Yahoo! JAPAN

犬にカメラを向けると目を逸らしてまう心理3選!キレイに撮るためのコツとは?

わんちゃんホンポ

なぜ目を逸らすの?犬の心理をご紹介

飼い主さんの中では、愛犬の写真を一日に何枚も撮る方も多いのではないでしょうか。

一眼レフカメラはもちろん、最近ではスマホのカメラの性能もとても良く、まるでプロが撮ったかのような仕上がりになります。

しかし、カメラを向けると目を逸らしたり、横を向いてしまったり、逃げ出す子もいるでしょう。

実はこのとき、犬にはさまざまな心理が働いているんです。

カメラを向けると目を逸らしてまう心理①威嚇されて怖い

実は、犬目線からカメラを見ると、レンズが動物の目のように見えるんです。

犬は目を合わせることが苦手な動物で、他の犬から目をじっと見つめられると、「威嚇されている」「ケンカを売られている」などの敵意や対立、攻撃の意味を感じ取ります。

これを犬のカーミングシグナルといい、不安やストレスを感じている恐れがあります。

スマホのカメラのレンズは小さいので見えないかもしれませんが、一眼レフカメラはレンズがとても大きいので、犬にとっては恐怖の対象でしかありません。

好奇心旺盛な性格の子や子犬ならカメラに近づいてきてくれるかもしれませんが、ほとんどの犬は、恐怖や不安が芽生えてしまうでしょう。

カメラを向けると目を逸らしてまう心理②飼い主さんに怒られて怖い

愛犬にカメラを向けて「動いちゃダメ!」「じっとして!」と大きく声をかけたことはありませんか?

犬は学習する動物なので、カメラを持っている飼い主さんに一度でも怒られたことがある子は、カメラに対して不安や嫌悪感を持っています。

「なんで怒られたんだろう?」「なにか悪いことしたかな…」と困惑したり落ち込んだことを覚えているのでしょう。

とくに、ご飯を食べているときやゆっくり寝ていたとき、オモチャで遊んでいたときなどは、犬にとって至福の時間となります。

そんなときに怒られた場合は、「あの物体を持っている飼い主さんは怖い=あの物体が嫌い」を認識し、目を逸らしてしまうのです。

カメラを向けると目を逸らしてまう心理③カメラの音が怖い

一眼レフカメラやスマホから発せられる音が怖いと感じている場合があります。

例えば、レンズが縮んだり伸びたりする起動音やシャッターの音など。

得体の知れない物体が聞き慣れない音を出しながらこちらをじっと見ていたら、それはそれはストレスですよね。

試してみよう!愛犬をキレイに撮るコツ

犬がカメラを向けると目を逸らすのは、カメラそのものが怖いからということが分かりました。

では、キレイに撮るにはどうすれば良いのでしょうか?

実は、ちょっとしたコツでキレイに撮ることができるんです!

愛犬をキレイに撮るコツ①「カメラは友達」と思わせる

まずは、カメラを「敵じゃない」「怖いものじゃない」と思ってもらうことが大切です。

とくに一眼レフカメラは、月に数回のお出かけや誕生日などのイベントのときなどしか登場しない場合が多いので、より身近に感じてもらう必要があります。

普段から愛犬の目に入る場所に置くことで、カメラは怖いものと認識させないことができます。

また、飼い主さんがカメラを持ってニコニコ楽しそうな姿を見せることで、カメラに対する不安や恐怖心が消えることも望めます。

愛犬をキレイに撮るコツ②ご褒美をあげる

愛犬に「カメラは友達」「カメラは身近な存在」という認識を持ってもらったら、さっそく撮っていきましょう。

片手で一眼レフカメラやスマホを持って、愛犬にレンズをゆっくり向けます。

もう片方の手で小さいサイズのオヤツを持ち、ゆっくりとカメラの方へ近づけ、愛犬の気を引かせます。

目線を誘導したら、良いタイミングでシャッターを押します。その直後にオヤツをあげ、思いっきり褒めてあげましょう。

こうすることで、犬は「シャッター音を聞く=オヤツがもらえる=楽しい」と認識してくれます。これはクリッカートレーニングといいい、「良い行動をしたらオヤツがもらえる」という犬の学習能力による方法になります。

まとめ

とてもいい表情をしていたのに、カメラを向けると目を逸らしたり、撮れたと思って写真を確認したらブレていて顔が映っていなかったりと、動き回る愛犬を写真に収めるのは大変ですよね。

確かに犬にとってカメラは、不思議な物体として警戒するかもしれません。

そこで「うちの子はカメラが苦手だから…」と諦めず、その愛らしい姿をカメラに撮ってみましょう!

そうすることで、愛犬とのコミュニケーションの時間となり、また新たな愛犬の一面も発見できるかもしれません。

【関連記事】

おすすめの記事