Yahoo! JAPAN

浜見平地区 官民連携しまちづくり 4者協定を締結〈茅ヶ崎市〉

タウンニュース

左から益永代表理事、佐藤市長、田島本部長、前田支社長

茅ヶ崎市と、独立行政法人都市再生機構、大和リース株式会社、NPO法人まちづくりスポット茅ヶ崎の4者は、浜見平地区におけるエリアマネジメントの推進に関する連携協定を、昨年12月22日に締結した。行政、行政法人、民間企業、NPO法人の4者での連携協定は、全国的にも珍しいケースで、官民連携を更に推進し、持続可能なコミュニティを育むことができるまちづくりの実現を目指す。

市は、都市再生機構による浜見平団地の建替え事業に併せて、同地区を市南西部の生活・防災拠点、景観拠点として位置づけ、地域特性を踏まえたコンパクトで持続可能な地域社会・地域活動の実現を目指し、まちづくりを進めている。

同地区中央部に位置する生活拠点ゾーンの整備がおおむね完成を迎え、今後のまちづくりにおいて更なる官民連携の推進を図るため、協定を締結した。

今後、賑わいの創出や多様な世代の居場所づくり、自助・共助の仕組みづくりの構築、防災・災害対応力の向上等について継続的に連携、協力および検討を行っていく。

住み続けられるまちを目指す

昨年12月22日、ブランチ茅ヶ崎3(浜見平)で行われた締結式には、都市再生機構東日本賃貸住宅本部の田島満信本部長、大和リース横浜支社の前田博之支社長、まちづくりスポット茅ヶ崎の益永律子代表理事、佐藤光市長が出席。ともに協定書にサインをした。

田島本部長は、2005年に団地事業に着手してからの進捗を説明した後、「ますますエリアマネジメントが必要になる。将来住み続けてもらえるよう、積極的にまちを作っていきたい」とあいさつ。佐藤市長は、「この締結を機に、『茅ヶ崎と言えば浜見平』となるよう、地域が輝いていくことを願う」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 7戦連続0封で2軍防御率0.00!疲労の色見える阪神投手陣の救世主として矢野監督が1軍復帰期待する左腕とは!?

    ラブすぽ
  2. HKT48、<阿蘇フェスティバケーション>出演決定! 田中美久「地元・熊本でのイベントに出演できてとっても嬉しい」

    Pop’n’Roll
  3. プラスチックごみが環境に及ぼす影響/インターナショナル教育とSDGs 第5回

    ソトコトオンライン
  4. 【便利な夏の新アイテム】真夏でも最高の快適を…装着したまま心地よい風を浴びれる新感覚首掛け扇風機

    ソトコトオンライン
  5. 【Excel】選択範囲に合わせて見切れている範囲も表示させる方法

    特選街web
  6. 前島亜美、MCを務めるポッドキャスト番組 第2弾配信スタート!

    Pop’n’Roll
  7. 沖縄のおすすめのパフェ店6選 地元民も観光客も通う人気店

    まっぷるトラベルガイド
  8. 自然派ワインに合わせてしっかり食事ができるワインバー《福岡市中央区》

    UMAGA
  9. 紺野まひる、山崎静代(南海キャンディーズ)らジュニアファイブ新作公演『白が染まる』メインビジュアル&作演出・小野健太郎のコメントが公開

    SPICE
  10. 懐かしさを感じる美味しさ!中洲のど真ん中にある「精肉店のコロッケ」

    UMAGA