ミルクボーイを“クズ芸人”から立ち直らせた和牛 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

ミルクボーイを“クズ芸人”から立ち直らせた和牛

ナリナリドットコム

お笑いコンビ・ミルクボーイが、2月12日に放送されたバラエティ番組「すじがねファンです!」(テレビ朝日系)に出演。“クズ芸人”時代から立ち直らせた、和牛・水田信二(39歳)とのエピソードを語った。

昨年のM-1王者に輝き、現時点で今年4月まで休みなし、スケジュールがビッシリだという売れっ子のミルクボーイ。しかし、かつての売れない頃には、ギャンブルで借金を作る内海崇と、週6で先輩と遊びほうけていた駒場孝、2人ともが自堕落な生活で漫才を怠けていた“クズ芸人”時代があったという。

ただ、そんなミルクボーイは2017年頃から再び漫才に情熱を注ぎ、M-1優勝へと繋がっていくのだが、“クズ芸人”時代からの脱却には、先輩である水田との絆があったそうだ。

駒場は「昔、サボる前のときは、(水田に)結構お世話になってて、遊ばせてもらったりもしてたんですけど、今田(耕司)さんと水田さんと僕で飲ませてもらってるときに……」と語り、今田が「水田がものすごい熱く、駒ちゃんに『先輩の金でタダ飯食って、旅行して飲んで、お前、それでええんか』みたいな。もっとこうしたほうがええんちゃうかって」と続ける。

そして駒場は「サボり出してからきっと相手にされてない……じゃないですけど、ちょっとちゃうんやなって思われたと思うんですよ、そのとき。その場で久しぶりにお会いしたときに、それ言われて、めっちゃ僕は『すみません!水田さん……』っていうのはめちゃくちゃあって」と振り返り、「そのあとも、和牛とミルクボーイの4人で今後の会議とかずっとしてくれて。もうずっとお世話になって」と、和牛との秘話を明かした。

このエピソードを聞いていた、ゲストのナイツ・塙宣之は「(和牛とミルクボーイが出ていた昨年の)M-1もう1回見よ。興奮するーー!ミルクボーイ優勝したときの後ろの水田くんの顔、もう1回見よう」と嬉しそうに語った。

【関連記事】

おすすめの記事