Yahoo! JAPAN

アジングステップアップ解説:経験者のための「リール」選択術

TSURINEWS

アジングで使用しているリール(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジングにはライトゲーム専用のリールもあれば、汎用の1000番2000番を使用することもできる。今回はアジングのリールの選択基準について、細かい部分まで考えてみよう。

アジングリールの基本番手

アジングのリールは、スピニングリールを用いる。ベイトフィネスリールでもできなくはないが、ベイトリールでは1.5gくらいからしかキャストができないようで、今のアジングロッドのベイト用というと製品も少ないことから、マニアックな世界のお話となる。

一般的にはスピニングリールの1000番、2000番が推奨される。一部、キャロライナリグを使う釣り方が主な場合や、磯場などでのアジングで、あるいはもう一番手大きい2500番を用いることもあるかもしれない。

次に、1000番手と2000番手、ほとんど同じサイズのものをどのように使い分けるかという部分に踏み込んでいこう。

前提として、シャロースプール。釣り方はスローアジングで、ハイギアではなくローギアモデル。また、現在多くのリールメーカーでは1000番手も2000番手もボディサイズは同じで、スプール径が違う。ここでもこれを基本として話を進める。

ショートロッドには1000番推奨

まず、5~6ftというショートレングスのアジングのジグ単では、1000番手を推奨する。

1000番手のキモは、ほとんどの製品が、スプール径約40mmという小ささだ。アジングロッドはバットガイドまでの距離が短く、またガイドリングが小さい傾向にあるので、少しでもスプール径がコンパクトなほど、キャスト時に放出されるイトの収束がいい。つまりバックラッシュしにくい。

一部、2000番と比べて、1000番の方が飛ぶという話が聞かれるが、筆者の経験上、実は検証してみたこともあるのだが、かわらなかった。おそらく飛距離に関して、大きな違いはないはずだ。

飛距離はそれほどかわらない(提供:TSURINEWSライター井上海生)

軽さとギア比も注目

最新のリールは必ずしもそうではないが、一部1000番と2000番では、同一機種で、重量が異なるものもある。1000番の方が軽いことがあり、その方がアジングタックルではアドバンテージがあるだろう。

筆者は1000番手の注目点は「ギア比」だと思っている。ギア比とは大体の意味として、ハンドルを一回転させてどれくらいのイトを巻き取るかで、ギア比が低い方が巻き取るイトの量が少なく、アジのバイトを拾いやすい。掛ける前や掛けてからのやり取りでも「今のはギア比でバラしたかもしれないな」ということが、感覚的にあるのだ。参考までにギア比が低いリールというと、1000番では、4.6~4.9くらいとなる。

2000番と例外的な2500番

2000番のリールはスプール径が42~43mm程度となる。半径1~1.5mm、1000番手より大きい。メバリングロッドとの相性はばっちりの番手だ。

機種によっては1000番の展開がないものもあり、2000番が最小となる。またその他メバリングと両立する意味で、2000番を使用するアングラーも多いようだ。

2000番のメリットは、7ft近くなるサオとのマッチングのよさ。また大型の魚を掛けたときのやり取りが、1000番より安定してできることだろうか。ギア比も1000番より多少高めで、イトを巻き取る量が多い。そのため、やや速めのアジングや、高活性な巻きパターンなどとは相性がよさそうだ。

対大型魚には2000番(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これはあくまで筆者の感覚だが、あえてデメリットを挙げるとすれば、エステルライン運用で、バックラッシュは2000番の方がしやすい気がする。

2500番の使いどころ

一般的なジグ単のアジングではあまり出番のない2500番。ソルトでは、タックルバランスから考えても8ft前後のロッドと組み合わせるものだ。ただし、一部、ショアからアジを狙う場合でも使いどころはある。

たとえば、PEラインや太めのエステルラインを使ったキャロライナリグの遠投。小磯で7ft台のロッドを使ったゲームで、魚に根に走られないように早めに勝負を決めたいとき、など。

「バランス」と「自分の釣り方」

1000番、2000番の違いを細かいところまで見てきた。結論を言うと、アジング用のリールを選ぶ際に重要なのは、上記のような細かい差異を頭に踏まえながら、ロッドとのバランスを見ることだ。

たとえば5ft台でルアーウェイト2.5gまでしか投げられない自重50gアンダーのロッドがあったとする。この場合は1000番だろう。

6.4ftでルアーウェイト5gまで投げられる70gのロッド。これなら2000番がよさそうだ。

自分の釣り方

自分の釣り方と、リールの世界観も一致させたい。筆者の偏見かもしれないが、ライトゲーム用と銘打って出ているのは大体メバリング重視で、2000番のギア比も5.6程度とわりと高いものが多い。こうなると、私のフィネスなアジングには合わないリールとなる。

1000番、2000番。選択基準は、「ロッドとのバランス」「自分の釣りの性分」が大きな要素を占める。アジング1年目、まだどんな釣りをしていいか分からない方には、1000番を推奨したい。

リールは「好み」も大きい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

<井上海生/TSURINEWSライター>

The postアジングステップアップ解説:経験者のための「リール」選択術first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ひよこのオモチャと出会った子猫ちゃん! ドキドキしながら、パンチしたりカミカミしたりする姿が♡

    PECO
  2. 三重県内2人感染 四日市市以外の発表なし 新型コロナ

    伊賀タウン情報YOU
  3. 石川梨華「亮磨くん 本当にお疲れ様でした!!」引退の夫労う

    ナリナリドットコム
  4. STU48が天竺鼠・瀬下とゴン攻め!注目度爆上がりのスケボーにチャレンジ

    ひろしまリード
  5. <我が家のメンテナンスの悲劇>戸建て築10年以上に住んでいるママ教えて!給湯器、外壁屋根塗装、シロアリ駆除……。ママたちの修繕費の内訳は?

    ママスタセレクト
  6. 【10分最速レシピ】味付けは「めんつゆ」「ハチミツ」だけ。何時間も煮込んだようなコクの“鶏ゴボウ煮”

    saita
  7. ミニチュアアーティスト・Mozu(モズ)、有望な若手クリエイターに贈られる「NY ADC Young Guns 19」を受賞

    SPICE
  8. 「プーマスウェード」がアップデート キャンペーンモデルは北村匠海

    SEVENTIE TWO
  9. 高橋メアリージュン、綾野剛に「毎度感動しています」

    ナリナリドットコム
  10. 「小倉城・小倉城庭園から望む月」「皿倉山から望む月」が「日本百名月」に認定 

    北九州ノコト