Yahoo! JAPAN

SLJゲームで多魚種好釣果 早めのピッチに好反応【長崎・Seasonal】

TSURINEWS

良型イサキ手中(提供:週刊つりニュース西部版・総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ・トーナメントプロ専攻1年・濵池圭祐)

長崎県佐世保市相浦の遊漁船Seasonalのお世話になり、SLJを楽しんできた。本命イサキはもちろん、アコウに人生初の青物もゲットした釣行をリポートする。

SeasonalでSLJ

6月14日、午前3時30分に福岡を出発し向かったのは、長崎県佐世保市相浦。今回SLJでお世話になる遊漁船Seasonal(シーズナル)の船長にあいさつをし、6時に出船。

梅雨真っただ中の九州地方。当日は梅雨とは無縁の夏日に迫る猛暑日。この日は最高気温23度の晴天無風状態。波もほぼなく20分ほどで最初のポイントへ着く。潮も動いていない状態。しかし、魚探には水深15m付近に魚の反応。

タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻1年 濵池圭祐)

使うジグは左右非対称の形が特徴的なジャックアイマルノミーの金緑。水深も30m近くあり最初は60gを使い、ジグを底まで落とす。アタリはなく同船者がベイトであろう小さなサバを釣ったのみ。早々に見切りをつけ次のポイントへ。

同じく水深30m近くあり、魚探には全層にびっしり魚の反応。ジグは替えずに底まで落として1シャクリ目でヒット。なんの抵抗もせず上がってきたのは20cm程度のきれいなアラカブ。その後も魚は上がるも根魚やエソが多く、ここも移動。

本命良型イサキゲット

時間は8時をすぎ、3か所目に着いたときには潮が動き始め、釣れやすい状況に。

水深は25m程度で相変わらず魚影は濃く、反応も良かったのでマルノミーをそのまま使用。着底させシャクリの動作は変えず、シャクリのピッチのみを変更。

やや早めのピッチで6回程度シャクリと着底を繰り返す。すると念願のヒット。サオ先を「ガンガンガン」と叩くようなアタリで上がってきたのはターゲットのイサキ。しかも型も良く、腹も大きく卵が入っている。

同船者も良型手中(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻1年 濵池圭祐)

同船者にもヒットするが、あとが続かずポイントを移動する。

予想外の45cmアコウ登場

太陽もほぼ真上で照り返しが厳しい時間帯に。午後0時30分に4か所目に到着。水深も40m近くあり魚影も全層に反応あり。

ここで予想外のアタリが。マルノミーで底を取りシャクろうと思いサオを軽くあおったら、バットから曲がりサオ先に明らかな反応。今までに感じたことのない重い引き。見えた魚は大きなアコウ。サイズは45cmのぷっくりお腹を持つ大物。周りの同船者も驚愕。

ピッチの速いアクションで青物

その後はイサキがぽつぽつと上がるが、船長の判断でポイント移動。5か所目も水深40m近くあるポイント、20mラインに反応あり。時間は1時30分を回り、潮も止まっていた。

オオモンハタも出た(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻1年 濵池圭祐)

ここでもジグはマルノミー。重さは60g。誘い方は魚の反応が中層付近ということでシャクる回数を多くし、ピッチも速く魚にアピールするようにした。イサキが同船者のサオに掛かったが、私には思わぬゲストが。

中層付近までシャクると強烈なアタリ。ドラグが止まらず、横へ走り必死の抵抗。「青物だ」と船長に言われ人生初の青物をキャッチすべく丁寧にファイト。

2.5kgヤズ浮上

サオもバットから曲がり、ラインもPEライン0.8号で船底を回避しながらようやくキャッチ。上がったのは2.5kgのヤズ。水面まで上がってきたときの青白いきれいな魚体は忘れられない思い出になった。

ヤズも仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻1年 濵池圭祐)

その後はイサキや根魚も上がるが、サイズが伸びず4時に納竿。今回はベイトの数も多く、早いピッチへの反応が良かった。

SLJではメインターゲット以外にも豪華な顔ぶれが見れ、ライトなタックルでの繊細なやり取りもあり、初心者から上級者まで楽しめる釣りである。

<週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻1年 濵池圭祐/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postSLJゲームで多魚種好釣果 早めのピッチに好反応【長崎・Seasonal】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事