Yahoo! JAPAN

買ったらすぐにやるべきだった!『豚肉』の冷凍保存の3つのコツ!

オリーブオイルをひとまわし

買ったらすぐにやるべきだった!『豚肉』の冷凍保存の3つのコツ!

食卓に登場する頻度が最も高い食材のひとつが、豚肉である。スーパーでもしじゅう安売りを実施しているため、大量に購入するケースも多い。そんなときの保存方法は、当然のことながら冷凍である。しかし、冷凍した豚肉の味が落ちていると感じる人も少なくないだろう。本記事では、豚肉の正しい冷凍方法について紹介する。

1. 豚肉の冷凍保存3つのコツ

まずは、豚肉の冷凍保存の基本を会得しよう。非常にシンプルなことながら、実際には実践できていないポイントもあるかもしれない。豚肉を冷凍する場合の鉄則を、ここでおさらいしてみよう。

豚肉冷凍のコツ1:購入後すぐに冷凍する

購入した豚肉を、しばらく冷蔵しておいてから冷凍に移すのはNGである。豚肉の鮮度が落ちないうちに、購入後に間をおかず冷凍するのが美味しさを保持する基本である。すぐに食べない豚肉は、自宅に戻ったら冷凍庫に保存する癖をつけよう。

豚肉冷凍のコツ2:素早く冷凍する

豚肉の冷凍は、なるべく短時間で急速冷凍するのが好ましい。理由として、冷凍に時間を要すると細胞が破壊されやすいため、旨みも失われる可能性が高くなるためである。冷蔵庫に急速冷凍の機能がついている場合は、率先して活用するとよいだろう。

豚肉冷凍のコツ3:密閉して冷凍する

スーパーで買ってきた豚肉を、パックのまま冷凍することは避けたほうがよい。豚肉の脂肪分は酸素に触れると劣化する性質がある。そのため、ラップでしっかりと包んでから専用のパックに入れてしっかり密閉するのが基本である。

2. 豚肉を上手に冷凍保存する方法

豚肉の冷凍保存は、手間がかかってもしっかり行うことが解凍後に美味しく食べる近道となる。冷凍保存の基本のほかに、肉の種類によって異なるコツをものにすれば、美味しい豚肉料理を家族に供することができるのである。そのコツを見てみよう。

豚のひき肉の冷凍方法

豚のひき肉の賞味期限は短い。空気に触れる部分が多いために酸化が進みやすく、ほかのどの肉よりも傷みやすいのだ。そのため、購入後すぐに使用しない場合には冷凍保存が必須である。

保存方法

ジッパー付きの保存バッグに平らに入れて冷凍する。豚のひき肉の量が多い場合には、一度に使う分量ごとに分けるか、ジッパー付きの保存バッグに平らに入れてから箸などを使って筋を入れておくと、使う分だけを取り出すことができて便利である。また、豚のひき肉を炒めてから冷凍保存することもできる。冷凍保存できる期間は、生のまま冷凍した場合は2~3週間だが、炒めてから冷凍する場合には3~4週間と長くなる。

豚の薄切り肉の冷凍方法

さまざまな料理に使える便利な豚の薄切り肉。あと一品ほしい時や弁当のおかずにも重宝するため、ストックがあると安心だ。使用頻度が高いので、冷凍保存することは稀かもしれないが、冷蔵では2日ほどしか保存できないため、やはり冷凍が安心だ。

保存方法

キッチンペーパーなどで肉の表面の水分を拭き取り、ラップの上に肉を重ねないように広げて包む。あまり大量に包んでしまうと使うときに不要な分も解凍しなければならないため、一度に使う分だけを包もう。冷凍庫の急速冷凍機能を使うか金属製のトレイに乗せて急速冷凍し、しっかりと凍ったらジッパー付きの保存バッグに入れる。保存可能期間の目安は2~3週間。

豚のブロック肉の冷凍方法

冷凍した豚のブロック肉を解凍し、それをもう一度冷凍すると、肉の水分や旨みが流出して美味しくなくなってしまう。再冷凍を避けるため、大きな豚のブロック肉は一度で使うサイズに切ってから冷凍しよう。

冷凍方法

ラップで包み、冷凍庫の急速冷凍機能を使うか金属製のトレイに乗せて急速冷凍し、しっかりと凍ったらジッパー付きの保存バッグに入れる。また、下茹でしてから冷凍してもOK。冷凍保存できる期間は、生のまま冷凍した場合は2~3週間、下茹で後に冷凍した場合は3~4週間となる。

3. 便利で美味しい!味付けして豚肉を冷凍保存する方法

さまざまな部位、カット、味付けが楽しめる豚肉は、弁当のおかずにも重宝する便利な食材である。とくに味付けをして冷凍しておけば、時短にもなる便利アイテムとなる。豚肉のさまざまな味付け肉の冷凍方法を紹介する。

豚の味噌漬けの冷凍方法

味噌漬けの甘辛さは、豚のロース肉とよくマッチする。食べ盛りがいる家庭でも、満足度が高い一品である。豚の味噌漬けの冷凍方法は難しくない。

保存方法

買ってきた豚のロース肉を、密閉できる保存用の袋に入れる。味噌、醤油、みりん、しょうがのすりおろしも袋に入れて、肉にまんべんなくいきわたらせて冷凍するのである。その際には空気を抜き、水平に保存するようにしよう。

豚の味付けコマ肉の冷凍方法

何かと便利なコマ切れ肉を味付けしてから冷凍しておくと、炒めるだけで味がしっかりとしみ込んだ肉炒めとなる。食べるときには凍ったまま調理が可能なうえ、保存可能な期間も長くなる。

保存方法

豚のコマ切れ肉(400g)・しょうゆ(大さじ3)・酒(大さじ1)・砂糖(大さじ1)・生姜汁(大さじ1)・サラダ油(大さじ1)・片栗粉(大さじ1/2)をジッパー付きの保存バッグに入れてもむ。平らに広げて密閉し、急速冷凍機能を使うか金属製のトレイに乗せて急速冷凍する。およそ4週間保存可能。

豚の味付け厚切り肉の冷凍方法

とんかつやポークソテーに活躍する厚切り肉は脂肪分が多く酸化しやすいため、オリーブオイルで覆って肉を守りながら冷凍するとよい。

保存方法

厚切り肉を筋切りして塩コショウを肉の両面にふりかけ、オリーブオイルを肉全体に塗り込む。厚切り肉1枚ずつラップで包んで冷凍し、しっかりと凍ったらジッパー付きの保存バッグに入れて保存する。

4. 冷凍した豚肉の保存期間はいつまで?

肉や魚は鮮度が命である。美味しく食べるためにはなるべく早く、できたら購入した日に消費したい。しかし、さまざまな事情で購入した豚肉を保存しなくてはいけない状況も生まれうる。冷蔵による肉の保存期間は、種類によって異なる。たとえば豚の厚切り肉なら3~4日、豚の細切れ肉や薄切り肉なら2日前後、そして豚のひき肉なら1日と短い。そのため、すぐ使わない場合は冷凍保存が安心である。

冷凍した豚肉の賞味期限は2~4週間

冷凍なら、およそ4週間は安全に豚肉を保存できる。しかし「冷凍焼け」や「フリーズドライ現象」と呼ばれる劣化が見られる場合があるため、本来の豚肉の美味しさを味わうためには、冷凍後2週間以内には使い切りたい。ちなみに、冷凍焼けとは冷凍によって食材の水分が失われ、油脂が酸化することによって起こる現象で、肉の変色や食感の変化などが見られる。冷蔵庫では鮮度はどんどん失われるが、冷凍の場合は鮮度をある程度保つことができる。そのため、賞味期限内ギリギリに使う予定の豚肉でも、冷凍保存しておくとより美味しく調理できるのだ。

2ヶ月保存しても大丈夫?冷凍豚肉の消費期限

豚肉を冷凍保存した場合、その限度は2ヶ月といわれている。実際には、豚の薄切り肉ならば1ヶ月ほど、豚のひき肉となると2週間ほどで消費するのがベターである。また、豚の厚切り肉の場合も、保存の状況によっては2ヶ月以下の保存期間でも冷凍焼けしたり肉の風味が著しく低下したりすることもある。豚肉が冷凍焼けを起した場合は、肉の表面の色がくすんだ風合いとなる。解凍後にこうした豚肉を食べる場合には、においや色に重々注意する必要がある。

5. 冷凍保存した豚肉の上手な解凍方法

手間をかけて豚肉を正しく冷凍保存したら、解凍も上手に行って美味しい豚肉の料理を作りたい。美味しさや鮮度を損なうことなく解凍するには、どのような方法が理に適っているのであろうか。便利に使うための工夫や、やってはいけない解凍方法も含めてみてみよう。

氷水解凍か冷蔵庫解凍がおすすめ

冷凍した豚肉を使う予定がしっかりと立っている場合は、調理する時間に合わせて冷蔵庫に移動し解凍するのがベストである。また、急に冷凍豚肉を使う必要が生じた場合は、豚肉が水に触れないようにビニールなどの上から氷水に浸して解凍するとよいだろう。こうすることで、肉の劣化をおさえて美味しく解凍できる。一方、避けたほうがよいのは電子レンジを使った解凍である。電子レンジを使うと、解凍の具合にばらつきが出るほか、旨みを含んだ肉汁が豚肉から出てしまうことも多いためである。

カットするなら半解凍が便利

解凍中の豚肉は、調理しやすくカットするのであれば半解凍状態で行うとよいだろう。中心は解凍しきっていない状態のほうが、包丁は入れやすいからである。また調理に際しても、完全に解凍してしまうよりもそれより少し手前くらいの状態のほうが、肉の旨みを逃さずに料理できる。

解凍した豚肉の再冷凍はNG

解凍した肉の扱いのうえで、再冷凍することはNGである。最初の解凍で肉から出てしまった水分は元に戻らないため、肉は水気の抜けた状態になってしまう。この状態で再冷凍することは、家庭用の冷蔵庫では衛生的にも問題が発生する可能性が高いほか、肉の質が低下して冷凍焼けの原因となる。

結論

調理する頻度が非常に高い豚肉は、大量に購入して冷凍保存をする必要が出てくることはやむを得ない。その場合に、手間を惜しまずパックから取り出して肉の状態に応じた正しい保存をすることが、解凍後に美味しく食べるための必須事項である。解凍に際しても、肉の質が落ちないように時間に余裕をもって行うように心がけよう。

投稿者:井澤佐知子
監修者:管理栄養士 黒沼祐美

【関連記事】

おすすめの記事