Yahoo! JAPAN

東京湾キャスティングサワラゲーム好スタート ブレード付ジグがキモ?

TSURINEWS

キャスティングで仕留めたサワラ(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

東京湾では早くもサワラの魚影が濃く現れ、沖ではピョンピョン跳ねている姿がよく見られるようになった。今回は東京湾でのサワラキャスティングの実釣の様子を紹介したいと思う。

サワラは神出鬼没

サワラという魚は釣果情報がアテにならないことが多い。私の過去の経験で極端な例を挙げると、前日は船中150匹を超えるような爆釣であったにもかかわらず、次の日には姿すら見当たらずに船中ノーヒットで終わる(ちなみに私はノーヒットの日に乗ってしまった)といったように、好調が続いていたとしても油断ができない相手である。そんなサワラであるが、今秋は比較的安定した釣果が上げられているようである。

キャスティングサワラゲーム

サワラを狙う方法としては、ルアーのキャスティングかジギングに分けられるが、今回はキャスティングで狙うことになる。キャスティングの際は、船宿のルールに従うことが大事だ。アンダーハンドキャスト限定、フックはカエシを潰すかバーブレスを使用、誤ってルアーが飛んできても大丈夫なように肌を出さない服装やサングラス、帽子の着用、そしてもちろん周りの方への安全の配慮も重要である。

カエシはしっかり潰そう(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

タックル例

使用するタックルは青物相手のキャスティングロッドがあればいいと思うが、あまりごついものを用意する必要はない。私の場合は少し硬めのボートシーバスロッドをメインとして使用している。

深川吉野屋で実釣

私が挑戦したのは9月9日、深川吉野屋からの出船である。風は弱いものの時折強い雨が降るというあいにくの天候となってしまった。私が釣り座を構えたのは最ミヨシの右舷側で、キャスティングのしやすさ、そしてナブラ撃ちをする時などはミヨシが最初に狙えるポジションになるので、迷わずミヨシをチョイスした。

当日のタックル

当日用意したタックルは3種類で、メインにボートシーバスロッド、予備にシイラ用に使用しているキャスティングロッド、そして魚が沈んでいる時用にジギングロッドである。リールはいずれも4000番くらいでPEライン2号を巻き、リーダーはフロロの40lbを結束した。

著者の釣り座とタックル(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

当日のルアー

用意したルアーはミノーを主体に、ベイトが小さいという事前情報があったため、小型のタングステンのルアーやジグも用意した。

サワラのボイル発見

ポイントに到着すると、サワラが派手にボイルしているといったような状況ではないが、そこかしこでサワラがピョンピョン跳ねていた。射程圏内、圏外問わずかなりの数のサワラが跳ねている姿を見られて、魚影は濃いことがよく分かる状況である。

ブラインドキャスト

狙い方としては跳ねを狙うというよりも、そこかしこでサワラが跳ねているのでベイト反応に当てて色々試してみるブラインドキャストを繰り返すこととなった。結果的にこのブラインドキャストで1日通すことになったが、そのためかミヨシが有利という状況ではなく、どこの釣り座でも関係なくヒットがあった。後述するが、この日のサオ頭は左舷のど真ん中の釣り座の方であった。

ひと流し目から船中ヒット

ポイント着から早速実釣開始である。船長からは、「どんなルアーに食ってくるか分からない、色々やってみて欲しい」と指示が飛んだ。私はタングステンのブレード付きのルアーで開始したが、メタルジグやミノーなど皆それぞれ好きな狙い方で釣りをスタートした。開始からほどなく、私の隣、ミヨシから2番目の方にヒットがあり、無事キャッチとなった。朝一から釣果が上がり、雨の中頑張って出てきたメンバーの気持ちも昂る。

筆者にもサワラヒット

船中1本目が上がってからしばらくして、ベイトの反応が水深10mから上の辺りという船長からのアナウンスがあったので、キャスト後の着水から10mより少し沈めてからの速巻きを繰り返していたところ、時折「ゴッ!」というバイトの手応えが伝わってきた。フッキングには至らないがやっていることは間違っていないという確信を持てたので同じ方法を繰り返していると、ガツン!という強い手応えでヒット、無事キャッチである。

著者とサワラ(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

マッチザベイト

釣れたサワラが吐き出したベイトを見ると、5cmほどの小魚であることが分かった。使用していたルアーもそのくらいのサイズなのでマッチザベイトとなったことになる。ちなみに、私はこの1本が最終的な釣果となったが、その後も船では派手ではないものの、思い出した頃にヒットがあったり、時にダブルヒットの時間帯があったりと、神出鬼没のサワラ相手に1日を通じてチャンスがある日となった。

タチウオやイナダも

後半になり、大きくポイントを移動し、東京湾のかなり奥の方のポイントへ移動。ここではサワラの跳ねは見当たらなかったが、サワラと同じ狙い方で極太のタチウオがポツンポツンとヒットした。同じポイントで別の日にはイナダもヒットしたとのことで、東京湾のかなり奥の方までフィッシュイーター達が入ってきているようである。

今後の展開

船宿の話では、今年はスタートからかなりいい雰囲気で年末くらいまでのロングランが期待できるとのことで、今後も好調が続きそうである。当日のサオ頭の方の釣果は3本で、0の方もいたがほとんどの方はサワラゲットとなっていた。また、私が行った後の釣果情報を見ていると、日によっての落差はあるものの、全く釣りになっていないという日はなく、むしろ連日好調な状況が伝えられている。ただ、神出鬼没なサワラのことであるから、いつまでもいるとは限らない。釣行は早めがいいだろう。

ヒットルアー

さて、この日はサイズの小さなルアーが、ヒット率がよかったようで、船に乗っていた他の釣り客も同じルアーでヒットを重ねていた。しかし、サオ頭となった方は小さめではあるがメタルジグの速巻きを繰り返しており、ルアーのサイズや種類だけで語ることは難しい状況ではあった。

ただ、メタルジグを使っていたサオ頭の方はフックにブレードがついたものを使用していたため、その点は我々が使っていた多数派のルアーと同様であった。ブレードを搭載したルアーやフックはタックルの中に忍ばせておいた方がいいだろう。

この日の多数派ルアー(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

釣り座に関しては、キャストのしやすさという面ではミヨシが有利とも思えるが、釣果を見ると決してミヨシ有利に傾いているという状況ではなく、釣り座の優劣なく全ての席でチャンスがあるので是非とも釣れている今のうちにチャレンジしてみて頂きたい。

<古谷健太/TSURINEWSライター>

The post東京湾キャスティングサワラゲーム好スタート ブレード付ジグがキモ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事