Yahoo! JAPAN

今さら聞けない「ワーム」のキホン:『シルエット』ってそもそも何?

TSURINEWS

クリア系ワームにヒットしたメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ソフトのワームを使う釣りでは、シルエットが重大要素である。では、そのシルエットとはそもそも何なのだろうか。

ワームのシルエット

ワームのシルエットとは、そのまま、シルエット=影である。魚の視覚がどうであるかは魚種ごとに分かれるようだが、たとえば、アジは一般に色盲だといわれる。色がわからないのだ。他の魚もおそらく人間のようにはっきりと色が識別できていないのではないだろうか?そこで問題となるのが、どちらかといえばワームの色というよりは、影というわけだ。

シルエット、影像。その大小と濃淡が、海の状況や釣り物の活性に合わせてキーとなる。

シルエットの大小

まず、よくいわれるシルエットの大小について。これはもう単純にワームの大きさと言っていいだろう。ワームが大きいものはシルエットが大きい、小さいものは小さい。またその中でも、クリア系のワームはより小さく見え、ソリッド系のワームは大きく見えるはずだ。

ワームの大小=シルエットがキホン?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

魚種にもよるが、たとえばどこに群れがいるかわからないアジングならば、まずサーチ面で効率をよくするために、シルエットが大きいワームを使う。アタリが出れば、その出方を分析して、ワームをチェンジするか、ジグヘッドの重量を調整する。

通いなれた場の特性として小さめのワームしか食わないパターンもある。これはソルトでもフレッシュウォーターでも同じだろう。そういう場所ではアングラーの経験から、最初からコレというサイズのワームを通した方がいい。

シルエットの濃淡

ワームのシルエットが濃い、淡い。すなわち濃淡を考えて釣ることも大事だ。

これはデイ(日中)ならば、ワームのその色がそのまんま魚に見えていると思った方がいいだろう。事実はおそらくそうではないのだが、たとえば日中にピンクというカラーはさすがに見切られる。はっきりと色がわかる魚ではなくても、不自然なモノ、に見えるはずだ。

デイゲームはなるべくナチュラルに見せられる、いわば水色に溶け込む淡いクリア系のワームがいい。それもドクリアに近いほど反応がよくなる。ただブラックバスや、ソルトならばカサゴなどは、デイでも色を問わないところがあるので、そのへんは魚種ごとに調整を。

ナイトゲームで濃淡は重要

何よりソルトのナイトゲームで、ワームのシルエットの濃淡は重要度が高い。まず魚の活性がどうか、ということだが、魚の活性が高い場合は、シルエットがある程度以上出るワームの方が反応はいい。つまりソリッド系だ。

ただ、ソリッド系のカラーはどれだけ高活性でも、特にアジ・メバルといった夜のライトソルトの代表ターゲットは、ちょっと下手をするとスレるので、筆者個人としてはソリッド系に偏食するパターン以外では、まず優先的には使わない。

魚が低活性から中活性くらいのときには、ワームがナチュラルに見せられる淡いシルエットのワームがいい。ワームの向こうが透けて見えるカラーで、色は様々だが、ともあれクリア系は万能である。無難ともいえる。

またシルエットを見せるかどうかということで、月回りとの関係も知っておきたい。月の光量が多いほど、白系のカラーはシルエットが際立つそうだ。満月回りで活性が高いターゲット相手には、白系でいくといいかもしれない。

満月回りの高活性なメバルは白系で釣る(提供:TSURINEWSライター井上海生)

シルエットと波動の関係

同じくワームの見せ方をいう言葉で、「波動」というものがある。これはシルエットとは別物で、シルエットはワームを止めた状態で魚に見えるもの、そして波動はワームを動かしたときに出るもの、そのワームが水を動かす量、微妙な水流である。

それぞれの大小の組み合わせの合算で魚に対するアピール力が決まるので、どちらも意識して釣っていきたい。

まずは見せすぎないが無難

ワームのシルエットは、特にライトゲームにおいては、基本的に最初はあまり見せすぎない方がいいだろう。というのも、シルエットの大きい・濃いワームに見切られると、疑似餌そのものにスレてしまい、あとからシルエットの小さい・淡いワームに食ってこなくなる。

月回りの他にも澄み潮・濁り潮などでワームのシルエットは調整せよという考え方もあるようだが、このへんを組み合わせて考えると混乱するばかりで、さらにワームカラーには確実に地域性も絡む。よって、「ともあれ釣り始めはシルエットを見せすぎないこと」と決め込んで、クリア系で大きすぎも小さすぎもしないワームで釣っていくことをオススメする。

クリア系で2inch級までがひとまず万能(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けない「ワーム」のキホン:『シルエット』ってそもそも何?first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事

新着記事

  1. 【オンモシェライブ】四千頭身やさらば青春の光など人気芸人たちが巻文化会館で最高に楽しいお笑いライブを開催!

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. いつでも「発見」できる棚づくり、谷根千のうれしい路面書店『往来堂書店』

    さんたつ by 散歩の達人
  3. 「momovege」目と舌で楽しむ!果物と野菜が美味しいサンドやパフェ

    PrettyOnline
  4. 授業中もコロナ対策するぞ!→生徒「黒板見えない」 シュールすぎる教室の光景にネット騒然

    Jタウンネット
  5. 照れてる猫?ほっぺの茶色い毛がチャームポイントの猫さん

    おたくま経済新聞
  6. 犬の可愛い仕草ランキング

    わんちゃんホンポ
  7. エビ中、過去の「なないろ」ライブ映像4本を公開決定! 「なないろ – From THE FIRST TAKE」本日9/24配信スタート

    Pop’n’Roll
  8. 葉山カナ(純情のアフィリア)[インタビュー]「一緒にたくさん想い出を作りませんか?」全国ワンマンツアーへの想いを語る

    Pop’n’Roll
  9. 渚カオリ(純情のアフィリア)[インタビュー]「1公演1公演、魂をぶち込みます!」ワンマンツアーへの想いを語る

    Pop’n’Roll
  10. 「息子が友達の指を嚙んでしまった…」悩みすぎて胃が痛い。読者が体験した「子どもの友達トラブル」大公開

    saita