Yahoo! JAPAN

『頑固な性格の犬種』3選!接し方のコツやNG行為を解説

わんちゃんホンポ

頑固な性格の犬とは?その特徴や接し方のコツなどを解説

頑固な性格が多いと言われている犬種を紹介する前に、まずは頑固な犬の特徴や接し方のコツについて解説していきます。皆さんの愛犬は当てはまっていませんか。

1.頑固な性格の犬の特徴

頑固な性格が強く出ている犬は、良くも悪くもマイペースです。自分の意思を曲げることなく貫き通す意志が強いため、時には飼い主さんが困ってしまうこともあるでしょう。頑固な犬には以下のような特徴が見られます。

✔自分の欲求や意思を曲げない
✔飼い主の指示や呼びかけを無視することがある
✔嫌なことは絶対に嫌!

わがままに頑固さが出てしまうと少々厄介ですが、飼い主への忠誠心にその頑固さが現れることで、飼い主や家族のことは絶対に守ってみせるという強い意志に繋がることも多いですよ。

2.接し方のコツやNG行為は?

頑固な犬には接し方も注意しなければいけません。素っ気ない態度をとったり嫌なことを全力で拒否したりするからといって、大声で怒鳴ったり感情的に叱ったりするのはNGです。

そのように対応してしまうと余計に頑固さに磨きがかかってしまい、飼い主と犬との間に亀裂が入ってしまう恐れもあります。

頑固な犬には、犬自身が「それをやりたい」「こうしよう」と思えるような工夫を取り入れる必要があります。例えば、しつけのトレーニングにはご褒美としておやつを用意したり、楽しくトレーニングに取り組めるように遊びを取り入れてみたりすると良いでしょう。

また、その時にその行動をするのが嫌ということもあるので、そのような時は無理にやらせようとせず少し時間を置いてから再チャレンジしてみましょう。

『頑固な性格の犬種』3選

頑固な性格は個性でもあります。特に犬種の中では和犬に多いと言われており、ネット上でも頑固さが大変だけれど可愛らしいという声も上がっています。ここでは一般的に頑固と言われている犬種を、3犬種ご紹介していきます!

1.柴犬

頑固な性格の犬と聞いて、真っ先に思い浮かんだという人もいるのではないでしょうか。柴犬は和犬として世界的にも人気が高まっている犬種です。

もともと番犬や猟犬として活躍していた犬種でもあるため、勇敢さと賢さ、さらに自立心が強い傾向にあります。そのため、小さい頃からしつけられたことは最後までやり抜く我慢強さを持つ一方、時には自分の意思を決して曲げない頑固さが出ることでも有名です。

ネット上では、よく柴犬が散歩中に歩かなくなったという投稿が多くみられます。これも柴犬ならではの「散歩に飽きた」「疲れた」「今は休憩したい」という頑固さが出ている代表的な例です。

2.秋田犬

頑固な犬種の代表として有名な犬種が秋田犬です。今では世界的にも有名な犬種となり、あの「忠犬ハチ公」の犬種としても知られています。

秋田犬も飼い主と一緒に狩りを行っていた犬種なので、非常に勇敢で賢く、そして警戒心も強い動物です。さらに忠誠心も高いため、その忠誠心が愛らしいと秋田犬愛好家も多いほどです。

しかしその反面、自分の気持ちに素直に従う傾向が強い犬種なので、頑固な性格が出る場面も多いです。飼い主以外の人に警戒心を見せることはもちろん、時には飼い主の言うことすら聞かない犬もいます。

3.ヨークシャーテリア

小さく愛らしい、優雅な被毛を持つヨークシャーテリアも頑固な犬が多い犬種として知られています。ネズミを捕まえる犬として活躍していた時代もあるため、狩猟犬と同じような性格を持っています。

とても勇敢で賢く、さらに活発な性格の子が多く独立心も強いです。小さい体ながらも気の強さを持つ犬が多いため、それが時に頑固さとなって現れることもあります。

特に、先に紹介した柴犬や秋田犬に比べると体も小さいので、飼い主が甘やかしやすい傾向もあります。そのため余計にわがままに拍車がかかり、頑固な性格が強調されてしまうこともあるといいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。頑固な性格は、短所だけでなく長所も兼ね備えています。「うちの子は頑固だから」と諦めるのではなく、根気強く工夫を取り入れながらトレーニングを続けることで、しつけを確実に学習できるようになります。

【関連記事】

おすすめの記事