Yahoo! JAPAN

柳浩太郎をはじめ、日・英・バングラデシュのキャストが出演 『テンペスト~はじめて海を泳ぐには~』

SPICE

『テンペスト~はじめて海を泳ぐには~』

2021年6月1日(火)~6日(日)あうるすぽっとにて、インクルーシブ・シアタークリエーション・プロジェクト 日・英・バングラデシュ3か国共同事業『テンペスト~はじめて海を泳ぐには~』が上演されることがわかった。

2019年2月に、障害のある/なし、国籍、性別、年齢、経験などを超え、あらゆる人々が共に享受できる良質な舞台芸術の創造を目指し、英国の演出家ジェニー・シーレイの呼びかけのもと日本、英国、バングラデシュの3か国の障害のあるアーティストによる新しいプロジェクトがスタートした。各国で参加アーティストによるワークショップ、クリエーション・ミーティングを重ね、2020年5月の作品上演を目指していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い上演は延期に。だが、コロナ禍においても、海を越えてオンラインによるワークショップを継続し、2021年6月に上演が決定した。今回、新型コロナウイルス感染症の影響により、演出家のジェニー・シーレイは英国からオンラインで日本のアーティストに対して演出を行う。また、英国、バングラデシュの役者は映像によって出演する。

ジェニー・シーレイ

総合演出を務めるジェニー・シーレイは、本作の題材としてシェイクスピア作『テンペスト』を選び、時代設定を現代に置き換えて、さらに新型コロナウイルス感染症の影響に見舞われた世界の有り様も反映しながら、大胆に新作として上演する。嵐により遭難した人々が孤島に流れ着くことから物語が始まる『テンペスト』は、島国である日本、英国、そして水害に見舞われることも多いバングラデシュの3か国で取り組む作品としてふさわしいと思った、とジェニー・シーレイは語っている。『テンペスト』には、運命、大自然の驚異、神々の導き、時の流れによる和解など、ロマンチックで超自然的な要素が散りばめられ、人間礼賛、人間肯定といったシェイクスピアのメッセージを読み取ることができる。このメッセージを、個々の様々な障害やバックグラウンドを持つ出演者たちが、それぞれに異なる表現方法で、観客へ、そしてその先の世界へ真っ直ぐに伝える作品を創造する。

ジェニー・シーレイは英国のグレイアイ・シアター・カンパニーの芸術監督で、日本、インド、スリランカ、ブラジルなどで様々なワークショップや公演を行い、障害のある人々の表現活動への参加の拡大に寄与する活動を積極的に行っている。特に手話と音声描写を効果的に取り入れた革新的な作品は、高い評価を得ている。日本人演出家として選ばれた大橋ひろえは、第7回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど女優としての活躍が印象的だが、本プロジェクトで本格的に演出家としてのキャリアを重ねる。またもう1人の演出家、岡康史は、静岡を拠点に障害のある演出家・劇作家として劇団を主宰し活動している演劇人だ。

大橋ひろえ

岡康史

キャストには、ミュージカル『テニスの王子様』の初演時に、主役・越前リョーマ役として鮮烈にデビューし、絶大な人気を博した柳浩太郎をはじめ、ワークショップで選ばれた日本人4人、英国人3人、バングラデシュ人2人の3か国の障害のあるアーティスト、そして新たに、聴覚障害のある母親に育てられたコーダの俳優、吉冨さくらを迎え、それぞれの文化や言葉、障害の違いを超えて共演する。

柳浩太郎

吉冨さくら


【関連記事】

おすすめの記事