Yahoo! JAPAN

漁船で釜石湾クルーズ 大型連休、特別運航 青出浜・尾崎神社奥宮めぐり

かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす


 釜石湾で地元の漁船を活用したクルーズ事業を行っている釜石市の観光まちづくり会社「かまいしDMC」が大型連休中、特別企画に取り組む。通常は船上から眺めている「青出浜」に上陸し、尾崎神社奥宮を参拝する特別コースで運航。豊かな自然や古くからの信仰が息づく尾崎半島(平田)を巡り、より深く釜石の魅力に触れることができる。

 漁船クルーズは魚河岸の魚河岸テラス前を発着点に、湾内を1周。海域をよく知る漁師の案内で、釜石大観音やカモメが産卵する島、波でえぐられた岩が立ち並ぶエリア、湾口防波堤などを1時間半程度かけて巡る。

昨年運航された釜石湾漁船クルーズの様子。特別企画では青出浜に上陸する


 今回の特別企画「漁船クルーズで釜石の聖地へ」では、半島中間部にある青出浜に上陸。海岸から続く坂道を登った高台にある尾崎神社の奥宮を参拝し、滞在時間は10分程度を見込む。22日には運航を担う漁師の協力を得て、同社スタッフ数人が浜の清掃活動を実施。「東日本大震災前は観光船が着岸し、夏には海水浴客も訪れるなど隠れ家的なレジャースポットとして人気のあった青出浜。自然豊かな美しい海を静かに感じてほしい」と思いを込めている。

大型連休を前に青出浜で清掃活動に取り組む同社スタッフら(かまいしDMC提供)


地元の漁船を活用した釜石湾内クルーズで雄大な自然を楽しむ(かまいしDMC提供)


 特別コースでの運航は、あす30日から5月5日まで。午後2時に出発する。乗船は小学生以上で料金3800円。魚河岸テラス1階のジェラート部や産直コーナー、2階の飲食店で使用できる500円割引券が付く(利用期間は5月31日まで)。事前予約が必要で、2日前までに同テラスに電話(0193・27・5566)で申し込む。
 
 北海道・知床半島沖の観光船事故を受け、同社担当者は「高波の少ない釜石湾内のルートで運行している。雨天や強風時には船頭(漁師)の判断のもと、無理な運航はせず、安全面には十分注意を払う」としている。

【関連記事】

おすすめの記事