Yahoo! JAPAN

自分らしいセンスを磨く! 大阪の注目おけいこ7選

マイフェバ

自分らしいセンスを磨く! 大阪の注目おけいこ7選

もうすぐ新年度がはじまる季節。
今年は自分らしいセンスが磨けるおけいこにチャレンジしませんか?
毎日がちょっと楽しくなる、さまざまな学びのスポットをご紹介します♪

<心斎橋>


「中川政七商店・茶論 大丸心斎橋店」でおもてなしの心と美意識を高める

「茶論(さろん)」は、創業300年を超える中川政七商店グループの茶道ブランド。
敷居が高いイメージの茶道をもっと身近に楽しんでほしいと、今の暮らしに合ったテーブルスタイルの茶道を提案しています。

2019年9月、「大丸心斎橋 本館」のグランドオープンと同時に誕生したこちらは、全国初となる「中川政七商店」との一体型店舗。
大きく「茶論」と書かれた白いのれんの左奥がお稽古スペースです。

まずは約90分の体験稽古がおすすめ。
手ぶらで参加できるので、カフェでお茶するような感覚で茶道文化の入口にふれることができます。

体験稽古(お茶・菓子付き/約90分)3300円
※稽古は随時開催(HPの専用フォームから要予約)
茶道の成り立ちやお茶の知識を学んだ後は、講師が点てたお茶とお菓子でひと休み。
季節を表現したお菓子や空間のしつらいを通して、四季の移ろいも感じることができます。

最後には、道具を使って自分でお茶を点てる体験も。
茶道の所作に込められたおもてなしの心や、美意識も同時に体感できます。

各コース全6回の受講プログラムは初級・中級・上級に分かれていて、「お茶をおいしく淹れる・点てる(初級)」、「お茶でもてなす(中級)」など、目的に応じてレベルアップ可能。
月謝制ではなくチケット制で、自分の都合に合わせて通うタイミングが選べるのもうれしいポイントです。

併設ショップでは、魅力的な茶道アイテムが豊富にスタンバイ。
懐紙が胸元に入るオリジナルシャツや作家ものの茶碗、お稽古で使っているお茶など、どれも普段の生活になじむものばかり。

好きなアイテムを取り入れながら、自分らしい茶道の楽しみ方を見つけてみては?

<福島>


アートな感性も身に付く「STUDIO GRACE」のフラワーアレンジレッスン

福島駅から徒歩4分ほどの場所にある「STUDIO GRACE」。
フラワーアーティストが手掛けるスタジオで、草木も使ったナチュラルなアレンジが学べると女性に人気です。

初めての人向けの体験レッスンでは、まず自分で自由にアレンジを作ってみるのが特徴。
組み合わせや飾り方を思い思いに工夫することで、アートな感性も刺激されるそうです。

体験レッスン 1回3300円(約60分)
※レッスンは隔週火曜、毎週木・土曜
※要予約(開催月の前月からHPで受付開始)
完成したアレンジは、先生が手直しながらコツやポイントを教えてくれます。
ちょっとしたポイントで、植物の表情がキラキラ輝いて見えるから不思議!

美しい季節の花や草木に癒やされながら、心も体もパワーチャージできそうです。

<堀江>


講師はあの有名シェフ! 「Gourmet Studio FOOVER」でとっておきのグルメ体験を

有名シェフや専門家が講師を務めることで話題の「Gourmet Studio FOOVER」。
「FOOVER」とは「FOOD+LOVER」の造語で、食いしん坊のための料理教室がコンセプトです。

「料理は苦手だけど、ただ食べることが好き」という人も安心して参加できるレッスンを用意。
インテリアショップに併設された最新スタジオで、他にはないグルメ体験ができます。

プロの技を直接見て学べるだけでなく、有名シェフからメニューにまつわるエピソードも聞くことができるのも人気の理由。

例えば、過去に開催した兵庫・芦屋の人気イタリアン「リストランテ ラッフィナート」小阪シェフのレッスンは、お店のメニュー3品の実習とデザート1品のデモンストレーション付き。

小阪シェフの贅沢イタリアンレッスン8800円(レシピ・料理&ドルチェ付き/約150分)
※小坂シェフによるレッスンの次回開催時期は未定
※料金や内容はレッスンにより異なる
教えてくれるレシピも身近に手に入りやすい食材にアレンジされ、家でもお店の味を再現することができます。

併設のグロッサリースペースでは珍しい調味料やパスタも購入でき、お家ごはんのレベルもアップしそう。
食いしん坊にはたまらない、とっておきのグルメ体験をぜひ。

<梅田>


「陶芸教室ゆう工房 梅田教室」で自分好みの器を毎日の食卓に取り入れて

陶芸家のオーナーがプロデュースする「陶芸教室ゆう工房」。
1988(昭和63)年に梅田で誕生し、東京・名古屋・福岡にもお店を展開するなど、各地で手作りの魅力を伝えています。

豊かな緑に囲まれる梅田教室では、ビルの2階から4階にある工房で毎日多彩なクラフト教室を開催。
なかでもお手軽なのは、食卓に欠かせないアイテムが作れる約45分の陶芸コースです。

きっかけ陶芸コース(板作りの豆皿体験)平日1870円~、土・日・祝2090円~(材料費込み/約45分)
※コースは随時開催(要予約/当日予約の場合+500円)
オリジナルの豆皿や猫の箸置きは、思わず誰かに自慢したくなるかわいさ!
好きなテイストの器が食卓に並ぶだけで、毎日のごはんがおいしくなりそうです。

きっかけ陶芸コース(ネコの箸置き絵付け体験)平日1870円~、土・日・祝2090円~(材料費込み/約45分)
※コースは随時開催(要予約/当日予約の場合+500円)
他にも手びねりや電動ロクロ体験、高度なスキルが学べる会員コースもあり、本格的に陶芸の技術を深めたい人にもおすすめ。

スカーレット(緋色)コーヒー550円
ビル1階のカフェでは、好きな器を選んでドリンクが楽しめます。
ほっこりひと息つきながら、味わい深い手作りの器のよさを体感してみて♪

<京橋>


ものづくりの歴史を受け継ぐ「鶴身印刷所」のちょっと珍しい暮らしの学び

学研都市線沿線に立つ外観が印象的な「鶴身印刷所」。
もとはニッカウヰスキーのラベルも手掛けていた歴史ある印刷所が、リノベーションして生まれ変わりました。

電車内からも目を引く壁画は、ポートレイトペインター山本勇気さんによるもの。
約70年前の印刷工の働く姿や当時の印刷機などが描かれています。建物内には、戦後から手掛けてきた数々のラベルの石版も。

2階建ての建物には、クラフト作家やデザイナーのアトリエが入居するほか、古道具屋さんや古本屋さんがお店を構えています。
個性豊かな人たちが集まり、新たなアート&カルチャーの発信拠点として話題を呼んでいます。

こちらで学べるのはちょっと珍しいボディワーク。

あなたと身体の冒険 初回2500円・以降1回3000円(約3時間)
※第1・第2土曜に不定期開催
※HPの専用フォームから要予約、動きやすい服装がベター
心と体はひとつという理論をベースに、体をゆっくり動かして「心地よさ」を探りながら、自分自身と向き合ってみるという体験です。
他にも2020年はアロマテラピーや、リラックス効果が高いといわれるクリスタルボウル(水晶から作られた楽器)を使った講座も。

毎月第1日曜(5月は第2日曜)には「オープンアトリエ」を開催しています。
作家やデザイナーによるアイテム販売やワークショップもあり、交流しながらものづくりの楽しさにふれることができます。

気になるおけいこはありましたか?
どれも気軽に体験できるスポットばかり!
今年のお仕事帰りや週末は、じっくり自分と向き合う時間を持ってみて♪

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. predia[ライブレポート]“大人の遊び場”で見せた美しき饗宴!新曲&人気曲目白押し<GIG TAKAHASHI tour 2020 ツアーファイナル>

    Pop’n’Roll
  2. かみやど、1st ALから「透明なRainbow」「I believe…」MV2作を公開!

    Pop’n’Roll
  3. アンジャッシュ児嶋一哉の“塞翁が馬”「誰でしたっけ?」から人気急上昇

    日刊ゲンダイDIGITAL
  4. 青井阿蘇神社の水没奉納刀77振を救え マンガ「ドリフターズ」も協力するクラウドファンディングスタート

    おたくま経済新聞
  5. オンラインでは売り切れ! カルディの「ニャンコーヒードリップセット」は見つけたら即カゴへ

    東京バーゲンマニア
  6. LiSA、最新アルバム『LEO-NiNE』&劇場版「鬼滅の刃」主題歌シングル『炎』を10月14日に2枚同時リリース

    SPICE
  7. オリラジ藤森慎吾「13」での“キモすぎる”存在感…主演・桜庭ななみを超えた?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池” 柄本明より注目集める江口のりこって?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. コロナ禍に芝居5本観劇「今」を映す舞台に心揺さぶられた【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. ブラマヨ吉田は律儀な男 帽子を脱ぎ人目はばからず挨拶を【度肝を抜かれたお笑い界の巨人たち】

    日刊ゲンダイDIGITAL