Yahoo! JAPAN

【岐阜県・下呂市】美人の名湯・下呂温泉へ。町歩きが楽しい温泉街のご当地グルメと冬花火

オズモール

◆【岐阜県・下呂市】美人の名湯・下呂温泉へ。町歩きが楽しい温泉街のご当地グルメと冬花火

オズモール


清流・飛騨川に湧く美人の名湯「下呂温泉」は、草津・有馬と並ぶ日本三名泉として有名な一大温泉地。温泉街がコンパクトにまとまっているから、湯めぐりしながら温泉グルメの食べ歩きも楽しい。さらに、1~3月の毎週土曜日は、週ごとにテーマが変わる最新の打ち上げ花火の開催も。見どころ満載の下呂温泉でおすすめしたい、スイーツ&ご当地グルメスポットをご紹介。

オズモール


ひとりだから自由気ままに。温泉街のスイーツさんぽ
温泉街の中心地・湯の街通り周辺は、飛騨牛の握り寿司やご当地スイーツの店が並ぶグルメ通り。プリンやバターサンドなど、下呂温泉の名前にちなんだカエルモチーフのスイーツの店めぐりが楽しい。

下呂温泉の銘菓「栃の実の煎餅」も外せないおやつ。手焼きにこだわる千寿堂は、地元の山で収穫した栃の実を使用。「収穫からあく抜きまで3カ月以上と手間はかかりますが、冬場の貴重な栄養源として守られた栃の実の食文化を残したい」と社長の代情龍彦さん。栃の実をアレンジした新感覚のスイーツも評判だ。

ほかにも温泉街の11の宿や店が技を競う「素肌美人スイーツ」と銘打つパフェなども。甘いもの好きは要チェック!

オズモール


上/バターサンドのキャラメルナッツ、ベリーベリー各420円 下/自家製バターやクッキーの販売も
GERO GERO バタースタンド
下呂温泉の人気者・カエル印のクッキーがかわいいバターサンドは、黒ゴマきな粉、レーズン、ピスタチオチーズなど5種類が揃う。サクサクのクッキーの下には、あっさりとしてミルキーな自家製バターをサンド。店頭に設けたバターミルク入りの足湯に浸かりながらほおばって。
DATA
ゲロ ゲロ バタースタンド
TEL.0576-74-1616 
住所/県下呂市湯之島571-2
営業時間/10:00~17:00(変動あり)
定休日/不定休
予約/不可
アクセス/下呂駅より徒歩15分

オズモール


上/いちばん人気のメロンソーダ400円は、「まろやか」プリンにメロンソーダ味のジュレをトッピング。「レトロプリン」に下呂牛乳のソフトクリームをのせた下呂プリンソフト600円 下/イートインもできる
下呂プリン
温泉街初のプリン専門店。下呂温泉の浴場をイメージしたレトロかわいい店内では、併設の工房で一つひとつ手作りしている。こだわりは、地元の下呂牛乳とマダガスカル産の高級バニラビーンズ。口どけなめらかな「まろやか」と、昔ながらの少し固めの「レトロ」のふたつのタイプのプリンが揃う。
DATA
げろプリン
TEL.0576-74-1771
住所/岐阜県下呂市湯之島545-1
営業時間/10:00~17:00
定休日/水 ※ほか不定休あり
予約/不可
アクセス/ 下呂駅より徒歩15分

オズモール


上/とちの実シフォンケーキはコーヒー付き1000円 下/職人の手作業で作るとちの実煎餅。焼きたてのやわらかな煎餅1枚100円も人気
千寿堂
1971(昭和46)年創業。下呂の栃の実で作る昔ながらの煎餅のほか、モンブランや焼き菓子など栃の実スイーツが味わえる。栃の実のシフォンケーキは生地やアイスクリーム、仕上げのパウダーにも栃の実を使用。注文後に目の前で栃の実のクリームをたっぷりかけて仕上げる。
DATA
せんじゅどう
TEL.0576-25-4562
住所/岐阜県下呂市森2557-4
営業時間/8:00~17:00(16:30LO)
定休日/不定休
予約/不可
アクセス/下呂駅より合掌村行きバスで約5分、いでゆ朝市前下車すぐ 

◆ご当地グルメも見逃せない!飛騨のごちそうグルメスポット

オズモール


上/えびせんの上にのせた珠玉の三種盛り1000円。シャリは飛騨産のブランド米 左下/飛騨牛のステーキ(肉代+調理代200円)は、岩塩とわさびでシンプルに 右下/湯の街通りに立つ
湯島庵
地元で60年以上の歴史を持つ精肉店は、食べ歩きができる飛騨牛あぶり寿司が人気。珠玉の三種盛りは、飛騨牛の霜降りと赤身、ブランド豚の「飛騨納豆喰豚」豚バラの3つがセット。ローストビーフの手法で仕込んだ飛騨牛はしっとりとしてジューシー。店頭に並ぶ飛騨牛をその場で焼いてくれるステーキも手頃で人気。
DATA
ゆしまあん
TEL.0576-25-6226
住所/岐阜県下呂市湯之島845
営業時間/10:00~17:00 ※売り切れしだい終了
定休日/水 ※ほか不定休あり
予約/不可
カード/不可 ※現金のみ
アクセス/下呂駅より徒歩15分

オズモール


上/ごはんや小鉢も付いた鶏ちゃん定食1人前1600円は、こげないように常にかき混ぜるのがコツ。締めで味わう焼きそば450円はタレがよくからむ特注麺 左下・右下/母娘で営む家庭的な店。近所には女将さんおすすめのパワースポット「はつや稲荷」も
鶏ちゃん専門店 杉の子
「子供の頃、母が作ってくれた味を再現」とは、地元出身の女将さん。卓上のジンギスカン鍋で、しっかりとした歯応えの岐阜県産恵那鶏とキャベツ、味噌、醤油、ニンニク入りの自慢のタレとともにセルフで炒め、最後に焼きそばで締める。うまみ濃厚な鶏肉、香ばしいおこげも楽しみな焼きそばと、大満足のランチに。
DATA
けいちゃんせんもんてん すぎのこ
TEL.0576-25-7011
住所/岐阜県下呂市小川1311
営業時間/11:00~14:00(LO)
定休日/月 ※ほか不定休あり
予約/不可 
アクセス/下呂駅よりタクシーで約5分 

オズモール


上/飛騨牛のほうば味噌定食1500円は、地元農家から届くつやつやの白米、きなこの団子もおいしい 左下/ほっこり落ち着く店内。現在は娘さん夫婦が味を受け継ぐ 右下/下呂温泉で50年以上の歴史を持つ
山びこ
木のぬくもりが漂う古民家風の店内では、地元の山で収穫する自然薯やイノシシ、天然のアマゴなど、飛騨の山の幸が味わえる。おすすめは、先代から受け継いだ秘伝のタレが自慢の飛騨牛のほうば味噌定食。ほうばの葉の上であぶった飛騨牛は、肉汁たっぷりでやわらか。コクのある味噌ダレで、白米や地酒がどんどん進む。
DATA
やまびこ
TEL.0576-25-2883
住所/岐阜県下呂市森1088-2
営業時間/11:30~14:00頃(LO)
定休日/日夜・月
予約/不可
カード/不可 ※現金のみ
アクセス/下呂駅より徒歩10分 

◆時が経つのを忘れてしまう。下呂温泉の夜を彩る冬花火

オズモール


おもてなしの心が伝わる。2500発の打ち上げ花火
「下呂温泉といえば、やっぱり花火!」と話すのは地元出身のカフェのママさん。2009(平成21)年から始まった「冬の下呂温泉 花火物語」は毎年1~3月の毎週土曜に飛騨川の河川敷で開催される。

「下呂温泉では、約20年前から県内最大規模の花火大会『花火ミュージカル』が夏と冬に行われ、2023年も12月の毎週土曜日に行います。『花火ミュージカル』『花火物語』とともに、山梨県の花火メーカー・マルゴーの、世界トップレベルの職人による最新花火が楽しめます」とは、下呂温泉花火ミュージカル冬公演実行委員会大会長の熊﨑平一郎さん。

オズモール


2024年の冬の花火物語は2500発の花火が週ごとにテーマを変えて打ち上げられる。例えば、1月20日は春の兆しを感じる暖かな色調の「春よ来い来い・寒明け花火」、2月10日の「バレンタイン花火」は女性を応援する情熱的な花火。3月16日は白一色で彩られる「ホワイトデー花火」を打ち上げ。ラストの3月30日には、山桜、枝垂れ桜を表現したひと足早いお花見気分の「桜花火」で締めくくる。

「冬の花火物語を毎年楽しみにしてくださるお客様が多く、それに応えたいと、厳しい条件があったコロナ禍でも自粛せずに、がんばって続けてきました。冬場は山々の空気が澄みわたり、花火がいっそうきれいに見えますよ」と熊﨑さんが話してくれた。

観覧スポットは、夜のイルミネーションで美しいせせらぎの小径周辺や、噴泉池。飛騨の山に響く音も迫力満点だ。花火の後には美人の名湯でじっくり温まろう。

オズモール


■花火カレンダー2024
1/6(土)「成人花火」
1/13(土)「花餅花火」
1/20(土)「春よ来い来い・寒明け花火」
1/27(土)「健康祈願・節分花火」
2/3(土)「冬の星座花火」
2/10(土)「バレンタイン花火」
2/17(土)「がんばろう花火」
2/24(土)「合格祈願花火」
3/2(土)「お雛様花火」
3/9(土)「サンキュー花火」
3/16(土)「ホワイトデー花火」
3/23(土)「卒業・旅立ちの応援花火」
3/30(土)「桜花火」
冬の下呂温泉 花火物語
TEL.0576-25-4711(下呂市総合観光案内所)
開催日/1~3月の毎週土
打ち上げ時間/20:30~約10分間
打ち上げ場所/下呂大橋下流飛騨川河畔(荒天・河川増水時中止)
観覧料金/無料
アクセス/下呂駅より徒歩10分

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 第106話 介護施設でのBCPってなに?/ほっこり介護マンガ

    ささえるラボ
  2. ゴールデンボンバーがシルバーボンバーに変身!ブリーチオンカラーブランド『got2b ボンディング・メタリックス』新WEB CMにシルバーヘアで出演!

    舌肥
  3. 4/20(土)白樺湖畔に新しいアクティビティエリアがオープン「池の平ホテル&リゾーツ・レイクサイドパーク」サウナやバーベキュー、サップなどを楽しもう!@長野県 立科町

    Web-Komachi
  4. 楽しめる仕掛けが満載!子連れ旅をより満喫できる「OMO7大阪 by 星野リゾート」

    ママスタセレクト
  5. 【西武】松井稼頭央監督インタビュー 開幕戦の1-0勝利は「非常に大きな1勝になった」

    文化放送
  6. 【西武】髙橋光成投手の一人喋りコーナー! 「レギュラーコーナーをやらせていただけるということは、すごくモチベーションになります」 

    文化放送
  7. 阪神西宮|ミンチカツからあふれ出る黒毛和牛の肉汁とヱビスがあわないわけがない★逸品グランプリ2024★

    ニシマグ
  8. 選手プロデュースから地元人気店まで! 今シーズンの“カープ飯”をチェック

    SPICE
  9. 京都「葵祭」がわかる6つのポイント〜葵祭行列保存会の猪熊会長に教えていただきました〜

    京都観光Naviぷらす
  10. 【「新たま」だからおいしいレシピ まずは薄切りで!】万能オイル酢たまねぎ/ポークソテーのソース/新たまねぎのブルスケッタ

    NHK出版デジタルマガジン