Yahoo! JAPAN

【台湾Webツアー】穴場中の穴場を紹介!現地ツウお気に入り「台湾ディープグルメ」【艋舺(萬華)編 #最終回】

ウレぴあ総研

青山宮。入り口は狭いが、奥行きがある立派な100年超えの廟

台北Webツアー艋舺編の最終回は、旅行者にはあまり知られていない穴場エリアを歩いてみよう。艋舺に足繁く通った筆者が教えるスポットをチェックしながら、地元民目線でこの土地の魅力を感じてほしい。

龍山寺に次ぐ魅力的な廟

艋舺(萬華)といえば龍山寺が有名だが、それとは別に、裏通りに筆者お気に入りの廟がある。観光客に人気のある龍山寺の北側に位置し、普段は人の出入りがそれほど多くないのだが、実は100年あまりの歴史を持つ『青山宮』だ。

青山宮は龍山寺から西園路をまっすぐ北に向かうと、貴陽街と交わる辺りにひっそりと存在する。一年に一度、艋舺青山祭典というお祭りの時期になると近隣から人が集まり、祀られている御神体を担いで艋舺を練り歩く巡業が行われる。艋舺が一年でもっとも賑わう時期だ。

青山宮がある辺りは艋舺の老街と呼ばれていて、古い建造物が点在しているので散歩が楽しい。青山宮は、入り口は狭いが奥行きがある立派な建物。台湾の廟らしくいろいろな神様が祀られているのだが、主に疫病を防ぐことで知られている。

一時期、コロナを封じ込めたと言われる台湾だが、もしかしたら去年あたりから参拝客が増えたかもしれない。

1階の中庭のような場所では線香をたいてお祈りをしたり、赤い三日月型の木片でおみくじを引いたりすることができる。

街歩きや買い物をしながらぶらりと散歩がてらに立ち寄るのがネイティブ流だ。

地元民気分で利用したい麺の店

青山宮がある貴陽街に、地元の人たちに人気の麺店がある。青山宮から西へ十数メートル歩いた角にある『一肥仔麺店』だ。

乾麺や湯麺といったシンプルなメニューと、黒白切と呼ばれる豚肉やモツの薄切りが絶品。

飾り気のない店内には、近所の親子連れや中高年のグループなどが集う。なんでもない日の、なんでもない食事。

外食が当たり前の台湾では、この店のようにシンプルなラードかけご飯(台湾の子どもたちにとっては卵かけご飯のような存在)、サッと湯がいただけの青菜、千切りショウガがそえられた豚肉のスライスなど、シンプルだが栄養バランスの取れた食事を提供してくれる店というのは実にありがたい存在。

豚肉のスライスや、ほんのりピンクがかった柔らかい豚レバーなど、酒の肴に最高のメニューがあるのに、ビールすら置いていないのが残念だが、これが台湾の麺店の特徴だ。

『一肥仔麺店』は夜の8時には店じまいしてしまうので、早めに入って豚肉のスライスで一杯やるのも楽しいだろう。

穴場中の穴場、プロ仕様の食材市場

艋舺にはもうひとつ、かなり穴場なスポットがある。台北最大といわれる卸売市場『環南総合市場』だ。

ここは、市街にある雙連市場や東門市場などとは規模が違う。大きな食堂や業者などを相手にする大型市場で、扱っている野菜も肉も1ロットがとても大きい。

東京でいえば築地や豊洲の市場のような存在だ。一般人向けの市場が午前7時頃から昼頃まで営業するのに対し、環南総合市場の営業時間は午前2時から。

そして早朝6時頃には営業を終える店もある。

一般客も入れるので、アフターコロナの台北旅行のとき、ぜひ足を運んでみてほしい。

早起きして出かけたい米粉麺の店

この迫力ある卸売市場の近くに、とっておきの朝食店がある。米苔目(ミータイムー)と呼ばれる、米粉で作られた麺を扱う『環南米苔目』だ。

環南総合市場の営業に合わせ、開店は午前6時前。艋舺の繁華街から少し離れているため旅行者は少ないのだが、広い店内は市場に出入りする人たちでいつも賑わっている。

この店の米苔目はボリュームがあるので「小」でも十分すぎるほど。ふわふわっとした食感と、ほのかな米の香り。この味を超える米苔目にはまだお目にかかったことがない。

さらにすばらしいのが黒白切だ。『一肥仔麺店』の庶民的な黒白切とは異なり、『環南米苔目』は豚の脊髄など、鮮度が問われる希少部位も用意されている。

これも卸売市場が近いためだろうか。肉やモツはどれもボリューミーで、2〜3人でシェアするのがちょうどよい。

数回にわけて艋舺の街を歩いてみた。70年代から80年代が全盛期だった艋舺は、人も街も高齢化が進んだものの、懐かしい店や建物の宝庫だ。

台湾を自分の足で歩けるようになったら、筆者がまっさきに再訪したいところだ。

4月23日(金)20時、光瀬憲子のオンライン講座「台湾の夜市朝市」開催

4月23日(金)20時~21時は、オンライン講座「台湾朝市・夜市の楽しみ方」です。

7年間の台北在住経験と豊富な取材経験から、台湾ロスが癒せる話がたっぷり聴けます。申し込み詳細は朝日カルチャーセンターまで。

(うまいめし/光瀬 憲子)

【関連記事】

おすすめの記事