Yahoo! JAPAN

猫はなぜ水が苦手?水が好きな猫もいるって本当?

ねこちゃんホンポ

Q: 猫はなぜ水が苦手なの?

A:猫が水を苦手とする理由は、彼らの祖先に関係があると考えらます。また、猫の被毛が水と相性が悪いというのも理由の一つとも言われてます。

猫が水を苦手とする理由は、彼らの祖先に関係があると考えられています。猫の祖先はリビアヤマネコ(別名アフリカヤマネコ)といい、砂漠出身の動物です。

もともと水浴びをする習慣がないことに加えて、砂漠での暮らしは水に濡れることを「命の危機」と捉える本能を育てました。

砂漠は、昼間は暑く夜になると冷えるという特徴があります。

激しい寒暖差のせいで昼間に体を水で濡らしてそのまま夜を迎えると、体温が奪われて命すら危ないという状況になってしまいます。

「水で濡れると体が冷えて危ない」という過酷な環境の砂漠で生き抜くための本能が、現代の猫にも残っています。そのため、猫は水に濡れることを嫌がりシャンプーの時に必死に抵抗するのです。

猫の被毛と水との相性も関係

また猫の被毛が水と相性が悪いというのも、猫が水を苦手とする理由のひとつになっています。

猫の被毛は、犬の被毛と比較して脂分が少ないため水をはじきません。毛が濡れやすいうえに一度濡れると乾きにくいので、少し濡れるだけでも不快感を感じます。乾き難いせいで身体が冷えやすく余計に濡れるのを嫌がるのです。

しかしなんと、中には水が好きな猫も。

比較的水を好むことが多い猫種としてはベンガルやアビシニアン、メインクーン、ターキッシュバンなどがあげられますが、泳ぐのが好きな猫もいるといわれているのは意外ですね。

好き嫌いには個体差がある

いかがでしょうか?猫は祖先の出身地と被毛の特徴が理由で、水に濡れるのを苦手とする動物になったと考えられています。全ての猫が水嫌いというわけではなく、水が好きな猫種や泳げる猫もいるようです。

ただし猫種に関わらず水への好き嫌いは個体差があるので、怖がっている猫を無理に水に入れてみようとしたりはしないでくださいね。シャンプーで苦戦する場合は、時間をかけて少しずつシャワーで濡らすのに慣らしていきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事