Yahoo! JAPAN

犬の『人気の名前』7選!聞き取りやすい名前の特徴とは?

わんちゃんホンポ

聞いたことある!飼い主が犬に付けている人気の名前7選

皆さんは愛犬にどのような名前をつけていますか。毎年保険会社などから新規で登録された犬の名前をランキング化して、人気の名前ランキングが発表されています。今回は、その中から飼い主が犬に付けている人気の名前を7つご紹介します!

1.ココ

男の子と女の子の総合ランキングで、なんと10年連続1位を獲得している名前が「ココ」です。同じ音と2文字という呼びやすい名前が人気の理由と言えます。

また、男の子でも女の子でも付けやすい中性的で可愛らしい名前です。男女別に見ると、男の子はランキング15位ですが、女の子側が圧巻の1位を連続して獲得しています。

2.マロン

マロンも男の子女の子共に人気の高い名前です。2020年のある名前ランキングでは、1年前のランキングから1つ順位を落としたものの、第4位と人気の高い名前として挙がっています。

マロンは女の子が11位、男の子が5位と男の子の名前としてつけられることが多いようです。3文字で可愛らしい響きが人気の理由でしょう。

3.モモ

和犬から洋犬まで、幅広い犬種に人気の名前として「モモ」が挙げられます。正式には、カタカナ、ひらがな、「桃」の漢字と、3種類の名前がありますが、ランキングでは、すべて同じ音としてランクインしています。

古くから日本人の子どもに名付けられる音でもあることから、多くの人に馴染みのある名前の「モモ」。そのため、総合ランキングでは5位、女の子ランキングで2位、そして女の子の漢字表記ランキングでは10位にランクインしています。

4.チョコ

食べ物の名前から愛犬に名付ける飼い主さんも多いですよね。その中でも代表的な名前として「チョコ」があります。

チョコは男女ともに名付けやすい中性的な名前なので、総合ランキングでは8位、男の子部門では9位、女の子部門でも13位と健闘しています。

ただし、よくチョコを食べるご家庭の場合、「チョコ」という単語を発するだけで反応してしまうなどの可愛い誤解も生まれやすいです。

5.サクラ

女の子のワンちゃんに多い和名として、サクラもよく耳にします。この名前は、「サクラ」「さくら」「桜」と様々な表記で登録されています。

サクラは女の子に特化している印象が強い名前なので、総合ランキングでは10位以内にランクインしていません。しかし、女の子のランキングには、数年間続けて10位以内にランクインし続けている根強い人気を持つ名前です。

6.ソラ

こちらは男の子に多い名前です。「ソラ」という呼びやすい2文字に爽やかな印象を与える人気の高い名前です。

女の子のランキングでは、10位以内にランクインしていないものの、男の子のランキングでは堂々の1位を獲得。さらに男の子の漢字部門でも1位を獲得していることから、総合ランキングで第3位と上位にランクインしています。

7.コタロウ

最近ではコタロウという日本らしさを感じる名前をつける飼い主さんも多いです。こちらは男の子に多く見られ、男の子部門では第3位、男の子の漢字部門では、第3位に「小太郎」が、そして第9位にも「虎太郎」という表記でランクインしています。

コタロウという名前をつけられているわんちゃんの場合、そのまま「コタロウ」と呼ばれていることもあれば、「コタ」「コタちゃん」などと愛称呼びされているケースもあります。

犬が聞き取りやすい名前の特徴はこれ!

ここまで人気の名前をご紹介してきましたが、実は人気の名前に共通点があることにお気づきでしょうか。これらは犬にとっても聞き取りやすい傾向が見られます。

✔名前の文字数が2〜3文字
✔名前に母音が入っている
✔名前の母音がa/u/o

今回ご紹介した名前は、どれも2〜3文字、あるいは「コタロウ」のように伸ばして発音する名前でした。また、犬は子音を聞き分けることができないため、母音を入れた名前の方が正確に聞き取れるとも言われています。

反対に、家族と似た名前や同じ名前は、混乱してしまうため、覚えるまでに時間がかかりやすい傾向にあります。また、5文字以上など長すぎる名前も正確に聞き取れないため、反応が鈍くなることがあります。

これからわんちゃんを迎える方は、こうした犬が聞き取りやすい名前の特徴を踏まえて、名付けてあげると良いかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬の名前ランキングは毎年発表されています。その年によって人気の音や漢字なども影響しているので、ぜひ気になる方は調べてみてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事