Yahoo! JAPAN

北川景子主演『リコカツ』にDAIGOを気遣う声「アレしなくて良かったですね!」

Techinsight

妻・北川景子の出演作をいつも視聴しているDAIGO

女優・北川景子主演のTBS系金曜ドラマ『リコカツ』が18日に最終回を迎える。11日には第9話が放送されたが、放送後に北川の夫でミュージシャン、タレントのDAIGOが放ったツイートが反響を呼んでいる。最終回を惜しむDAIGOだが、なかにはDAIGOを気遣う声もあがっているようだ。

現在放送中の『リコカツ』は、自由奔放な家庭で育った咲(北川景子)と自衛官だった父親のもと厳格な家庭で育った紘一(永山瑛太)が、運命的な出会いを果たして“交際ゼロ日婚”するラブストーリー。生活習慣の違いなどから互いに思いを残しながらも離婚してしまうが、最終回を前にした第9話ラストでは、互いに本当の気持ちを伝えて2人の心が通い合う様子が描かれた。

北川景子の夫・DAIGOはこの第9話の放送が終わると、ツイートを更新し「自分は 泣いた そして 大人の2人なのに 最後 アレをしないのがいい。それが余計 キュンだ。」と感動したことを報告し、「来週、最終回 終わってほしくない。ずっと 咲と紘一や、みんなに会えなくなるのは 寂しい。」と最終回を残念がり、「同じ気持ちの人 リツイート!」と呼びかけた。これに5千を超えるリツイートが相次いでいる。

「ネタバレになるから詳しく書けない」とこれから視聴する人々を気にかけて「大人の2人なのに 最後 アレをしないのがいい。」とあえて“アレ”と書いたDAIGOだが、このツイートに「『アレ』しないんかーーい!!と心の中で盛大にツッコミました」「アレしなかったところが絋一さんの不器用な感じ伝わってすごくいい」「アレしないのが余計うちキュンだね」などといった感想が返信されている。そして「アレしなくて良かったですね!」「アレしなくてよかったじゃないの」「アレしたらDAIGOが泣く~と思って見てました」「DAIGOさんの事を気遣ってますね~」「リアルご家族が後ろにチラつくので、アレはなくてもいいかなってずっと思ってました」とDAIGOを気にかける声がいくつもあがっているのだ。

DAIGOが妻・北川景子の出演作についてSNSで発信するのは、今回が初めてではない。ドラマだけでなく2018年11月に公開された北川主演の映画『スマホを落としただけなのに』でも、インスタグラムで「先日映画『スマホを落としただけなのに』ついに観に行きました! 観たいというメンバーを募ったら‬事務所のスタッフ、友達、仕事でお世話になっている方々‬、後輩の小園凌央くん、新條由芽など‬なんと総勢19人!!」と公開同月に大勢で鑑賞したことを報告。「映画は素晴らしかった!! とても楽しめたし、いい時間だった!!」と絶賛してから「スマホを落としただけで、あんなことになるなんて! スマホを落とさないように気をつけようと思った!」と気を引き締めていた。

同映画で北川の恋人役を演じた田中圭と、DAIGOは同作初日舞台挨拶の翌日に新神戸でバッタリ出会い、新幹線の席も田中のすぐ後ろだったという偶然があったそうだ。大ヒット御礼舞台挨拶で北川とのキスシーンに緊張したと明かしている田中と、DAIGOは2ショットを撮って「#奥さんと田中圭さんは恋人役 #シンプルに #うらやましい笑」とインスタグラムに記したが、ラブシーンが含まれる同作もDAIGOはしっかり劇場で鑑賞したわけだ。

もっともドラマ視聴者が北川景子のラブシーンでDAIGOのことを気遣うのは、DAIGOが北川にゾッコンだということが一因だろう。2016年1月11日に結婚した2人だが、2年半以上経った2018年8月にDAIGOは北川について「まだちょっと正直、美しさに慣れていないところがありますね」とコメントしている。2019年4月にも同様ののろけ発言をしていて妻の美貌になかなか見慣れないままだという。今回の『リコカツ』でも第1話から「リコカツめちゃくちゃ面白い! でもリアルでリコカツはしたくない! 笑」「咲さんも紘一さんも最高! 第二話も楽しみ!」などと妻のドラマを鑑賞した後に感想をツイートして妻思いの姿をうかがわせているDAIGO。2020年9月には第1子女児誕生を発表してますます幸せな様子なので、北川のラブシーンで思わずDAIGOの心情を気にかけてしまうのは仕方ないことかもしれない。

画像2~4枚目は『DAIGO 2018年11月19日付Instagram「先日映画『スマホを落としただけなのに』ついに観に行きました!」、2018年11月14日付Instagram「昨日話で出たみたいなので載せちゃうぞと!」』『【公式】リコカツ -TBS金曜ドラマ- & リコハイ 2021年6月5日付Instagram「Thank you」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事