Yahoo! JAPAN

ピカソよりはお買い得?叶姉妹アート作品、最低価格は1320万円から

フジテレビュー!!

現代美術家・笹田靖人さんと叶姉妹のアートコラボレーションが東京都内で開催されています。

5月14日まで開かれている笹田さんの個展『CHAOS』。TERADA ART COMPLEX 2F Contemporary Tokyoで叶姉妹のアートコラボの原画2作品が展示されています。

叶姉妹/叶恭子(左)、叶美香(右)

「ピカソに比べたらすごいリーズナブル」

叶姉妹とのコラボについて笹田さんは「おふたりは美とセンスの塊で憧れの存在で、いつか描かせていただく機会があったらと思っていた」とのこと。

打ち合わせでは、いろいろな画風の作品を持参したそうで、「『笹田さんのこういうところが好きです』とおっしゃっていただき、お好きなものや傾向が確認できました。ハッキリとした意見をいただいたので、そのやりとり自体が僕の財産です」と語りました。

一度描き終えて観てもらった際、全体的には「すごく良い」と言われながら、メイクへのこだわりなどのアドバイスをもらったそうで、「すごく勉強になりました。一度描き上げた作品でしたが、やればやるほど、よりおふたりの顔に近づきクオリティーが上がっていきました」と制作期間を振り返りました。

さらに、「普段から美しいものを身につけ、見続けているからこその感性なのだなと思いました。僕の意見を伝えると『笹田さんがおっしゃるなら、そうだと思います』と受け入れてもらえて、誰も妥協をしない、120パーセントのコラボレーションになりました」と印象深かったやりとりを語りました。

個展では、複製原画や2作品を元にしたスカーフ、Tシャツなどのコラボグッズが販売されています。

叶恭子さんは「完成に至るまで、ここはこうしてほしいです、などやり取りをさせていただり、長い道のりがあったので感動的。細部にまで情熱を込めたのが伝わってきたので、時間を忘れて描いてくださったんだろうなと思いました。改めて、すばらしい作品で、アメージング」とコメントしました。

また、叶美香さんは「本当に、ファビュラスな作品でグッドラック。観ていて幸運になれるかなという幸せ感があります。暗いニュースが多い中、後光が射すような作品です」と語りました。

2作品の原画の販売価格は、1320万円と2200万円。そのことについて、恭子さんは「他の作品や、ピカソに比べたらすごいリーズナブル」と答えました。

写真/NAOTO OHKAWA

【関連記事】

おすすめの記事