Yahoo! JAPAN

【ユニクロ】おしゃれコーデ術!夏まで着られる「涼しげカラーボトムス」厳選

ウレぴあ総研

リーズナブルな価格ながら、高品質なアイテムが多い人気ファッションブランド「UNIQLO(ユニクロ)」。

今回は、そんなユニクロで厳選した、トレンドをおさえた「夏まで着られる明るめカラーのボトムス」を厳選してレビューします!

おすすめのコーディネートも紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

夏まで着られる!「ユニクロ」明るめカラーのボトムスをレビュー

レギュラーフィットストレートハイライズジーンズ

今年らしいシルエットのデニムをチョイス。お値段は税込3990円です。

カラー・サイズ展開

定番のブルーはもちろん、オフホワイトやブラック以外にトレンドのライトグリーンを含めた5色展開。

サイズは21〜36までの13サイズ展開です。

ユニクロのボトムスは、商品によっては標準丈と丈長めの2種類のレングスを展開しているものがありますが、今回紹介するレギュラーフィットストレートハイライズジーンズはレングスは1種類展開でした。

今回は、オフホワイトの24を選びました。

手触りや着心地・おすすめポイント

クリストフ・ルメール率いるデザインチームが上質なワードローブを追求するコレクション「Uniqlo U」のデニム。

コットン100%で、13オンスのため、軽すぎず重すぎず、標準的な厚さのデニムです。

ストレッチはありませんが、スキニーのようなデザインではないため、動きやすく、履いていても楽チンです!

筆者は身長155cm標準体型で、ユニクロのデニムはウエストに合わせて大体23を選ぶことが多いのですが、こちらのデニムはウエストに合わせると、コンプレックスの腰回りや太もものラインが目立つように感じたため、今回はワンサイズ大きい24を選びました。

座った時にウエストは手のひらが入るほどの余裕がありますが、ずり下がってしまうことはありませんし、トップスをインするのにも余裕があるので、ワンサイズ大きいサイズを選んで正解でした!

近年はオーバーサイズのボトムがトレンドですが、今年はレギュラーフィットのサイズ感にトレンドがシフトしています。

脚のラインを拾いすぎず、またオーバーサイズ過ぎることもないサイズ感がトレンドにピッタリですし、ハイウエストデザインなので、脚長効果は抜群!

今回はショップで試着をして購入しましたが、ヒールを履いて行かなかったため、その場で裾上げをどのくらいするか決められず、裾上げはしませんでした。

ユニクロでは、裾上げサービス実施店舗で取り扱いのある補正可能なボトムス商品に限り、後日裾上げサービスをしてもらえますので、自宅で手持ちの靴と合わせてどのくらい裾上げするか、確認しても良いと思います。

ロールアップをしても可愛いデザインなので、ヒールに合わせて長めの丈にカットをして、ローヒールの時はロールアップをするようにしても良さそうです!

色は爽やかなオフホワイトを選びましたが、真っ白すぎず、かといって生成りすぎない絶妙な白。合わせるものによって、カジュアルにもきれいめにも履けそうです。

白いボトムは下着が透けないか気になるところですが、こちらのデニムに関しては下着が透けることはなかったので、安心して履けるところも嬉しいですね。

おすすめコーディネート

今回は、カジュアルな着こなしはカーキブラウンのフレンチスリーブTシャツを合わせてみました。

オフホワイトのデニムは、テラコッタやブラウンなどの夏にピッタリなトレンドカラーを合わせるのがおすすめ!

フェミニンな着こなしは、襟元が大きく開いた白いブラウスを合わせてオールホワイトコーデにしてみました。

今年はブラウスがトレンドで、いろいろなデザインのものが展開されていますので、大人かわいいコーデにはブラウス合わせがおすすめです。

クレープジャージーテーパードパンツ

清涼感のあるクレープジャージー素材がこれからの季節にぴったりな、テーパードパンツをチョイス。

お値段は税込1990円です。

カラー・サイズ展開

ライトグレーやブラック、ネイビーの定番カラーに、大人かわいいピンクを含めた4色展開。

サイズはXS〜3XLまでの7サイズ展開です。

ユニクロのボトムスは丈標準と、丈長めの2種類のレングスが展開されている商品がありますが、クレープジャージーテーパードパンツも対象の商品です。

今回はピンクのSサイズ、丈標準を選んでみました。

手触りや着心地・おすすめポイント

以前トップスのレビュー記事でも紹介したクレープジャージーシリーズのテーパードパンツ。

サラリとした手触りで清涼感のある素材です。

ポリエステル100%なので、シワになりにくく、速乾性に優れているのも嬉しいポイント。

通気性も高く、ストレッチも効いているので、これからの季節にピッタリなボトムスです。

ウエスト部分はゴム仕様になっているため、履いていてとっても楽です。

また、ゴム仕様になっているのは後ろだけで、前はフラットなデザインになっているのできれいめスタイルはもちろん、オフィスカジュアルにも使えそう!

体のラインを拾いにくいリラックスシルエットですが、裾はすっきりしていて細見えするテーパードパンツなので、オンにもオフにも大活躍すること間違いなし。

前にはタックが2本入っているため、着る人の体型を選ばずにフィットするようになっていますし、ポケット付きなのも嬉しいポイント。

筆者はいつもユニクロのボトムはSサイズを選びますが、こちらも通常通りSサイズでぴったりでした。

ウエストはゴムなので、太ももやヒップに合わせてサイズを選ぶと良いと思います。

また、丈は標準サイズでくるぶしがちょうど見えるくらいでした!

色はベージュがかったピンクで、大人かわいい絶妙なピンク。

淡い色のボトムは膨張して見えるかなと心配だったのですが、裾が細くなるテーパードシルエットなのですっきりと着こなすことができました!

淡い色ですが下着が透けることはなく、ゆとりのあるデザインなのでラインを拾うこともありませんでした。

とにかくサラサラで涼しく、着心地の良い素材で、ゆとりのあるデザインなので、これからの暑い季節に一押しのボトムです!

おすすめコーディネート

フェミニンな着こなしは、同シリーズのフレンチスリーブトップスを合わせて、セットアップで。

ヒールを合わせればよりスタイルアップしますし、少しフォーマル風に着こなすことができます。

カジュアルなコーディネートは、ネイビーのオーバーサイズシルエットのTシャツを合わせてみました。

ローヒールサンダルを合わせれば、カジュアルなリラックスコーデに。

ボトムが淡い色の時は、トップスを濃い色にすると締まって見えます!

リネンコットンショートパンツ

リネンの風合いが心地よいショートパンツ。お値段は税込1990円です。

カラー・サイズ展開

ベーシックなオフホワイトやネイビーはもちろん、オレンジやオリーブなど夏にピッタリなカラーも豊富な7色展開。

サイズはXS〜3XLまでの7サイズ展開です。

今回は、カラーアイテムでも合わせやすいオリーブのMサイズを選んでみました。

手触りや着心地・おすすめポイント

リネンの清涼感とコットンの柔らかさを合わせ持つブレンド素材を使用しているため、着心地は抜群。

リネンはものによってはごわついていたり、少し硬く感じることもある素材ですが、コットンが入っていることによって肌触りは柔らかくとても着やすいです。

近年またショート丈のボトムスがトレンドで、ユニクロでも今年はショートパンツがたくさん展開されていますが、年齢を重ねると脚を出すのに抵抗がある、という人も少なくないですよね。

こちらのリネンコットンショートパンツは、ショートパンツでも着丈が長めで、きれいなAラインシルエットなので、ショートパンツに抵抗がある方でもチャレンジしやすいデザインかと思います。

後ろはゴム仕様なので、着心地は楽チン!

前はタック入りで、お腹周りをすっきりと見せてくれますし、シャツインしてもきれいに決まるところも嬉しいポイント。

筆者はいつもユニクロのボトムスはSサイズを選ぶことが多いのですが、今回はMサイズを選んでみました。

オンラインショップのサイズガイドによると股下の長さは変わらないそうですが、試着してみたところ、Mサイズの方が少し股下も長く見え、裾幅も広いため細見えする印象でした。

ウエストはゴムですし、ベルトループもついているので、いつもよりワンサイズ大きいサイズを選んでも良いと思います。

色は合わせやすいカーキのようなオリーブを選んでみました。

夏はもちろん、秋口も履けそうな色味がGood!

大人が履くのにちょうど良い丈感で、シルエットも綺麗なので、これからの暑い季節にぜひ1枚は持っていたいアイテムです。

おすすめコーディネート

カジュアルな着こなしは、ホワイトのフレンチスリーブTシャツにスニーカーサンダルを合わせてみました。

ヒールの高いスニーカーサンダルを選べば、よりスタイルアップできます!

フェミニンな着こなしは、キャミソールの上から大きめのシャツを羽織ってみました。

ショートパンツでも、シャツのインナーをキャミソールにすることによって、女性らしい印象を受けますよね。

足元はあえてスニーカーを合わせて抜け感を出してみました。

カラーボトムスにチャレンジするのは勇気がいる、という方でも、お手頃価格のユニクロでしたらチャレンジしやすいのではないでしょうか?

今年の夏は例年よりも暑いと予想されていますので、ぜひユニクロで涼しく過ごせるボトムスを探してみてくださいね。

(ハピママ*/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事