Yahoo! JAPAN

目からウロコ!トマトの中身が飛び出ない“キレイに切る裏ワザ”

saita

トマトの中身が飛び出ない超簡単な切り方とは?

夏が旬のトマト。冷やしトマトやサラダなど、出番が増えますが、トマトをカットするときに、中の種や汁が飛び出てしまって困っていませんか? そんなときに便利な方法をご紹介します。

トマトをカットするとき、汁が飛び散る問題

stock.adobe.com

料理でもよく使う食材「トマト」をカットすると、トロッとした部分が飛び出してしまって困ることはありませんか? その原因は、切り方に問題があるのかもしれません。 実は、ちょっとしたコツで、美しくトマトのカットができる方法があります。

トマトが汁飛びせずにカットする方法とは?

トマトの汁が飛び散る原因は、トロっとした種の部分をカットするからです。つまり、その部分をなるべく傷つけないようにしてカットすることで、汁が飛び散らずにカットすることができます。

切り方

1. トマトを綺麗に洗い、ヘタを取ります。

2. トマトを横半分にカットします。

3.トマトの種が入っている場所を割けて包丁を入れていきます。

4.このように切っていくと、汁の部分を傷つけないので汁がでることなくカットすることができます。

5.最後に真ん中に残った芯の部分は捨ててできあがり。

トマトのトロっとした部分、おいしいですよね。この部分が今回紹介した切り方だとしっかり残った状態になります。サラダでトマトを楽しむ場合も、この切り方なら一口サイズで食べやすく、さらにトマトのおいしい部分もしっかり残った状態になります。ぜひ試してみてくださいね。

悠美/いしかわ観光特使&輪島観光サポーター

【関連記事】

おすすめの記事