Yahoo! JAPAN

DCドラマ『Stargirl』が正式にアローバースの仲間に!ゴールデン・エイジ時代のフラッシュが登場

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

2020年5月に米CWで放送開始されたDCドラマ『Stargirl(原題)』に、『THE FLASH/フラッシュ』のキャラクターが登場し、正式にアローバース(現在はCWverseに改名)に仲間入りを果たすことが明らかとなった。米Entertainment Weeklyが報じている。

今年、CWで放送開始予定の『Stargirl』シーズン2の第9話に、『THE FLASH』でジェイ・ギャリック/フラッシュを演じるジョン・ウェズリー・シップがゲスト出演することが発表された。

第9話はフラッシュバックとなるエピソードでジョン演じるフラッシュは、「アース2のジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカのメンバーにして、ゴールデン・エイジ時代のフラッシュ」として登場するという。

『Stargirl』が他のDCシリーズとクロスオーバーするのは今回が初めてとなる。このミニチュア版的なクロスオーバーで『Stargirl』は、『THE FLASH』と『Superman & Lois(原題)』、『BATWOMAN/バットウーマン』、『ブラックライトニング』、『SUPERGIRL/スーパーガール』、『レジェンド・オブ・トゥモロー』と並んで、クロスオーバー「クライシス・オン・インフィニット・アース」後のCWverseに、正式に名を連ねるとCWは認めている。

この投稿をInstagramで見る

The Flash(@cwtheflash)がシェアした投稿

ジョンは、米CBSで1990年~91年に放送されたドラマ『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』で、フラッシュ/バリー・アレン役で主演。2014年にグラント・ガスティンが主役を演じる『THE FLASH』が放送開始された際、ジョンがバリー・アレンの父親ヘンリー役にキャスティングされて話題となっていた。

『Stargirl』には主人公コートニー/スターガール役のブレック・バッシンガー(ドラマ版『スクール・オブ・ロック』)をはじめ、イヴェット・モンレアル(『ランボー ラスト・ブラッド』)、ルーク・ウィルソン(『エンライテンド』)、ヘンリー・トーマス(『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』)らが出演している。

ジョンがゲストで登場する『Stargirl』シーズン2は、年内にCWで放送開始予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『Stargirl』公式Twitterより/『THE FLASH/フラッシュ』公式Instagramより

【関連記事】

おすすめの記事