Yahoo! JAPAN

「痩せない原因」はズバリ、腸にあり!?1番してはいけないダイエット方法とは?【自律神経の話】

ラブすぽ

「痩せない原因」はズバリ、腸にあり!?1番してはいけないダイエット方法とは?【自律神経の話】

太っている人は腸内環境が悪い

それほど食べていないのに太ってしまう人。一方、きちんと食べているけど体形が変わらずスマートなままの人。この違いは一体どこからくるのかというと、それはズバリ「腸内環境のよし悪し」によって変わってきます。

腸内環境が悪くなると消化・吸収の働きも弱まり、必要な栄養素は吸収されず毒素ばかりが体に溜まることになります。そして代謝が落ち、栄養素ではなく老廃物や毒素を含むドロドロの血液が全身に行き渡り、しまいには「内臓脂肪」として蓄積されてしまうのです。

また近年の研究では、自律神経の乱れが肥満の大きな原因となることがわかってきました。太っている人の自律神経を調べると多くの人の自律神経全体のバランスが低下しており、中でも副交感神経の働きが大幅に落ちています。

自律神経の中でも、腸を動かすのは主に副交感神経。つまり、自律神経の乱れ=腸内環境の悪化。これが痩せない体をつくる最大の要因なのです。

そう考えると、痩せるために何をすべきかが見えてきます。朝・昼・夜の1日3回、ベストなタイミングと配分で食事をし、腸内環境を整えること。それが自律神経の安定には最も大事です。

一番してはいけないのが食事抜きのダイエット。食べないと腸が動かなくなり、腸が動かないと自律神経のバランスは低下。たとえ一時的に痩せても腸内環境が悪化し、痩せない体に舞い戻ってしまいます。なかなか痩せないと思っている方は、ぜひ腸に着目してみてください。

 

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』著/小林弘幸

「自律神経の話」はこんな人におすすめ!


・最近、疲れが抜けないし、なんだかしんどい……。
・病院で検査してもわからない謎の不調がある……。
・生活習慣や食生活を見直したい
・自律神経の乱れを改善したい!
・心も体も実年齢より若々しくなりたい!

そう感じている方にはぜひ本書『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』を手に取っていただけたらと思います。

「自律神経」は、よく運動神経と比較されますが、
簡単に説明してみると、「自分の意思で動かせない心臓や血の流れなどの動きを司る神経」のことです。
乱れた自律神経を整えることによって、加齢に負けない健康で活き活きとした体を作ることが十分可能です。

『眠れなくなるほど面白い 図解 自律神経の話』では、この自律神経が乱れる仕組みや改善方法をイラストと共に説明し、健康な精神、体へと導く道しるべとなるべく
「生活習慣」「食生活」「心の持ち方(メンタル)」「運動」と4つの角度から自律神経を整える方法をご紹介!

シリーズ累計220万部を突破した「図解シリーズ」の読みやすさ

図解シリーズは、右側に文章左側に図解が乗っているので、本が苦手な人にも理解しやすい構造になっています。

図解シリーズには健康・実用だけでなく大人の学びなおしにぴったりな教養のテーマも。ぜひ手に取って確認してみてください!

年齢より老けて見えるのも「自律神経」が関係していた?!

昔と比べて疲れやすかったり、同じような生活をしていても肌荒れが気になったり…。
その一方で見た目も若々しく、健康でアクティブに過ごしている人が多いのは何故なのでしょうか。

その違いの理由には自律神経が大きく関わっています。自律神経が整うと胃腸の調子がよくなり、栄養素を十分に吸収できるため、血液の質が上がり肌や髪にツヤが出ます。

つまり、自律神経のバランスがいい人は、見た目も、体の中身も実年齢よりも若々しくいられるのです。

具体的には、下がってしまった副交感神経の働きを高めることが大切。免疫力低下に伴う病気の発症を食い止めるだけでなく、老化も遅らせることができます。
自律神経のを整えて若返る方法も豊富に掲載しています!

体の不調はネット検索していけない理由とは?!

誰しも一度は体の不調の症状をネット検索したことがあると思います。
最初は、軽い気持ちで検索したのに、思いもよらない重病の可能性があるという記事を読んでしまい不安になることも…。

こういったインターネットやテレビなどに氾濫する様々な情報にまどわされて心を病んでしまうことは「サイバー心気症」と呼ばれています。
実際に病名がつくような方は1割ほどで、残りの9割の患者さんは特に疾患のないような体調不良の場合がほとんど。


病院にかかる目安としては、体の不調が2週間続くような場合。
短期間な不調なら自律神経を整える方法で改善することができます。原因不明の不調も実は自律神経が関係しているかも…。

免疫力UP!自律神経を改善する生活習慣・食生活・メンタル・運動方法を集録

★ラベンダーの香りは睡眠時の強い味方
★眠くならないランチのとり方
★自律神経を整えるには動物性たんぱく質が必須
★チョコとナッツで疲労回復&血流アップ
★スピーチやプレゼンなどで緊張を和らげるコツ
★眠りが深くなる! 魔法の1分ストレッチ

などなど気になるタイトルが目白押し!短時間でもすぐにできそうなことから、一つでも生活にくわえてルーティン化してしまいましょう♪

大変な世の中が続いて自律神経が乱れている人も多いかと思われます。夜眠れない、日中体が動かない、腰痛・頭痛が続いている…。

本書ではそのような人が心も体も元気になれる内容がたっぷりと詰まっています。簡単な習慣で自律神経の乱れを改善し、健康な体を手に入れましょう!

【関連記事】

おすすめの記事