Yahoo! JAPAN

6.8畳1K。デッドスペースを有効活用するベッド周りの整え方

とりぐら

6.8畳1K。デッドスペースを有効活用するベッド周りの整え方

素敵な部屋の実例をご紹介。今回取り上げるのは、1Kに暮らすpin_room_さん。塩系インテリアや北欧モダンをテーマにリラックス感のある部屋で暮らしています。今回は素敵にまとめているベッド周りをクローズアップ。写真も参考にライフスタイルやおすすめアイテムなどをチェックしていきましょう。

via

www.instagram.com

6.8畳の1Kで一人暮らしをしているpin_room_さん。塩系インテリアや北欧モダンをテーマにした部屋はリラックスできる空間です。

pin_room_さん6.8畳1Kvia

www.instagram.com

via

www.instagram.com

pin_room_さん家具はなるべく直線的なものを選び、すっきりした印象にしています。その中に木の温もりを感じるナチュラル素材を取り入れることで、リラックスできる部屋を目指しました。 色味や素材のバランスを考えてコーディネートすることを心がけています。

via

www.instagram.com

部屋をすっきりさせるため、家具や小物は厳選したものしか置いていません。6.8畳という限られたスペースを有効活用させるための、ベッド周りのアイデアや工夫は参考になるものばかり! 早速、素敵なベッド周りをご紹介します。

便利なコンセント付き! スリムなサイドテーブル

via

www.instagram.com

寝る前に間接照明の明かりを灯したり、スマホを使ったりする際、枕元にコンセントがあると便利です。コンセントが付いていないベッドの場合は、コンセント付きのサイドテーブルを取り入れるのがおすすめ。
pin_room_さんが使っているのは、「インテローグ」で購入した2口コンセント付サイドテーブル(税込3951円)。幅20cmとスリムで、ベッド横の隙間にコンパクトに収まります。A4サイズ対応のオープン棚が付いているため、寝る前に読みたい本や雑誌も収納できます。

ベッド下をおしゃれな収納スペースに

via

www.instagram.com

6.8畳という限られたスペースをできるだけゆったりと使うには、デッドスペースを最大限に活用したいもの。pin_room_さんは、ベッド下の空間を収納に使っています。

pin_room_さんベッド下収納は、シルバー系のボックスでそろえました。使っていないベッドリネンや、メルカリで使う梱包材を収納しています。
愛用しているのは、「無印良品」のトタンボックス・大(税込1590円)や「通販のTK style shop」のブリキトランクSサイズ(税込5500円)。シルバー系のボックスなら、ちらっと見えてもインテリアの邪魔をせず、部屋を整頓できますね。

まとめ

塩系インテリアや北欧モダンがテーマのpin_room_さんの部屋は、ベッド周りをスッキリ&機能的にまとめるテクニックが詰まっていました。シンプルなベッドを使っている場合は、ベッドサイドにスリムな2口コンセント付きのサイドテーブルを置くと、ベッド周りの機能性がグンとアップします。
また、ベッド下を収納として活用するため、トタンやブリキのおしゃれなボックスを使っていましたね。6.8畳1Kのpin_room_さんの部屋のように、スペースが限られている場合は、機能性のある家具はコンパクトなものを選び、デッドスペースも上手に収納として使いたいですね。
※写真は全てpin_room_さんより提供

【関連記事】

おすすめの記事