Yahoo! JAPAN

<早く忘れたい>ギャー!やめてー!子育てママの絶望エピソード集 乳幼児あるある編

ママスタセレクト

子育てには忍耐がいりますよね。たびたび起こす子どもの奇行に加え、不可抗力の現象の数々。親としては「なぜ?」「どうして?」の連続ではないでしょうか。

『子育て中に1番「いやー! やめてー!」ってなったことは何?』

今回ママスタコミュニティに寄せられていたのは、自分の子育て史上1番の絶望エピソード。ママの心が一瞬にして、ズタズタにされてしまったエピソードは、どのようなことだったのでしょうか?

子育てあるある!?絶望エピソードを教えて

お子さんが小さいころ、1度は体験しているであろうエピソードが寄せられました。 なんでもかんでも、ぶちまけちゃう!

『小麦粉をぶちまけて遊ばれた』

白くてやわらかい砂で遊びたかったのかもしれません。

『新しい油を頭からかぶっていた』

よりによって油! 洗っても洗っても、体中についた油はなかなか取れなさそうですね……。その後、これまた手ごわい床掃除が待っています。

『オレンジジュースをテーブルにぶちまけ、そこに笑顔で座っていた』

ひとまずバスタオルに子どもをくるんでお風呂場へGO!

『ミルクの缶をぶちまけ、じゅうたんとフローリングがべったべたのザッラザラ』

細かくてサラサラな粉ミルクが、じゅうたんの隙間に入り込んで固まってしまったら絶望です。

『ひとりライスシャワー』

ひとりお祝いムードの子どもを見てママ絶句。しかしぶちまけ系エピソードのなかでは、片づけがしやすいもののような気がしませんか? さすがですね〜!画伯(涙)

『白い壁をキャンバスに見立てて、赤いインクでお絵かきしていた』

完成した絵を見たママ。絶望のさなか、子どもの才能に気づいたのだとか!

『新築の家に住みはじめて1か月後。白い壁にチョコがついた手でスタンプしていた』

新築1か月なら、まだまだ大掃除なんて必要ないはずなのに……。

『床のタイル目地が、紫色のオイルパステルで塗りつぶされていた』

どう頑張っても汚れがキレイにならず、そのまま白いオイルパステルで塗りつぶしたのだそう。 子どもが静かなときこそ、とんでもないことをしている!

『買ったばかりの巨大ビーズクッションに、ハサミで穴をあけられていた』

ある意味これも「ぶちまけ系」ですね。静電気のせいで全身がビーズだらけ、掃除もしにくい。リラックスするために買ったクッションで、苦労することになるとは……。

『緑色の水性マーカーを口に入れていて、垂れたよだれまで緑色だった』

小さな子ども向けの水性マーカーで、害の少ないものだったそうですが……。子どもの口から緑色のよだれが垂れていたら、誰もがドキっとしますよね(笑)。このママも急いで対処したことでしょう。 破壊神現る

『買って1か月の液晶テレビを叩き割られた』

50万円ほどのテレビにかかった修理代が24万円だったそう。どうしてテレビの前でプロレスをするの? どうしてテレビの前でおもちゃを振り回すの?

『子どもがテレビに掴まって、そのままテレビがバーンと倒れた』

ブラウン管のテレビなら、分厚い造りで多少のことでは倒れなかったはずなのに……。最近の薄型テレビも、子育てママにとっては考えものかもしれません。

『飲み物が入ったコップのなかに、ガラケーを入れられて水没』

薄くて小さいガラケーもありましたよね。子どもにとって絶好のおもちゃだったはず。 メガネも被害に遭いがち

『10か月の子どもと寝ているとき、うかつにも枕元にメガネを置いて寝てしまった。朝起きたらうれしそうに、グニャグニャにしていた』

お子さんは取り外しができる「ママの顔の一部」に興味津々だったのでしょう。日常生活に欠かせないものなのに、被害にあいやすいアイテムのひとつですよね。

これが現実。子育て中はこんなこともある……

実はママたちから1番多く寄せられたエピソードが「汚いモノ×子ども」のエピソードでした。 トイレも遊び場に

『トイレットペーパーを丸ごと便器に放り込まれていた。何度も何度も水を流し続けていたらしく、トイレも廊下も子どもも水浸し』

ほんの少し目を離したのがあとの祭り。ママの発狂とともに、絶望が押し寄せてきます。温水洗浄便座のボタンを子どもに押されて、ビショビショにされた経験もあるのではないでしょうか。 防水シーツの意味ナシ!

『敷布団全体が覆える防水シーツを敷いていたのに、わざわざ畳でおねしょ』

『敷布団と敷布団の間でおもらし』

いざというときに重宝する防水シーツ。予想外の子どもの寝相に、まったく意味をなさないことも。わが家の息子たちも、なぜか敷布団と防水シーツの間で寝ていることがあります。案の定、そこでおもらし。なぜ!? 仕方ないとはわかっているけれど……

『家族で胃腸炎。夜中のおう吐祭り』

ママだってツラいこの状況。しかし片づけては吐かれ、片づけては吐かれ……。仕方がないことですが、ママは休むヒマがありません。

『車のなかで吐かれたとき』

家のなかでおう吐されるのも大変なのに、外出先ではさらにパニックになってしまいそうですね。 さまざまなエピソードをご紹介しました。子どもはこんなことをしてもおかしくないとわかれば、さらに気が引き締まりそうです。しかしともかく、子どもにケガがなくてよかった! まさに子育ては「やめてー!」の連続ですよね。予想外の行動を起こす子どもに、振り回されることもしばしばですが、きっとときが経てば笑い話になるでしょう。全国のママたち、毎日本当にお疲れさまです。

【関連記事】

おすすめの記事