Yahoo! JAPAN

【動画】3Dプリンターで911 GT2 RSのエンジン用ピストン製造現場

ClassicPORSCHE.jp

ポルシェは7月13日に、3Dプリンターで 911 GT2 RSのエンジン用ピストンを開発したことを発表した。

入念な開発を行い、3Dプリンターでも充分な強度を持つピストンを生産することが可能になったという。 3Dプリンターで開発された911 GT2 RSのピストンは、 レーザー溶融法を使用して、高純度の金属粉末から製造されている。また、このピストンは、911 GT2 RSの鍛造ピストンよりも10%軽量となっており、最高出力は30ps向上しているという。さらに、 従来の方法では成形できなかった冷却ダクトを 設けることも可能になっていることによって燃焼の最適化にも貢献する。その、3Dプリンターでのピストン製造現場を映した動画が公開されている。こちらの動画をご覧いただきたい。

【関連記事】

おすすめの記事