Yahoo! JAPAN

京王井の頭線全17駅に「アイカサ」導入へ 雨の日も手ぶらで街歩き

鉄道チャンネル

渋谷~吉祥寺を結ぶ京王井の頭線に、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が導入されます。傘レンタル開始は2021年3月17日から。設置台数は渋谷駅・明大前が2台、他15駅が各1台。

井の頭線沿線には東京大学駒場キャンパスや明治大学和泉キャンパスなどが存在し、シェアリングサービスへの親和性も高い20代~40代の利用者が多く、電車の利用頻度も高いエリアです。そうした理由から、井の頭線駅への導入については多くの要望があったといいます。

3月17日~4月30日まで設置記念キャンペーンも展開。京王井の頭線17駅に設置されている全ての傘立てにクーポンコードが掲載されており、適応すればアイカサのサービスを3日間無料で利用できます。

「アイカサ」は2018年12月にサービスを開始した傘のシェアリングサービス。傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにしており、2021年3月1日時点で累計登録者数は約177000人を突破。アイカサスポット数は約800箇所。

鉄道チャンネル編集部
(画像:Nature Innovation Group)

【関連記事】

おすすめの記事