秋の京都五山を一望☆市民憩いのハイキングスポット「船岡山」

    キョウトピ
  10. リュックと添い寝ごはん・松本ユウが弾き語り出演 原田珠々華による『Harada Suzuka Monthly Presents「Voyage」vol.5』12月に開催

    SPICE