Yahoo! JAPAN

福田市長マニフェスト 「4年間の達成度は?」 大学准教授ら5人が検証〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

牧瀬准教授(右)の質問に答える福田市長

福田紀彦川崎市長が4年前に掲げたマニフェスト(選挙公約)の達成状況を評価する検証会が9月12日、川崎市総合自治会館(中原区)で開催された。関東学院大学法学部准教授で自治体政策に詳しい牧瀬稔氏ら5人による検証結果などが示されたほか、議論も交わされた。

検証されたのは、福田市長がマニフェストに掲げた「10プラス1」の政策に紐づく49施策。全体では245点満点中、212・6点で達成率は86・8%と評価された。

最高点の政策は、かわさきパラムーブメントで94・7点。特に高く評価されたのは「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の制定・施行だった。一方、最も低い77点にとどまった政策は「文化力とスポーツ振興」。公共建築物の建設費用の1%程度を芸術、文化振興に充てる「パーセントフォーアート」が未達成との評価だった。

検証報告を受けた福田市長は「人権条例はエネルギーを費やし、議会との総意の議決にこだわった。ただ、かわさきパラムーブメント政策は、やればやるほど、その奥深さを感じた。高評価を受けた実感がない」と感想を述べた。一方、交差点の渋滞時間の削減政策が81・3点の及第点評価に対して「交差点改良は、低コストでかなり効果を上げている。これこそ評価していただきたい。評価者にうまく伝わっていないかもしれない」と異を唱えた。

採点の仕方は、行政が施策を実施したか否かで判断する「アウトプット評価」で行われ、牧瀬准教授は「評価結果を改善して次に生かすことが重要だ」と述べた。

検証会を主催した川崎青年会議所(JC)の新井文人理事長は「検証会を通じて、市民一人ひとりに川崎の政治に興味を持つ機会にしてもらいたい」と話す。検証会は、川崎青年会議所YouTubeチャンネルで動画を配信予定。

川崎JC市長選でアンケート

川崎JCは10月10日告示、24日投開票予定の川崎市長選挙立候補予定者による公開討論会を10月5日(火)に開催する。現在、立候補予定者への質問テーマを絞るための市民アンケートをウェブ(https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfv91_2qx0BcHJNG8s6FO3QQP-5P2VS1wheyye10r_WXzjyPw/viewform)で実施している。

討論会は無観客での開催となるが、YouTubeでライブ配信する予定。

【関連記事】

おすすめの記事