Yahoo! JAPAN

<詰め込み教育>小学生、もっと勉強をさせたいのに時間が足りない!?親が見逃す矛盾とは

ママスタセレクト

「小学生の子どものタイムマネジメントがうまくいかない」と困っている投稿者さん。お子さんは、学校にふたつの塾、タブレット学習に複数の習い事……と忙しい日々を送っているようですね。慌ただしい毎日を過ごしている投稿者さん親子にママたちからはある疑問が寄せられました。

塾や習い事は本人の希望なの?

『本人はこの状況になんて言っているの? 本人の意思を尊重しないと。勉強するのは子どもでしょ』

『勉強そのものも大切だけれど、その子に合ったやり方と休息、睡眠も大事だと思う。わが家は子どもが勉強好きでやっているのを私たち親がサポートしている感じ』

『子どもの性格もあるよね。わが家の下の子はパッパと終わらせたいタイプ。でも上の子はじっくりタイプだったからゆったり過ごさせたよ。そして今はまぁそこそこの大学生として頑張っています。その子に合う感じでいいと思うけれどなぁ』

『習い事や塾は、お子さんの希望ですか? やるのは本人ですから、お母さんが頑張ろうと思っても難しいかもしれません。お子さんの希望を何も聞かずに親が決めたことをこなしているだけだと、なかなか捗らず身につかないどころか、それによってもっと付いていけなくなるかもしれません。本人が本当にやりたいことを確認してみて、やめてもいいようなら一度離れてみるのも悪くないと思います』

ママたちから投げかけられた疑問は「そもそもお子さん本人はこの状況をどう思っているの?」というものでした。「子どもの成績をあげたい」「この習い事をさせたい」というのが投稿者さんのみの希望であり、もし本人の希望を確認していないのであればなかなか身が入らないものかもしれません。塾や習い事について、「今後続けたいかどうか」をお子さんと一度話してみて、本人の意思を尊重してもいいのではないでしょうか。

勉強や習い事よりも優先すべきものは……

お子さんが寝ているのは23時以降だとの話を受けて、ママたちからは「いちばん優先すべきは睡眠!」との主張も聞こえてきました。

『習い事か塾を辞めてみたら? むしろ両方辞めてもいいくらい。子どもにとっては特に睡眠は大事だよ。勉強より大事と言ってもいい。睡眠不足のまま塾に行っても意味がないと思う』

『学習の効果を高めるためには十分な睡眠をとることも大事だと思う。小学生は成長期だから、何よりいちばん大事と言ってもいいくらいだと思うよ』

『塾も習い事も本人がいちばんやりたいものだけを残して、睡眠時間をもっと作ってあげたほうがいい気がする。人間は睡眠時間が確保できないと記憶が定着もしにくいだろうし、パフォーマンスも落ちると思うよ。しかも小学生って成長期だし、休息できないのは心身の成長にとってもあまりよくないんじゃないかな』

勉強や習い事を頑張るのは素晴らしいことです。しかし睡眠不足になってしまうと十分な力を発揮できず、本末転倒な事態になりかねません。お子さんのための1日の流れを考えるときにはまずは睡眠時間の確保、それからお子さんのやりたいことを優先に組んであげるのがいいのかもしれませんね。

わが子の得意分野を伸ばしてあげよう

「勉強の成績を平均以上にしたい」と考えている投稿者さんに、ママたちからは「勉強だけがすべてではない」との意見も……。

『勉強ができる子って毎日夜まで習い事をしていてもいい成績をとるじゃないですか。でも「たぶんうちの子は勉強が得意というわけではないんだな」と中学年くらいで気がつくこともあるでしょ。それから「すべてを手に入れるのは無理だな」と親が諦めなくちゃいけないことはあるよね。もちろん本人のやる気があるなら別だけれど』

『勉強に関してはある程度は諦めたら? なんだか詰め込みすぎでかわいそうだよ。習い事のほうを伸ばしてあげるとかさ。大量の課題を嫌々やっていても身につかないってわかるでしょ』

『苦手なことより、得意なことをさらに伸ばしてあげたらいいんじゃない? 得意なことがさらに得意になると苦手なことにも目を向けてそこも伸ばしたいと思えそう。苦手なことに毎日向き合ってばかりだったら落ち込んじゃうよ』

人にはそれぞれ得手・不得手があるのは当然のことです。それは子どもでも同じことが言えるでしょう。勉強が得意な子もいれば、スポーツや芸術面など別の分野で大きく飛躍する子もいるのではないでしょうか。「自分の子には何が向いているのか」を考え、得意分野を伸ばしてあげるのもひとつの手かもしれませんね。 学校の宿題や塾の課題、自主学習に習い事などで忙しい毎日を送っている投稿者さんのお子さん。睡眠不足にならないように、まずはお子さんを話し合って本当にやりたいものだけを残してみるのがいいでしょう。時には親である投稿者さんが見極めを手伝ってあげる必要もあるかもしれません。お子さんが本当にやりたいことも取り入れ、毎日過度に忙しくなることなく十分な睡眠がとれる時間に就寝する生活を目指したいですね。

【関連記事】

おすすめの記事