Yahoo! JAPAN

レイクトローリングで53cm頭ビワマス7匹 握り寿司は大好評【琵琶湖】

TSURINEWS

ビワマスの釣果(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

12月9日、釣友の熊澤さんに誘われ、同氏と小崎さんの3人で、ビワマス釣りに挑んだ。良型交じりに7匹をゲットした釣行をレポート。

琵琶湖でビワマス釣り

当日は、滋賀県長浜市西浅井町菅浦にあるレンタルボートを利用。午前7時に受け付けを終え、熊澤さんの操船で竹生島訪問に向かった。私たちは今年、12月1日の解禁に合わせて琵琶湖引き縄漁の承認を取得。私と小崎さんは初めてのチャレンジだ。

クルージングを楽しみながら、20分ほどの航程でポイントに到着。当日は曇天で風も弱く、湖面も穏やかな釣り日和だった。

琵琶湖の名所竹生島(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

ボートのトモ座に2本と、両舷ミヨシ側に各1本ずつのサオ4本出しでビワマスを狙う。熊澤さんは水深65m付近の場所で、貝殻素材のスプーンをセットした仕掛けを投入。

ここから、低速で船を進めながら仕掛けを流し、ビワマスを狙っていく。私と小崎さんはミヨシに座り、サオがたたかれるまで見張り役でのんびり待った。

極太53cmビワマス登場

午前8時すぎ、小崎さんが「おっ! きた~」と大声を上げた。置かれたサオを見るとサオ先が曲がり、たたかれている。小崎さんがトモ座に座り、アワセを入れて巻き上げる。熊澤さんが素早くネットを持ち、取り込みの準備が整った。

そのあいだ、私が操船ハンドルを握る。やり取りのあと、ネットに収まったのは、極太の53cmのビワマス。ビッグサイズに全員が喜んだ。

当日の最長寸となる53cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

続いて良型48cm

しばらくクルージングをしていると、今度は左舷ミヨシのサオが曲がった。

私がアワセを入れると、確かな生命反応が感じられる。ゆっくり巻き上げると小崎さんがアシストしてくれ、ネットイン成功。これも48cmの良型で、魚体は銀色に輝いている。早朝のモーニングタイムは、ビワマスも食欲旺盛だ。

筆者にも
48cm良型ビワマス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

続いて、トモ座のサオが叩かれ、三連発でビワマスを仕留めた。熊澤さんもビワマスの釣れ具合を見てひと安心したようだ。

大型を痛恨のバラシ……

このあと、水深50mの浅場のポイントに移動して仕掛けを投入したが、30cm前後のウグイが連発して参った。

この浅場のポイントは見切って、竹生島周辺の水深70m前後の場所で仕掛けを投入した。軽い食事で口を動かしていると、小崎さんが「きた、きたあ」と大声を上げた。熊澤さんが巻き上げると、サオの曲がりはかなり大きい。

小崎さんがアシスト役でネットを持ち、取り込み姿勢に入った。大きな魚体が見えたところで、ビワマスが一気に横走りした。熊澤さんは必死に耐え、ゆっくり慎重に巻き上げる。

しかし、浮上したビワマスに、小崎さんがネットを差し出した瞬間、「ああ~っ」と悲鳴とため息が聞こえた。「バレちゃった」と三人がそろって苦笑い。とても大きなビワマスだっただけに残念……。

最終釣果は7匹

その後、防寒着を脱ぐほどポカポカ陽気になったが、釣りのほうは悪戦苦闘。なかでも、仕掛けどうしが絡んでのロスタイムは痛かった。やむを得ず、終盤はサオ2本出しでビワマスを狙った。

そんなこんなで午後3時すぎに沖上り。私たち三人の釣果は、ビワマス36~53cmを7匹。ヒット数は11回あり楽しめた。

翌日の我が家の夕食で、ビワマスを寿司にして食べた。家族からは「めっちゃおいしいね」と声が上がりうれしかった。次回のチャレンジが楽しみだ。

家族に大好評だったビワマスのにぎり寿司(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

<週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postレイクトローリングで53cm頭ビワマス7匹 握り寿司は大好評【琵琶湖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事