Yahoo! JAPAN

犬の散歩は『ダブルリード』がオススメ!正しい方法やコツを解説

わんちゃんホンポ

ダブルリードのメリット

多くのペットホテル等では、お預かりしているわんこのお散歩をする際にダブルリードを使用しています。これはお客さまからお預かりしている大事なわんこに万が一のことがあっては大変だから。このことからもダブルリードにはさまざまなメリットがあることがおわかりいただけるのではないでしょうか。では、具体的にどんなメリットがあるかを見て行きましょう。

不慮の事態に対応できる

リードが老朽化していてお散歩中に引っ張った弾みに切れてしまった、手が滑ってうっかりリードを放してしまった、そんなトラブルでヒヤッとした経験がある飼い主さんも少なくないのではないでしょうか。そんな瞬間もダブルリードであれば安心。両方のリードが同時に切れてしまったり放してしまったりする可能性は極めて低いですから、片方が切れてしまってももう片方は手元に残ります。

首輪とハーネスの良いとこどりができる

首輪でお散歩をしている人もいれば、ハーネスでお散歩をしている人もいるかと思います。首輪は装着がお手軽で外れにくいというメリットがありますが、引っぱり癖のあるわんこだと首や気管に負担をかけてしまうリスクもあります。

一方、ハーネスはわんこの身体への負担が少ないのはメリットであるものの、慣れないと装着が難しかったり後ずさりしたときにスポッと抜けてしまうことがあります。ダブルリードの場合、首輪とハーネスそれぞれにリードを着けるため、首輪とハーネスの良いとこどりができます。

迷子や事故のリスクを減らせる

上にご紹介したようなケースで愛犬が自由になってしまうと、そのまま脱走して迷子になってしまったり、交通事故に巻き込まれてしまうリスクが高まります。ダブルリードを使用していれば片方のリードに何かがあっても、もう片方のリードが残るので迷子や事故のリスクを格段に減らすことができます。

ダブルリードの正しい方法

ではダブルリードの正しい方法を見て行きましょう。といっても、下記のポイントを押さえればそんなに難しいことはありません。用意するのは2本のリードと首輪、ハーネスのみです。2本のリードは1本をメインリード、もう1本をサブリードとして使用します。

首輪とハーネスにそれぞれ着ける

愛犬に首輪とハーネスを装着したら、2本のリードのうち1本を首輪に、もう1本をハーネスにつなぎます。メインリードとサブリードのどちらをどちらにつなぐかは特に決まっていませんが、一般的にハーネスにメインリードをつないだ方が身体への負担を減らすことができます。

サブリードは身体に装着するタイプを

メインリードは普段通り、飼い主さんが手に持ってコントロールする形で使用しますが、サブリードは手で持つよりも、飼い主さんの肩にかけたり腰に巻き付けたりした方がより安全性が高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ダブルリードは慣れるまではがさばるので面倒くさかったり、リード同士がからまってしまうのが煩わしかったりするかもしれません。ですが愛犬の安全を第一に考えると、お散歩にぜひ取り入れたいものです。愛犬のお散歩でヒヤッとした経験が少しでもある人はぜひこの機会にダブルリードを検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

おすすめの記事