Yahoo! JAPAN

記念日の華やかなケーキから、ふだん使いのおやつまで。 季節を感じる幸せスイーツ『パティスリーレグレット』実食レポ 姫路市

Kiss

淡いキャメルカラーの外観

レトロな講堂が国の有形文化財にも指定されている兵庫県立大学の西側、姫路市新在家本町にあるパティスリーレグレットへ行ってきました。

淡いキャメルカラーの塗り壁に大きなデコレーションケーキのタペストリー、季節のお花と一緒に並ぶ大きなソフトクリームで、ここが一目でケーキ屋さんと分かる可愛らしい外観です。

店名の由来でもある『レグレット/白鷺』


お店に入ると真正面には、店名の由来でもある『レグレット/白鷺』がお出迎え。白鷺城の愛称で親しまれている姫路城と同じく、威風堂々とした凛々しい姿です。

ショーケースには旬のフルーツたっぷりのケーキが


店内の棚には焼き菓子、コーヒー、紅茶をはじめ、プレゼントに喜ばれそうなマグカップなど様々なアイテムが並びます。季節の果物を使った彩り豊かなケーキのほかに、ロールケーキやフルーツたっぷりのタルトなどが並ぶショーケースは目移り必須ですよ。

ポリフェ(620円/税込)


今回はこれから夏の季節におすすめの『ポリフェ』を紹介していただきました。大粒のブルーベリーが行儀よく並ぶ姿は上品なアクセサリーのようで素敵です。

新作のポリフェをカットしていただきました


「ぜひ断面を見てください」とのことで、特別にカットしていただきました。抹茶のグリーンが差し色でとても美しい!私にとってブルーベリーと抹茶の組み合わせは初めてだったのですが、「甘酸っぱさ」と「ほろ苦さ」はとても相性が良い事を知りました。抹茶のガナッシュはスタッフさんの間でも評判が良いそうで、私もそのなめらかな口触りに一瞬で虜に!もう少し季節が進むと、オーナーのご実家で栽培されたブルーベリーも使われる予定とか。太陽の恵みをたっぷりと受けたブルーベリーも楽しみですね。

晴れた日のテラス席


『ポリフェ』をいただいたイートインスペースは、お隣の兵庫県立大学構内の風景が借景となり、緑豊かな風景が広がります。お店横の階段を十数段上っただけで、これほど広い空を満喫できるとは。ゆっくりコーヒーを飲んだり、ケーキを楽しんだり、色々な楽しみ方ができそうです。

見た目は普通のカヌレ…食べたら驚きのくちどけです!


取材の日は、ファンも多いというカヌレも焼きあがっていましたよ。「見た目は普通のカヌレなのですが、食べると他店さんと違いがあるのです」とオーナーさんのコメント通り、私が今まで食べたものとは全くの別物でした。

とても歯切れがよく、口の中でさらりと溶けるくちどけ。このくちどけは小麦粉を使わずに米粉で作られているからだそうです。味のある小麦粉と違い、米粉のみで作ることで味はすっきりとクリア、ラム酒の香りも程よくたっています。それでいて、カヌレのサクッカリッとした外側の美味しさはもちろん健在。この違いは本当に食べてみないと分かりません。

湿度に弱いカヌレは、毎日お店に並ぶわけではないそうです。素材の旬、気候の変化もお菓子つくりに反映されていると思うと、店頭で出会うケーキや焼き菓子ともちょっとした運命を感じます。

シュークリーム(220円/税込)とカヌレ(180円/税込)


カヌレのお隣、取材時に多くのお客様が注文されていた『オリジナルシュークリーム』は、注文を受けてからクリームを詰めて渡してくれるスタイルです。「サクサクの状態を楽しんでいただきたいので、賞味期限はなるべく早く」とお考えのよう。二階のイートインスペースでほおばるのも良いですね。

人気のシュークリームはご予約がおすすめですが、デコレーションケーキのご予約も同様におすすめです。なんと、デコレーションケーキをご注文の方には、次回ご利用いただける10%オフのチケットがプレゼントされるのだとか。「10%オフのチケットは様々な商品で使えるので、記念日のケーキや、ふだん使いのおやつにもぜひご利用ください」とのことでした。

たっくの思い出生ブッセ


ふだん使いのおやつには『たっくんの思い出生ブッセ』や『マカロン』はいかがでしょう?生ブッセはオーナーパティシェである『たっくん』さんの心の中で思い描く、『幸せな子どものおやつ』という感覚だそうです。気軽に買える場所にあって、でもちょっと特別感もある。食べると幸せになれるおやつですね。

マカロンはチョコ味です


そして『姫路で一番映えないマカロン』と自信を持ってご紹介してくれたこちらのマカロン、映えない理由を聞いて納得です。少々地味なその薄い茶色は、マカロン生地がチョコレート味になっているから。イチゴやコーヒー、ショコラの風味は中のクリームで味わうことができます。地味な見た目でちょこっと映えないかもしれないけども、味は絶対の自信あり。茶目っ気と、いつものおやつのレパートリーにぜひ!という想いを感じるショーケースの一角でした。

半年後や、更にその先のイベントに向けて準備を開始するというその忙しさの中にあっても「お客様の喜ぶ顔が見れるから、頑張れます」とオーナーからは力強いお言葉と今日一番の笑顔をいただきました。姫路の街をおおらかに見守る白鷺城のように、皆さんの幸せな時間とともにある、パティスリーレグレットなのでした。

場所
パティスリーレグレット
(姫路市新在家本町3-1-17)

営業時間
10:00~19:00
第一木曜日は焼き菓子デー 11:00~17:00
焼き菓子デー開催日や営業時間は変更になる場合があります。

定休日
水曜日

駐車場
3台

【関連記事】

おすすめの記事