Yahoo! JAPAN

お三の宮日枝神社 9月18、19日に大神輿を公開 巡行は中止〈横浜市南区〉

タウンニュース

かつては牛が引いていた大神輿。今はトラクターがけん引して巡行している。今年は神社裏手の神輿庫で見学することができる

お三の宮日枝神社(角井瑞宮司)=山王町=の大神輿が9月18、19日に神社裏手の神輿庫で公開される。当初予定されていた大神輿の巡行は感染症拡大防止のために中止となった。

大神輿は1934年に作られ、高さが約5mがあり、横浜随一の大きさとも言われる。かつては3日間にわたって飾り立てた牛が引いていたが、現在は小型トラクターがけん引して巡行している。

制作から約90年が経過し、今年の例大祭後に大規模な復元修繕を行って、神社創建350年の2023年にお披露目されることが決まっている。

神社側は、創建350年の奉祝記念事業として大神輿の修繕とみこし庫の耐火・耐震工事を行う。ほかにも、境内の整備や社務所の屋根葺き替えも予定し、総事業費は7千万円。広く奉賛金を募っている。角井宮司は「横浜市民の財産ともいえる大神輿を永代に残すための整備で、賛同していただければ」と呼び掛ける。

例大祭、記念事業に関する問い合わせは同神社【電話】045-261-6902(午前9時〜午後5時)。

【関連記事】

おすすめの記事