Yahoo! JAPAN

池田エライザ&佐久間由衣、広瀬すずの親友役を熱演! スペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』出演決定

Pop’n’Roll

池田エライザ&佐久間由衣、広瀬すずの親友役を熱演! スペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』出演決定

池田エライザと佐久間由衣が、広瀬すずが主演を務めるスペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』に出演することが決定した。

同作は、明治時代に日本初の女子留学生としてアメリカに渡り、のちに女子教育の先駆者として活躍した津田梅子(幼名・梅)の青春を描くスペシャルドラマ。

11年間という長い留学生活で英語や先進文化を身につけた梅は、夢を叶えて仕事をしたいと考える現代の女性と同じ想いを持っており、“女性たちが自らの可能性に目覚め、行動できるように促す教育が必要!”という信念を胸に意気揚々と帰国するものの、当時の日本は絶対的かつ完全な男性上位社会。帰国後は夢を実現するどころか、働く場すらないという現実にぶつかり、さらに結婚や仕事について悩む等身大の姿にもスポットを当てている。

今回、ともにアメリカに留学し、深い絆を築いた2人の親友役・山川捨松に池田エライザ、永井繁に佐久間由衣が決定。

撮影は、国の重要文化財に指定されている明治後期の講堂『旧学習院初等科正堂』(千葉県成田市)で実施。明治16年に落成したばかりの鹿鳴館で開かれた舞踏会に3人がドレス姿で勢揃いする場面で、広瀬、池田、佐久間は、当時世界中で流行していたバッスルスタイルというスカート部分の後ろに大きくボリュームをもたせたキュートなドレスに身を包んで登場。のちに“鹿鳴館の華”とうたわれることとなる捨松役の池田や繁役の佐久間は、「ウインナ・ワルツの調べ」に乗って華麗なダンスを披露している。

スペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』より

インタビュー

■広瀬すず(津田梅役)

――梅にとって、捨松と繁はどんな存在だと捉えていますか?

広瀬:
6歳で親元を離れて留学した梅にとって、捨松と繁は友達とも違うし、戦友や同志という言葉もしっくりこない、それ以上に家族みたいな“情”を抱いている存在。3人のシーンは梅が唯一、自由になれる場なんです。素に戻れるというか、本音の自分でいてもおかしな目で見られない環境は、当時の梅にとって絶対になければいけない時間だったと思います。その時間に救われていたんだろうなと感じるし、私も演じていて楽しいです!

――捨松役の池田エライザさん、繁役の佐久間由衣さんの印象は?

広瀬:
“エラちゃん”とは1度共演したことがあるのですが、その時も今回もすごく“華”があるなと感じました。雰囲気にもお芝居にも圧倒的なオーラがあって驚かされますし、花道を歩く女性をナチュラルに演じている印象です。由衣ちゃんは今回が初共演なのですが、自然体で背が高くてカッコいいのに華やかなイメージがあって、すごく素敵だなと感じました。

――ドレスを着て鹿鳴館シーンを撮影した感想は?

広瀬:
普段、梅が着ているドレスとはまた違って、ものすごく華やか! ドラマや映画でしか観たことのない世界観だったので、貴重な経験だなと思いながら撮影させていただきました。ドレスを身に着けてのお辞儀の仕方など、立ち居振る舞いは、指導の先生に教えていただきました。

――歴史上の人物を演じる難しさは? 撮影前に準備されたことがあれば教えてください。

広瀬:
撮影前に監督とお会いして、梅の人物像について話し合うだけの時間を何度か設けていただきました。津田梅子さんについて取材を重ねた監督やスタッフさんから話を聞いて、当時を読み取る作業をしましたが、この作品では梅の内側にある想いに焦点を当てているので、心情を埋めていくのはなかなか難しいですね。でも、このドラマならではの津田梅子になれば、そしてこの作品でしかできないものが残ったらいいなと思いながら演じています。

――このドラマを通して、視聴者に伝えたいメッセージをお願いします。

広瀬:
最初に脚本を読んだ時、梅子さんたちがいたからこそ、自分たちはこんなふうに生きられるんだと実感し感動しました! 私自身、梅たちが一生懸命頑張る姿にすごく勇気をもらえるので、視聴者の方にも3人のことを知ってほしい、そしていろいろなことに気づいてほしい! 彼女たちの強さ、そして日本を変えてきた女性の原点とも言ううべき姿をたくさんの方に観ていただけたらと思います。

■池田エライザ(山川捨松役)

――捨松にとって、梅はどんな存在だと捉えていますか?

池田:
梅は、繁と捨松にとって妹のような存在。大事な局面で支えてあげたいという気持ちがありながらも、成長した時の梅の爆発力を信じている気がします。私が演じる捨松は、戦士のように自ら風当たりの強いところに進むようなキリッとした女性なのですが、3人でいる時は、どこか口調がほぐれたり、照れ笑いしたり……。捨松の中でも2人は、家族のように大きな存在なんだろうなと思うシーンばかりで、私自身、お2人との場面をすごく愛おしく感じています。

――梅役の広瀬すずさん、繁役の佐久間由衣さんの印象は?

池田:
すずは、やっぱり圧倒的! お芝居に入った瞬間から、主人公が持つ確かなエネルギーみたいなものをワーッと出してくれるんです。映画とドラマの垣根をなくしてくれるというか、どんな作品でも没頭して観られるものにできちゃう女優さんとしてすごく尊敬しています。“広瀬すずってすごいな”と思いながら、毎日過ごしています! もともと、由衣ちゃんとはお友達で、今回初めて共演するのですが、由衣ちゃんが纏っている空気感、穏やかさは人を安心させる力があるので、信頼して目を見てお芝居できるから楽しい! それは、由衣ちゃんが持つ個性であり素敵なところだと思います。

――ドレスを着て鹿鳴館シーンを撮影した感想は?

池田:
今も人々はさまざまな形で交流していますが、当時は直接、目を見て話したりダンスに興じたり、いろいろな形での社交があったんだなと感じました。ドレスは、普段の洋服の想像を超える長さ! もちろん私物ではないので、裾を踏んだりして汚さないように気をつけていますが、私たち以上に周りのスタッフさんが踏まないように配慮してくださっています。ダンスのシーンは、“鹿鳴館の華”として頑張りました(笑)!

――歴史上の人物を演じる難しさは? 撮影前に準備されたことがあれば教えてください。

池田:
捨松のことはいろいろ調べたのですが、諸説ある上に、この物語においては夫となる大山巌とのことは細かく触れられておらず、梅に寄り添う捨松として描かれています。だからこそ、捨松の一生のどのメッセージにフォーカスを当てたらよいのか、個人的にかなり考える時間を取りました。捨松の魅力は、自分たちの可能性を信じて疑わないこと。捨松のような心の強さ、根拠のある自信を持っている女性は、これからも指針になる人物だと感じています。

――このドラマを通して、視聴者に伝えたいメッセージをお願いします。

池田:
梅、捨松、繁のような人々が人生の中の十数年という時間を海外に捧げ、帰国後、日本の違和感に気づいたところから、少しずつ女性の権利が取り戻され始めたと思います。現代に生きる女性たちも自分たちに権利があることを誇りに思ってほしいし、そう思ってもらえるようなドラマにしたい。セリフ量の多さにパニックを起こしつつも、私たちなりに日本初の留学生たちの想いを背負って頑張っていますので、あらゆる世代の方に観ていただけたら嬉しいです。

■佐久間由衣(永井繁役)

――繁にとって、梅はどんな存在だと捉えていますか?

佐久間:
幼い頃から日本を離れて一緒に過ごしてきた家族であり、姉妹のような存在。また、梅はとても英語が達者なこともあり、繁は梅に期待して応援しているのだと思います。

――梅役の広瀬すずさん、捨松役の池田エライザさんの印象は?

佐久間:
すずちゃんとは初共演ですが、実際にお会いしたらとても華奢なのに、どこからそのエネルギーが出ているんだろうって興味津々です! ファーストシーンから“梅”としてそこに存在していたので、すごく素敵だなと思いました。エライザとはお友達ですが、共演は初めて。映像では大人びた雰囲気を放って、すべてにおいてパーフェクトそうに見えるのですが、普段の彼女はとてもピュアで一生懸命。そういう姿がとても健気で素敵。今回共演させてもらってエライザの放つオーラを感じながらも、カットがかかった時の“はぁー”ってホッとする姿も両方見ることができて楽しいです!(笑)

――ドレスを着て鹿鳴館シーンを撮影した感想は?

佐久間:
最初に脚本を読んだ時から、緊張しつつも楽しみにしていたシーンでした。繁たちは普段の生活でもドレスを着ているのですが、そのドレスとはまたちょっと違う、さらにゴージャスなドレスを身に着けて、かつ素敵なロケーションの中でお芝居ができました。この場に存在するだけで自然と完成するんじゃないかなと感じることができたので、ほんの少しの気持ちを添えて演じられたらいいなと考えていました。

――歴史上の人物を演じる難しさは? 撮影前に準備されたことがあれば教えてください。

佐久間:
2人に比べると、繁について残されている資料は少なくて……。それら残された書物を読んで知識として蓄えたのですが、資料がない分、想像することができるので楽しんで演じたいなと思いました。私が感じる繁の魅力は、とても現代的なところ。物語の中で結婚することになるのですが、現代女性と同じように、恋愛と仕事と友情、その3つすべてを大切にしたいと思っているんです。また、梅と捨松を陰で支えた人物だと思うので、そういう役柄として存在したいなとも思っています。

――このドラマを通して、視聴者に伝えたいメッセージをお願いします。

佐久間:
梅を筆頭に3人の女性たちが夢を切り拓いていく姿や、彼女たちのパワーを届けたいですね。私は撮影に臨む前、なぜ今この作品を届けるのかとよく考えるのですが、このドラマも今、みなさんに届ける理由がいっぱいあるはず。女性たちのポジティブなパワーが伝わればいいなと思っています。

スペシャルドラマ『津田梅子 ~お札になった留学生~』

【おもな登場人物】
■津田梅(つだうめ):広瀬すず(ひろせすず)
日本の女子教育の先駆者。女子英学塾(現在の津田塾大学)の創設者。のちに津田梅子と名乗るようになる。

1871年、洋行経験のある父・仙にすすめられるがままに、岩倉使節団に随行する女子留学生の1人として6歳で渡米。女子留学生の中で最年少だった梅は、仲間たちにかわいがられる。

真っ直ぐな性格で芯が強く、しっかりした意志を持っている。知的好奇心が旺盛で、やりたいと思ったことにはチャレンジするタイプだが、恋愛にはかなり奥手。

■山川捨松(やまかわすてまつ):池田エライザ(いけだえらいざ)
梅の留学仲間で、アメリカの大学を卒業した初の日本人女子。幼名は“咲”だったが、留学する際に、母親が“捨てて待つ”という意味で“捨松”と名づけた。自分には帰る場所がないという覚悟で留学に臨み、名門ヴァッサー大学で英文学を専攻。優秀な成績を収める。

帰国後は、17歳年上の陸軍卿・大山巌の後妻に。そんな捨松の選択に、梅は“自立せず結婚して夢を捨てるのか”と激しく反発するが……⁉︎

■永井繁(ながいしげ):佐久間由衣(さくまゆい)
9歳の時、梅たちとともに留学し、10年間アメリカで過ごした。アメリカでは音楽の才能を伸ばし、ヴァッサー大学音楽学校に入学。帰国後は音楽教師として仕事を始める。同時期に留学していた海軍軍人・瓜生外吉と、当時としては珍しい恋愛結婚をする。仕事と家庭を両立させながら活躍した女性でもある。メガネ女子。

【スタッフ】
脚本:橋部敦子
監督:藤田明二(テレビ朝日)
音楽:葉加瀬太郎
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
制作著作:テレビ朝日
制作協力:角川大映スタジオ

【あらすじ】
明治4年、6歳の津田梅は尊敬する父・仙のすすめで、日本初の女子留学生としてアメリカに渡ることになった。当時の日本には女性が質の高い教育を受けられる場がなく、優秀な男性を育てるためには母親にも教養が必要だという北海道開拓使の肝入りで、女子留学生の派遣が決まったのだ。梅のほかには14歳の吉益亮と上田悌、11歳の山川捨松、9歳の永井繁がおり、メンバーの中で最も幼いのが梅だった。仙から“国の期待を背負っていることを忘れるな”と諭された梅子は、小さいながらに家族と離れる寂しさをこらえ、使命を胸に刻んで渡米する。

アメリカで学びはじめて1年後、目の病気にかかった亮と激しいホームシックに襲われた悌の帰国が決まった。やさしい性格の亮を慕っていた梅は大きなショックを受けるが、父の言葉を思い出し、涙をこらえて留学を続ける。

明治15年、17歳になった梅(広瀬すず)は11年間におよぶ留学を終えて帰国。ともに留学をやり遂げた捨松や繁と“誰もが学ぶことのできる英語学校を作ろう”と夢を語り合う。

ところが、留学中に北海道開拓使は解散されており、事業を引き継いだはずの文部省は女子留学生に無関心で、梅は働く場所すら見つからない。国費留学生として国のために役立つ存在にならなければと思い続けてきた梅は、がく然。しかも、日本での女性の地位の低さにカルチャーショックを受ける……。

そんな中、繁が留学で出会った男性と結婚すると言い出す。日本の結婚は男女が対等ではないと考える梅は、心から祝福することができず……!? また、梅は繁の紹介で出会った大学教授・神田乃武に胸をときめかせるが、彼は捨松に好意を寄せていることがわかり……!? その後、梅は伊藤博文の妻子の家庭教師として住み込みで働くことになるが……!?

【関連記事】

おすすめの記事