Yahoo! JAPAN

ハンデ戦だが、重斤量は強さの証しと考えてOK!【シルクロードS】競馬初心者講座講師:長谷川雄啓の過去10年データ分析!

ラブすぽ

ハンデ戦だが、重斤量は強さの証しと考えてOK!【シルクロードS】競馬初心者講座講師:長谷川雄啓の過去10年データ分析!

シルクロードS(日曜・中京)芝1200m

芝1200mのハンデ戦。

例年、京都で行われる重賞ですが、昨年同様、今年も中京での施行。データは、それらを合わせた、過去10年で見ていきたいと思います。

1番人気は〔210〕、2番人気は〔411〕、3番人気は〔220〕。

6番人気以下〔029〕、2ケタ人気馬〔007〕。

馬連3ケタ2回に、万馬券なし。

勝つのは4番人気までの馬で、昨年も4番人気が優勝しています。

その一方で、3着に7番人気以下の馬が来なかったのも昨年のみとなっています。

ステップレースを見ていきましょう。

スプリンターズSから〔220〕。人気、着順は不問。

マイルCSから〔001〕。15着馬。

阪神Cから〔200〕。4着以内の馬。

スワンSから〔001〕。17着馬。

京阪杯から〔420〕。掲示板5頭と、5番人気7着の馬。

OPの淀短距離Sから〔154〕。3着以内8頭に、2番人気5着馬と4番人気8着馬。

尾張Sから〔101〕。勝ち馬と2番人気11着馬。

ラピスラズリSから〔001〕。3着馬。

3勝クラスから〔012〕。勝ち馬2頭に、4着馬1頭です。

トップハンデは、10年で12頭いて〔120〕。

勝ち馬のハンデは58~53キロで、平均すると56.45キロ。

2着馬は59~53キロで、平均55.95キロ。

3着馬は57~53キロで、平均55キロ。

55キロで勝った馬は2頭いますが、どちらも牝馬。牡馬は56キロ以上の馬がV。

2着も牡馬は55キロ以上。重いハンデは強さの証しと考えてよさそうです。

連対20頭すべてに、芝1200mでの勝ちがありました。

また、連対20頭中、18頭に芝1200mの重賞連対かOPクラスの勝ちがあり、残る2頭は前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりの馬です。

勝ち馬で見ると、7頭に重賞勝ちがあり、3頭は重賞2着かOPクラスの勝ちがありました。

実績重視の重賞です。

前走の距離で見ると、1200mが〔8107〕と抜けて好成績で、続いて1400mが〔202〕、1600mが〔001〕となっています。

牝馬は〔332〕。人気馬もいれば、2ケタ人気馬もいます。

関西馬が〔1088〕。関東馬は2着まで。

最後に年齢別で見ておくと、4歳〔332〕、5歳〔232〕、6歳〔444〕、7歳〔100〕、8歳〔001〕、9歳〔001〕。

4~6歳の3世代。中でも6歳馬の頑張りが目立っています。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』

【関連記事】

おすすめの記事