Yahoo! JAPAN

岩田剛典、見事な筆さばきを披露!新田真剣佑「ものすごい格好良かった」

ドワンゴジェイピー

岩田剛典、見事な筆さばきを披露!新田真剣佑「ものすごい格好良かった」

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が主演を務める映画『名も無き世界のエンドロール』の“絆結び”大ヒット祈願イベントが19日、都内・神田明神にて開催。岩田、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン、佐藤祐市監督が登壇した。

本作は、第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、映画『ストロベリーナイト』シリーズの佐藤祐市監督が映画化。親がいないという共通点を持つ幼なじみのキダ(岩田)とマコト(新田)の数奇な運命を描いたサスペンス・エンターテインメント。


イベント前、キャスト陣はヒットの願いを込め祈祷。どんな思いで祈祷をしたのか、代表して一筆書いてもらえるようリクエストを受けた岩田が筆をとり、「絆」という字を堂々と書き上げた。


見事な仕上りに一同が驚きの声を上げるのに対し、岩田は「めちゃくちゃ緊張しました。練習なしのぶっつけ本番です」と告白。「絆」という字を選んだ理由については「キャストとスタッフとみんなで話し合って決めました。この作品を一文字で表すならこの文字しかないだろうと」と説明した。


新田は「ものすごい格好良かったです。すっごい上手で、習われてるのかと思ってました」と岩田の筆さばきに感動。習字を習っていたのかという質問に岩田は「まったくしてないです。初めて書いたくらいです」と打ち明け、「うれしいです。そんな風に言っていただけると」と恐縮した。


作品の展開にちなみ、絆や縁を感じた出来事を聞かれた中村は「この映画のあとに監督と違うドラマでご一緒させていただきまして、縁を感じました」と回答。佐藤監督は「『危険なビーナス』ね。控室でロープで体を鍛えてて」と以前のイベントでも繰り返し口にしていた、中村が撮影現場で行っていたというロープを使ったトレーニングに言及。中村は「前回も、私がロープで体を鍛えているということをお話したんですけど、次の日まったくどこの媒体にも取り上げていただいていない」と佐藤監督のお気に入りの話題がマスコミ受けしていないことを告げ、「書かなくて大丈夫です」と頭を下げた。

新田は「数年前にアカデミー賞で新人賞を、岩田さんと同じ年に獲ったんです。岩田さんとまた映画で共演できてご縁を感じました」と岩田との出会いに縁を感じるとコメント。続けて「テレビで観ていた王子様そのままだなと思いました。お話させていただくにつれ、お兄ちゃんのような存在で。映画の中では幼馴染という設定なんですけど」と岩田の印象を語ると、岩田も新田について「初日から意気投合して、すごくやりやすかったなという印象。人懐っこい弟みたいに思えてうれしかったですね」と話すなど、仲の良さを垣間見せた。


コロナ禍で絆を深めるために行っていること、という話題では、新田が「僕はテレビ電話します」と告白。親友に対してテレビ電話を掛けるという新田は「でも『テレビ電話やめて』って言われました(笑)。いろんな時間帯によってお仕事をしている人もいるので、気安くテレビ電話を掛けないようにしましょう」と呼びかけ、「(スマートフォンを)置いて、ずーっと歯磨きしてます」とテレビ電話の様子を明かすと、佐藤監督が「向こうの人はお前の歯磨きを見せられてんの?そりゃやめろって言われる」と指摘し、笑いを誘った。


さらに岩田は「中学校の同窓会をリモートでやりました」と打ち明け、「全然見た目変わっちゃったやつとかもいて、でも話してみたら当時の関係値のまま変わらない会話で。僕だけ芸能の仕事をやっているので、『岩田入ってきた!』みたいな感じはありましたけど」と同窓会の様子を思い返していた。



映画『名も無き世界のエンドロール』は、1月29日(金)全国ロードショー。

©行成薫/集英社 ©映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

配給:エイベックス・ピクチャーズ



【関連記事】

おすすめの記事